ANSYS 2019 R3

陸上でも空中でも、完全な自律走行車(AV)の普及が現実味を帯びるにつれ、運用上の安全性がより一層重要な問題になります。複雑な環境内で、さまざまな可変条件を使って、自律走行車に関する厳密なテストを実行しなければなりません。物理テストで要求される走行距離または飛行距離は、数十億マイルにも及ぶでしょう。しかし、それは膨大な時間とコストを必要とする、ほとんど不可能に近いアプローチです。シミュレーションを利用した自律走行車の仮想的なテストは、システムの安全性を検証し、自律走行車の開発を迅速化する、唯一の実行可能な選択肢です。

ANSYS 2019 R3では、ANSYS SCADE Visionの導入により、自律走行車向けの次世代Pervasive Engineering Simulation(エンジニアリングシミュレーションの活用)ソリューションを引き続き提供します。お客様が組込みの認知システムの安全性を評価し、自律走行車センサーに検出異常がないことを確認することが可能です。

この最新の追加機能は、エンドツーエンドのシミュレーションを実現するANSYSの自律走行車向けソリューション、ANSYS Autonomyをさらに強化します。ANSYS Autonomyはエンジニアを支援し、閉ループのシミュレーション、組込みソフトウェアの開発、機能的な安全性およびサイバーセキュリティの解析、センサーのシミュレーション、ヒューマンマシンインターフェースの使用を可能にします。

ANSYS 2019 R3では、多くの拡張機能がポートフォリオに加わっています。また、センサーシミュレーション用の総合的な再帰反射材料データベースSPEOS Road Libraryが含まれており、湾曲のある大型対象物のレーダー断面を高精度で予測できるANSYS HFSS SBR+のアップデートも提供されます。さらに、ANSYS 2019 R3には以下が含まれています。

ANSYS 2019 R3ウェビナー