ANSYS 19.2

付加製造技術(3Dプリンティング)、自律走行、電化技術、5G接続などのトレンドが急速に発展するに伴い、企業は常に次世代製品の開発と提供をより迅速かつ低コストで行うことを迫られています。

ANSYS 19.2は、製品の非常に難しい問題をより迅速かつ正確に解決することで、企業がこれらの需要を満たすのに役立ちます。ANSYSのPervasive Engineering Simulation (エンジニアリングシミュレーションの活用拡大)ソリューションには、新しいシングルウィンドウ、効率的なワークフロー、特許出願中の数値流体力学(CFD)用の高度なメッシュ技術、セーフティクリティカルな用途向け組込みソフトウェアを開発するための新しいプロセス、および、自動車レーダーのシナリオの解決やデジタルツイン、3D設計調査、構造モデリングのための計算速度とユーザーエクスペリエンスの大幅な向上が含まれています。

この最新リリースにより、企業は自信を持って製品に関する重要な意思決定を行い、品質を損なうことなく、イノベーションの境界を広げ、市場への投入期間を短縮することができます。