Skip to Main Content

Ansys 2021 R2
Release Highlights

Ansys 2021 R2 製品の改良により、チップ設計のナノメートルスケールから航空宇宙・防衛の運用環境のミッションレベルに至るまで、初期段階の製品設計や複雑なシステムエンジニアリングを探求する力を提供します。業界をリードするAnsysのシミュレーションソリューションは、簡素化されたワークフロー、統合されたデータ管理、クラウドを介したハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)への容易なアクセスにより、エンジニアリングを合理化するオープンなアプローチを提供します。

シミュレーションを利用したエンジニアリングの探求は、費用と時間のかかるプロトタイプ - テスト - 再設計のサイクルに縛られることがないため、実質的にリスクを回避できます。新しい設計案を数週間ではなく数時間で仮想的に評価することができるため、裁量な設計候補の最適化や、市場を再定義するムーンショットアイデアの開発に時間を割くことができます。Ansys 2021 R2 製品を使用するエンジニアは、Ansys Cloudを利用してほぼ無限のコンピューティングを利用できるため、自動運転車、チップ設計、ミッションクリティカルなコネクティビティソリューション、軽量素材や電動化による持続可能な移動手段などの革新につながる「what-if」問題を迅速かつ柔軟に解決することができます。

Ansys 2021 R2 は、あらゆるエンジニアのためにシミュレーション機能と使いやすさを向上させ、製品開発プロセスにおけるイノベーションと生産性の向上を実現します。さらに、Ansys Discoveryのジオメトリモデリングワークフロー、画期的なDiscovery Live の物理機能、革新的なユーザーインターフェースをあらゆる解析者が利用できるようになりました。さらに、Ansys の連想的な CAD インターフェース、履歴の追跡、Ansys Workbench への接続が追加されたことで、Discovery は、Ansys のポートフォリオに含まれる他のすべてのサードパーティツールやワークフローを補完する理想的なツールとなっています。

機能強化の内容は以下の通りです。

  • エンジニアリングユースケースの増加: リアルな物理モデルのための理想的な摺動接触と、忠実度の高い物理モデルのための多孔質媒体により、接合アセンブリとフィルタリングされたフローのシミュレーションを迅速かつ簡単に行うことができます。
  • Ansys Workbench との連携:材料の選択やアップフロントシミュレーションなど、Discoveryでのシミュレーションのためのジオメトリ準備を解析者が行うことができ、Ansys MechanicalやAnsys Fluentにシームレスに転送することができます。
  • 接続されたジオメトリのワークフロー:連想的CADインターフェース、履歴の追跡、制約ベースのスケッチなどにより、Discoveryのモデリング操作を自動化し、CADからWorkbenchに接続された他のアプリケーションへのシームレスなワークフローを実現します。
  • ワークフローの革新:保存されたシーン、物理条件の抑制、Ansys Granta SelectorおよびAnsys Granta MIへの接続により、セットアップからレポート作成までのシミュレーションワークフローを加速、自動化します。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2のAdditive Solutionsは、ユーザーのスピードとワークフローを強化します。ユーザーは、Additive Solution製品全体で、精度の大幅な向上を実感できます。

Ansys Additive Solutions製品のハイライトは以下の通りです。

  • Calibration Wizardの改良とバリアブルレイヤーハイト機能の追加により、ユーザーの解を得る時間が短縮され、ワークフローが改善されます。
  • メッシングのデフォルトを変更し、Additive Manufacturingのボンド接続に対する構造安定性を向上させることで、精度と数値の一貫性を向上。
  • ユーザーがより多くのスレッドを適用できるようになったことで、Additive Manufacturingの微細構造シミュレーションの速度が大幅に向上。

詳細はこちら

Ansys 2021 R2は、物理ベースのセンサーをサードパーティのドライビングシミュレーターに接続することで、自動運転車(AV)ソリューションのオープンアーキテクチャを引き続き強化します。本リリースでは、センサーシミュレーションやアセットの準備に関する新機能に加え、アセットのライブラリが充実しています。知覚機能や自律走行機能を含むAVセンサーの構成を、選択したドライビング・シミュレーション・ツールで迅速かつ容易に検証・確認することができます。

今回のリリースでは、ヘッドランプの設計者であれば新たな認証テストと解析機能を手に入れ、センサーモデリングのユーザーはモデルや車両構成のパラメータ設定時の生産性を大幅に向上させることができます。レーダーの専門家は、マルチモードのモデル化やマイクロドップラー効果の確認が可能になります。

また、新たなNCAPの自律型緊急ブレーキ(AEB)やレーン・サポート・システム(LSS)のシナリオを、昼夜を問わず物理ベースのシミュレーションに準拠して作成できるようになりました。センサーシミュレーションを制御し、生のセンサー出力にアクセスするための新しいAPIは、特定のプロセスやエンジニアリングツールをサポートすることで生産性を向上させます。

詳細はこちら

Ansys Twin Builder 2021 R2は、Twin Deployerの強力な機能、次数低減モデル(ROM)技術の新機能、Rockwell Studio 5000とMicrosoft Azureへの統合に加え、PTC ThingWorxのサポート拡張、Modelica Librarieの新機能を提供します。

  • Modelicaワークフローの強化:本リリースでは、既存のモデルやテンプレートの拡張が容易になり、Win32プラットフォームのバイナリのエクスポート(FMU)や、モデルやパッケージ作成のクローニングにおけるワークフローの強化が含まれています。
  • ROM および ROM ビューアの機能強化:スタティックROMビルダーがフィールドを入力パラメータとしてサポートするようになりました。ポイントプローブをジオメトリに追加してカスタム出力したり、すべての ROM に簡単にアクセスできるようになりました。
  • エクスポート、デプロイメント、デジタルツイン:Twin Deployerで専用ライブラリを構築し、シミュレーション中に3Dビジュアライゼーションを検査。パートナープラットフォームであるMicrosoft Azure Digital Twins、Rockwell Studio 5000によるツインのエクスポート、PTC ThingWorxのLinuxサポートなど、エコシステムを拡大。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2は、3D IC、自動運転、5G、電動化などの課題に対応する画期的な技術を提供します。    

  • AnsysはElectronics Desktop Studentバージョンを発表しました。    
  • Ansys HFSS Phi Plus のメッシングにより、ワイヤーボンドを含む 3D IC パッケージングシミュレーションの速度と容量が飛躍的に向上。
  • Ansys HFSS SBR+ は、自動車のバンパーフェイシアやアンテナレドームなどの 3D 誘電体のシミュレーションを効率的に行うことができます。    
  • Ansys SI Xplorer は、PCB 設計者がスタックアップを定義し、ビアトランジションを最適化するのに役立ちます。    
  • EMA3D Cable のメッシュサブグリッドを使用すると、モデル内でメッシュセルサイズが他の部分と異なる領域を定義することができます。    
  • Ansys Icepak のジュール熱解析では、 静的または過渡的な加振を伴う電気熱連成問題を解決することができ、熱ROM により、可変流量問題のセットアップを簡素化することができます。Icepak ソルバーの改良により、MCAD ジオメトリの処理と解析を10倍から100倍高速化することができます。  
  • Ansys Maxwell A-Φソルバーは、バスバー、パワーエレクトロニクス、PCBの導電性EMC解析を強化します。    
  • Ansys Maxwell の 2D スキューモデルにより、電気機械の 3D シミュレーションの精度を 2D のスピードで実現。    
  • マルチフィジックス機能の強化により、電気機械装置の NVH の用途が広がり,永久磁石の熱依存性応答が改善されます。    
  • Ansys Nuhertz FilterSolutions のご紹介:Ansys HFSS 統合による RF およびデジタルフィルタの設計・合成・最適化ソリューションです。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2では、Ansysの組込みソフトウェアソリューションにより、開発の最適化とチームメンバー間のコミュニケーションの向上が可能になりました。

強化された点は以下の通りです。    

  • Ansys ARINC 661 Cockpit Display System (CDS) ServerのFACE技術規格への適合により、エンジニアは次世代のコックピットディスプレイ、ミッションシステム、オペレーターコントロールのための高度なシステムを迅速に作成し、展開することができます。      
  • 強化されたAUTOSAR、A-SPICE、ISO 26262のサポートにより、自動車プロジェクトの設計・検証フローを簡素化。     
  • ホスト上でのテスト実行、自動画像比較、自動モデルカバレッジ測定、テストターゲットハーネスの生成など、V&Vワークフロー全体をカバーする、組込み型ディスプレイソフトウェアのテストのための独自の適格なソリューションです。    
  • 新たな認定を受けたAnsysは、DO-178C、ISO 26262、IEC 61508、EN 50128規格の最高レベルの安全性完全性/保証に対応し、あらゆる業界の安全なソフトウェア認証をワンストップで提供することができます。

詳細はこちら


Webinars

このリリースでは、ワークフローの改善やより高度なシミュレーションのための機能を提供します。

  • Ansys Rockyを用いて流体や構造に離散要素法シミュレーションを組み合わせることで、バルク粒状流を正確かつ効率的にシミュレーション。
  • 密度ベースソルバーでの反応源の扱いを改善し、マッハ30以上の高速流を最大5倍に高速化。
  • 熱力学的な非平衡効果、NASA-9係数の材料特性、希薄な流れのための部分的なスリップウォールモデルを内蔵し、極超音速シミュレーションの精度が向上。
  • サーフェスアブレーションをモデル化するためのウォールリセッションの新しいビルトインワークフロー。
  •  燃焼および混相流アプリケーションのための自動メッシュアダプション設定にベストプラクティスを組み込み、セル数を最大70%削減。
  • NOxとCOの予測を向上させる新しい歪み-FGMモデルや、推奨される水素濃度と水素混合量の検証により、脱炭素化を推進するための燃焼機能の強化。
  • Ansys Chemkin-Proの新しいフレームワークにより、液相をサポートし、キネティクスシミュレーションをより詳細に行うことができます。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2では、信頼性の高い材料データに素早く簡単にアクセスできるようになり、設計、シミュレーション、材料エンジニアの生産性が大幅に向上しました。

機能強化の内容は以下の通りです。

  • Ansys Granta Selector、Ansys Granta MI Pro、Ansys Discovery間の新たな統合により、設計の初期段階から材料選定が可能。
  • 設計とシミュレーションに特化したデータシートを作成し、データの重複を避けることで、「ゴールドソース」となる材料データの管理を簡素化。
  • 業界固有のアプリケーションをサポートする最新の材料データ。
  • Ansys MDSの材料データの強化により、シミュレーション精度が向上。
  • Chemwatchとの新たなパートナーシップにより、入手困難な物質データへのアクセスが容易に。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2では、Ansys Speosが強力な新しいモデリング、視覚化、LIDAR機能を導入し、市場投入までの時間を短縮します。

  • 生産性の向上により光学シミュレーションを強化:複数のマテリアルライブラリを管理および探索し、ライブラリをプロジェクトに簡単に追加して、シミュレーションのセットアップを高速化します。
    以前のバージョンと比較して、シミュレーションメッシュが20倍高速になり、ローカルメッシュが最大100倍高速になりました。
  • Speos Live Previewを使用して光学シミュレーションを視覚化する:  Speos Live Previewは、Speos CPUで生成された結果と同じ結果をすばやく表示するための100%リアルな方法を提供します。
  • 堅牢な設計ジオメトリを使用して光学シミュレーションを設計する: TIRレンズの拡散制御により、光学照明の設計が容易になります。
  • 拡張されたセンサーシミュレーション機能:新しい動的LIDAR機能により、LIDARスキャンシミュレーション中のオブジェクトの移動が可能になり、生信号の歪みを評価できます。
    LIDARセンサーのスキャンと回転のシミュレーションは、SpeosHPCおよびAnsysCloudと互換性があります。

詳細はこちら


Webinars

2021 R2リリースは、結果を出すまでの時間を短縮し、シミュレーションの精度を向上させ、他のAnsys製品との相互運用性を拡張する強力な機能を提供します。

  • 新しいHPCおよびOSのサポートには、Ansys Cloud Directの可用性と、SUSEおよびUbuntuLinuxの更新されたサポートが含まれます。
  • Ansys OptiSLangとの統合により、ユーザーは複数製品のシミュレーションワークフローを推進できます。
  • Ansys Lumerical MQWの新機能には、ゲイン計算における励起子のサポート、新しいユーザーインターフェイス、および材料データベースへの追加が含まれます。
  • Ansys Lumerical STACKには、発光ディスプレイアプリケーション向けに、コヒーレンス長よりも大きい厚い層のサポートが含まれるようになりました。
  • ナノピクセル設計から人間の知覚分析までのディスプレイアプリケーション向けのLumericalSTACKおよびAnsysSPEOSの新しいワークフロー。
  • Lumericalシステムツールの改善:LumericalINTERCONNECTがTannerS-Editからネットリストをインポートする機能、CMLコンパイラのフォトニックコンパクトモデルの改善、および光学シミュレーションのTouchstone形式のサポート。
  • プロセス対応のカスタムコンポーネント設計の改善には、ファウンドリプロセスファイルの電気および熱材料モデルに対する新しいレイヤービルダーのサポートが含まれます。
  • Ansys Lumerical FEEMには、異方性材料サポートと新しいPML境界条件が含まれるようになり、漏れのある導波路とファイバーの高精度な損失計算が可能になりました。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2のプラットフォーム製品群は、Ansysの物理ソルバーとの統合を強化し、エンドユーザーの操作性を大幅に向上させることを目的としています。

強化された点は以下の通りです。

  • Ansys optiSLangは、プレミアム・ライセンスとエンタープライズ・ライセンスのオプションを含む新しいパッケージモデルにより、柔軟性と使いやすさを提供します。また,Ansys Electronics DesktopやAnsys Workbenchとの統合を強化し,ソルバーから直接optiSLangの機能を利用できるようにすることで,イノベーションを加速します。
  • Ansys Minervaは、チーム間で関連情報を効率的に伝達するカスタムダッシュボードでコラボレーションを強化し、エンジニアリングの生産性を大幅に向上させる洗練されたリッチなUIの機能を多数搭載しています。
  • Ansys LS-DYNAとLSTCは、Ansys Cloudに対応しており、より広範なAnsys製品ポートフォリオをデスクトップアプリケーションから直接起動してHPCバッチ処理を行ったり、ブラウザの対話型セッションで直接実行したりできます。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 2021 R2では、安全性、信頼性、サイバーセキュリティの解析手法を効率的に適用し、広く使用されているエンジニアリングツールと緊密に統合することで、Ansys Safety Analysisが作業量を劇的に減らします。

  • 安全関連の活動を総合的に管理するために、Ansys Digital Safety Managerを導入しました。安全管理者は、個々のプロジェクトレベルを超えて、安全に関する単一の視点を持つことができるようになりました。
  • 信頼性ブロック図(RBD)は、システムの信頼性を記述および分析します。
  • 故障ネットは、条件付確率を考慮するだけでなく、故障時の故障率を示すように拡張されています。
  • ISO 21434に準拠したサイバーセキュリティの目標をサポートします。

詳細はこちら


Webinars

Ansys 半導体製品は、5nm までのすべての先端プロセスノードおよび高度な 3D マルチダイシステム統合のためのパワーインテグリティ、シグナルインテグリティ、信頼性、熱サインオフにおいて業界をリードしています。

機能強化の内容は以下の通りです。

  • 2.5D/3D ICパッケージの熱的、電気的、機械的な総合解析を可能にするAnsys RedHawk-SC Electrothermalが利用可能。
  • RedHawk-SCの新しいフローでは、ダイナミックなIRドロップによる最悪のタイミングの影響を引き起こすアクティビティ・ベクタを見つけて解析することができます。
  • RedHawk-SCの高度なパワー診断機能により、大規模なチップ設計でもダイナミック電圧降下(DVD)の問題を徹底的にデバッグすることができます。
  • Ansys Totem-SC、Ansys PathFinder-SC、Ansys PowerArtist-SCの紹介:これらのアップグレードされた製品はすべてSeaScapeテクノロジーとインフラをベースにしており、これらのワークフローにビッグデータのエラスティックコンピューティングとネイティブクラウドの実現をもたらします。

詳細はこちら

Ansys 2021 R2は、追加の製品を統合して、さらなる音響シミュレーションのためのデータのスムーズな転送を保証します。また、サウンドデザインを改善するためのVRXPERIENCE Soundの機能強化も備えています。 

  • NVHに関心のあるユーザーの場合、Ansys MotionとAnsys VRXPERIENCE Soundの統合により、Workbenchで、調和音響システムとAnsysMechanical内のマルチボディダイナミクス解析の結果をドラッグアンドドロップでリンクできます。
  • Ansys Unified InstallerのAnsys VRXPERIENCE Sound SASを使用してAnsys Fluent、Ansys Mechanical、およびその他のAnsys製品に直接アクセスすると、電動モーターまたはファンの音響性能と音質を簡単に向上させることができます。 
  • Ansys LS-DYNAの音響ソルバーテクノロジーとAnsys Mechanicalの過渡音響ワークフローの進歩により、エンジニアはキャビン音響シミュレーションでグラスウール材料を処理し、ワークフローの効率を向上させることができます。

詳細はこちら


Webinars

2021 R2 では、構造製品が柔軟性、ロバスト性、効率性を実現する新機能を提供し続けています.また、Ansys Workbench を通じて製品を統合することで、ユーザーは追加されたテクノロジーを活用してシミュレーションの幅を広げることができます。

強化された機能は以下の通りです。

  • Ansys Sherlock と Ansys LS-DYNA の統合:ワークベンチ上でワンクリックで自動化されたワークフローにより、LS-DYNA での落下テストシミュレーション用のメッシュモデルを迅速に作成することができます。 
  • ANSYS Mechanical では、SPH(Smooth Particle Hydrodynamics)、ALE(Arbitrary Lagrangian Eulerian)、陰解法/陽解法などの LS-DYNA テクノロジーを利用することができ、落下テストシミュレーションのプレストレスローディング(pre-stress loading)やリスタートなどのワークフローを実現することができます。
  • また、Ansys Mechanical では、同一モデル内に異なる周期的対称セクター数を設定して多段解析を行うことができ、モデルサイズの縮小と実行時間の最大 50 倍削減により、大幅な時間短縮を実現します。

詳細はこちら


Webinars

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

Racecars on a track