Skip to Main Content

エンジニアリングと製品ライフサイクルの視点を広げる
2022 製品リリース&アップデート

最新リリースで新たな展望を切り開く

Ansysから2022 R2がリリースされたことで、エンジニアリングチームは複雑さを克服して、世界を変える次世代の製品を設計できるようになりました。システム統合の課題は急増し、組織はかつてないほどのコラボレーションとスケーラビリティを要求されています。

私たちは、これまでにない新しい機能、性能向上、分野横断的なエンジニアリングソリューションを提供し、先見の明のあるリーダーに、革新的な設計を多角的に検討し、実際の製品性能を正確に把握する力を提供します。

最新のリリース情報
ワークフローの改善

インサイト主導のイノベーション

私たちは、システムレベルのパフォーマンスのあらゆる側面を完全に理解し、革新を持って飛躍を遂げるために必要な技術を企業に提供します。 マルチスケールからマルチフィジックスまで、これまで困難と思われていた工学的な課題も、適切な視点から見れば対処可能なものになるのです。

ワークフローに対応したコラボレーション

業界固有のアプリケーションのためにカスタムワークフローを構築し、製品設計、開発プロセス全体のコラボレーションを加速させる幅広い使いやすい機能を拡張しています。

クラス最高のパフォーマンス
CPUチップのクローズアップ

プラットフォームで実現するパフォーマンス

新しいハイパフォーマンスコンピューティング機能、GPU技術の大幅な進歩、スケーラブルなデータプラットフォームにより、ハードウェア容量の制限を克服し、エンジニアが今日の複雑なエンジニアリングの課題に取り組むために必要なツールを提供します。

お問い合わせ

ご質問はありませんか?私たちがお手伝いします。

製品について、価格について、導入について、トレーニング製品のサポートについて、その他何でもご相談ください。私たちはここにいて、お手伝いする準備ができています。

過去のリリースからのサポートやアップデートが必要ですか?

過去の製品リリースから、製品、価格、導入、その他の情報を得ることができます。

過去のリリースからのサポートとアップデートが必要

プロダクトデザインにおける大きな飛躍は、今日の課題をさまざまな角度から捉え、新しいアイデアや経験、観察された結果を組み合わせる能力によってもたらされます。 Ansys 2022 R2 を構成する最新の製品、技術、ツールにより、専門家は製品やシステムを様々な条件下で深いレベルで探求し、製品開発プロセスのあらゆる段階で設計を最適化するために必要な知見を得ることができます。 この洞察力がイノベーションのきっかけとなり、エンジニアは他の人が課題を見出せないところに答えを見出すことができるようになるのです。

2022 r2 ロゴ

航空宇宙・防衛、エレクトロニクス、自動車産業のお客様は、ボルト締結のための連想ワークフローの加速、Live Physicsの多孔質媒体モデリングの追加、Discovery内の高周波電磁気学の利用により、シミュレーションを実現することができます。

さらに、Ansys Discoveryのジオメトリプリプロセッシングワークフロー、受賞歴のあるLive Physics、インタラクティブなユーザーエクスペリエンスを、より多くの解析者が利用できるようになりました。

詳細


Ansys Sound ASD for EVモジュールの新しいアップデートにより、ユーザーはSoundプロジェクト全体をエクスポートすることができ、メーカーとサプライヤー間のコミュニケーションとハンドオフを改善し、車載インフォテインメントの統合を促進することができます。 また,Ansys Sound VRS モジュールにより、ヘリコプター飛行訓練シミュレータの音質が向上し、既知の制御点における新たな音源を実現することができました。 最後に、Sound SASモジュールの更新により、パワースペクトル密度(PSD)と線形RMS値の新しい表現と計算が提供されます。

詳細


Ansys Mechanical のユーザーは、金属レーザー粉末溶融(LPBF)、指向性エネルギー蒸着(DED)、金属バインダージェット(MBJ)のプロセスシミュレーションにより、製造エラーのリスクを特定、最小化し、高品質の部品を確保できるようになりました。

  • ワークフローの改善 - 自動歪み補正は、簡単な自動化されたワークフローの中で歪み補正されたモデルを最適化する機能で、初回のプリントの成功率を向上させることができます。

  • 精度の向上 - 付加製造技術の統合には、Workbench AdditiveのLPBF(Laser Power Bed Fusion)スキャンパターン効果も含まれます。 付加製造テクノロジーの統合により、すべてのユーザーは、各蒸着層における局所的な歪みの変化を捉え、シミュレーションの忠実度を急速に向上させることができます。

  • 速度パフォーマンス - 熱歪みの予測に機械学習(ML)モデルを導入することで、10倍の時間短縮が可能になります。 ユーザーは、パワー、スピード、スキャンベクトルなどのプロセス設定パラメータを変えることで、その利点を簡単に調べることができるようになりました。

詳細


選択したドライビングシミュレーションツールで、センサー(レーダー、LiDAR、カメラ)の知覚を含むADAS/AV機能を迅速かつ容易に検証・確認することができます。 AVxcelerateは、AI/MLベースの知覚アルゴリズムの学習と検証に不可欠な、あらゆるセンサータイプのグランドトゥルース情報を含む信頼性の高い合成学習データを生成することができます。

Ansys 2022 R2により、Ansys AVxcelerateは、シミュレーションベースのレーダー、カメラ、LiDARセンサーの検証と妥当性確認、およびAI機能を活用した大量データ作成に関する業界最高水準の機能により、安全な自律走行開発の強化と加速を継続的に実現します。 NCAPの新機能により、OEMはNCAPの5つ星評価を達成するために物理的なテストを減らすことができます。

IPG Automotive CarMakerとの協調シミュレーション機能により、国際的な交通標識管理を強化し、OEMや自動車部品メーカーがADAS機能の安全性を確保できるようにします。 例えば、Ansysの物理ベースのセンサシミュレーションを使用して知覚アルゴリズムを検証することで、交通標識認識やインテリジェントスピードアシストなどを実現します。

詳細


ハイライトは以下の通りです。

  • Ansys ModelCenterのBehavior Execution Engine(BEE)は、システム設計が開発ライフサイクルの早い段階で動作要件を満たすことを保証します。

  • Ansys Minervaの新しいECADビューアは、PCBの設計と解析のワークフローを合理化し、設計者とエンジニアに共通のインタフェースを提供し、ライフサイクルの設計および解析段階でのコラボレーションを向上させます。

  • Ansys optiSLang Proライセンスオプションを使用すると、Ansys WorkbenchとAnsys Electronics Desktopを使用するシミュレーション解析者は、最先端のAI/MLアルゴリズムを使用してパラメトリック設計スタディを解析内で直接実行できます。

詳細


ウェビナー

Ansys

2022 R2: ModelCenter Behavioral Simulation for MBSE

ModelCenterのBehavior Execution Engine(BEE)を使用して、設計通りのシステムをシミュレーションし、動作要件を満たしていることを確認する方法をご紹介します。

Ansys

2022 R2: optiSLang の新機能

2022 R2リリースでは、optiSLangには、ワークフローとAnsys MinervaおよびGrantaとの統合を改善するための新しいライセンスオプションにより、エンジニアリングの生産性を向上させ、イノベーションを加速する新機能が満載されています。

Ansys

2022 R2:Minervaの新機能

新しいECADビューアーを含む、より優れたコラボレーションを実現するMinervaの2022 R2アップデートを紹介するウェビナーにご参加ください。 さらに、リモートVDIを作成して、どこからでもシミュレーションを実行できます。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Material Calibrationの初心者向けガイド

2022 R2リリースでは、Ansys Mechanicalユーザーが実験材料データをシミュレーション可能な材料モデルに変換するための、使いやすい新しいアプリケーションが導入されています。 新素材を使用した製品性能をより速く、より正確にシミュレーションできます。

Ansys

Ansys 2022 R2:材料主導のエコデザインへの5つのステップ

2022 R2 でリリースされた Grantaソリューション群における、エコデザインに役立つ新機能、データ、機能の概要を紹介します。 Ansys Materials チームは、エコデザインのための材料情報とそれをサポートするツールの最適な取り入れ方をガイドする 5 つのステップを設定しました。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Granta EduPack の新機能

2022 R2 リリースでは、Granta EduPack で Eco Audit レポート、チャートエンベロープなどのカスタマイズが可能になりました。 このウェビナーでは、Granta EduPackの新機能と、それがどのように材料教育をサポートするかをご紹介します。

今回のリリースに含まれる新機能は、航空宇宙・防衛関連企業が、設計、解析、運用といった製品ライフサイクル全体をデジタル化することを可能にするよう設計されています。

  • 大規模コンステレーションの改善 - 商業宇宙分野が成長を続け、いわゆる「メガコンステレーション」の展開が迫る中、宇宙資産のモデリングとシミュレーションの必要性は、これまで以上に高まっています。 STK 2022 R2 では、連鎖した計算の中に Satellite Collection オブジェクトを含めることができ、地上のアセットを接続するための複雑なルーティング オプションをより良く分析し理解することができます。

  • レシーバーオブジェクトのRF干渉 - 通信システムの設計と解析は、RFスペクトルの混雑の増加により複雑化しており、これらのシステムとRF環境のシミュレーションが不可欠となっています。 STK 2022 R2を使用すれば、混雑したRF環境が個々のレシーバーに及ぼす影響を解析し、干渉の特性評価と緩和策の策定をより迅速かつ容易に行うことができます。

  • EOIRの改善 - STK 2022 R2は、オーバーラップテクスチャマップによる中心体特性マップの強化により、EOIRセンサーシミュレーションのモデリング機能を向上させました。 これにより、温度、放射率、反射率をより高い忠実度でモデル化できます。 EOIRに地上車両や船舶をモデル化する機能を追加することで、これらのオブジェクトを組み込んだセンサー・ツー・ターゲットのメトリックを生成します。

  • ODTK:3次元移動目標、スパイスファイルによる姿勢、中心体重力の推定 - ODTK 2022 R2は、地球(または他の惑星体)の表面またはその付近の非軌道環境における移動体の軌道を推定する入門的な機能を提供します。 これにより、小天体ミッションの計画と運用を改善し、宇宙船の姿勢を表すSPICE形式の姿勢ファイルのネイティブサポートを追加しました。

詳細


ウェビナー

Ansys

2022 R2: ODTK の新機能

AnsysのChief Orbital ScientistであるJames Woodburn博士がODTKの新しい機能について説明します。 Woodburn博士は、視認性解析、軌道コンジャンクション、軌道伝搬、軌道決定を中心としたソフトウェア開発を専門としています。 深宇宙ミッションの計画・実行、地上機の位置決め、追尾型ホストビークルからの衛星展開の機能を拡張する新機能をレビューします。

Ansys

Ansys 2022 R2: 航空機ミッションシミュレーションの高精度化

STK AviatorとFluent Aeroを使ったより忠実な航空機ミッションシミュレーションについて、Lead Application EngineerのHenry VuとシニアPrincipal R&D EngineerのTom Neelyとでディスカッションします。

Ansys

Ansys 2022 R2: Satellite LEOP Analysis STK および TETKの新機能

Application EngineerのKyle Kochelが、衛星の打ち上げと軌道初期(LEOP)を評価し、同時に複数の地上局の衛星追跡能力を分析するためのSTKのテスト・評価ツールキット(TETK)について説明します。

ansys-branded-opengraph.jpg

Ansys 2022 R2: ModelCenter Behavioral Simulation for MBSE

Senior Application EngineerのJ.J. VergereとMBSE Product ManagerのScott Ragonが、デジタルトランスフォーメーションとMBSEについてディスカッションします。 ModelCenterのBehavior Execution Engine(BEE)を使用して、設計通りのシステムをシミュレーションし、動作要件を満たしていることを確認する方法をご紹介します。

Hybrid Analyticsの一部であるFusion Modeling機能により、ユーザーはモデルと予測の間の残差を正確にモデル化し、デジタルツインに残っている、あるいは欠けている物理を取り込み、含めることが可能になります。

また、新リリースでは、Dynamic ROMのビルドプロセスにおいて、絶対誤差と相対誤差の推定値により、ROMの精度をより正確に予測するための強力な機能強化が施されています。

Toshiba ACCU-ROM Toolkitは、電動パワーステアリング(EPS)システムの設計を容易にし、電子回路と機構部品の両方のシミュレーションを高速に行うことができる新しいライブラリです。

この新しいリリースでは、配列接続のコネクタの自動サイズ調整、ダイアログとファイナルアノテーションのサポート、グラフィックスの改善など、Modelica UIのいくつかの機能拡張が利用可能です。

詳細

 


ウェビナー

Ansys

2022 R2:Ansys Digital Twinの機能強化

Ansys Digital Twinの新機能については、最新リリースのAnsys 2022 R2で、Twin Builder Hybrid Analyticsとその新しいFusion Modeling 機能により、正確かつ進化したDigital Twinに適したテクノロジーをお客様に提供し続けています。

Ansys Electronics ソリューションは、PCB、3D IC パッケージ、EMI/EMC、熱、ケーブル、電気機械設計の課題に対応するクラス最高の技術を提供し続け、5G、自動運転、電動化シミュレーションでも大きな進化を遂げています。
 

詳細


ウェビナー

Ansys

2022 R2: Ansys Motor-CAD の新機能

このウェビナーでは、高忠実度のsynchronous machine labモデル、Multiple NVHの強化、RPC自動化など、新機能の詳細について説明します。

Ansys

2022 R2: Ansys Signal & Power Integrity の新機能

このWebセミナーでは、PCBの曲げ加工や暗号化された3Dレイアウトの作成などの新しいワークフローを含む、Ansys SIwaveの新しい機能&性能について詳しく説明します。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Maxwell の新機能

Ansys Maxwellの最新のアップデートと最新機能について説明します。

Ansys

Ansys 2022 R2: AEDTのAnsys Icepak および Mechanical の新機能

AEDTのAnsys IcepakおよびMechanicalの最新のアップデートと最新機能について説明します。 2022 R2アップデートでは、IcepakおよびMechanical Thermalシミュレータの新機能について詳しく説明します。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys HFSS の新機能

Ansys HFSSの最新のアップデートと最新機能について説明します。 本ウェビナーでは、フレックスPCBモデリングとシミュレーションのサポート、暗号化IPを使用したIC設計フロー、精度を損なわずにシミュレーション時間を短縮するなどの新機能を詳しくご紹介します。

Ansys

2022 R2: Ansys EMA3D Cable および Ansys EMA3D Charge の新機能

Ansys EMA3D CableおよびAnsys EMA3D Chargeの最新のアップデートと機能について説明します。

Coverage Analysis Assistantの改良により、複雑で時間のかかるモデルやコードのカバレッジ解析作業がさらにスピードアップしました。

  • 新CERT C準拠レポート:SCADE Suite KCGの高品質な生成コードを解析し、CERT C / Safe & Secure Code Generationへの準拠を実現

  • Coverage Analysis Assistantの改善

  • 組込みディスプレイの 3D レンダリング

詳細


  • Fluentでは、マルチGPUソルバーを使用して、シミュレーションの解析時間および消費電力を大幅に削減。さらに、スケール解像シミュレーション(SRS)、不連続メッシュ(NCI)、移動基準座標(MRF)などで非定常流れのサポートを強化。
  • プロセスを自動化し、カスタムワークフローを構築し、PyFluentでカスタマイズされたソリューションを作成し、Python経由でFluentにオープンソースでアクセスできます。
  • 新しいプロトン交換膜(PEM)電解モデルと検証済みの水素燃焼モデルを使用して、水素の生産と消費をシミュレーションします。
  • TurboGridの自動ハイブリッドメッシング技術は、複雑なブレードチップ、エンドウォールのコンタリング、大きなブレードルートブレンドをサポートするようになりました。
  • Forteを用いた液体ポンプおよびバルブシミュレーションにおけるキャビテーション、相変化、漏れのモデル化
  • Rockyのパーティクルアセンブリ機能を利用したパフォーマンス向上

詳細


ウェビナー

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Fluent の新機能

本ウェビナーでは、Ansys FluentがGPUテクノロジーとオープンソースアクセスにより、より効率的で持続可能なCFDシミュレーションを実現する方法についてご紹介します。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Fluent Multizone Meshing の新機能

Ansys Fluentには、watertightジオメトリワークフロー内にマルチゾーンと呼ばれる新しいメッシュ機能があります。 本ウェビナーでは、サポートされている操作について学び、デモを見ることができます

Ansys

Ansys 2022 R2: Fluent Multi-GPUソルバーのアップデート

このウェビナーにサインアップして、Ansys FluentのマルチGPUソルバーでサポートされている新しい物理機能-スケール解像シミュレーション(SRS)、不連続メッシュ(NCI)、移動基準座標(MRF)-について学んでください。

Ansys

2022 R2: Ansys Chemkin-Pro のアップデート

本Webセミナーでは、液体ロケット推進剤の燃焼化学に関する知見を得るための多相完全攪拌反応器(PSR)サンプルを含む、Ansys Chemkin-Pro for 2022 R2の主要リリース機能のすべてをご紹介します。

Ansys

2022 R2: Ansys Forteのアップデート

本Webセミナーでは、液体ポンプとバルブのキャビテーションモデリングや、任意の壁面境界UDFによる複雑なモーションのモデリングなど、Ansys Forte for 2022 R2の主要なリリース機能をすべてご紹介します。

Level Up 3.0

Level Up 3.0

2022 R2ウェビナーは、バーチャルエンジニアリングカンファレンス「Level Up 3.0」で開催される予定です。 製品別の最新情報をご希望の方は、以下よりご登録ください。

Ansys Mechanicalのユーザーは、Granta MI™で利用できる新しいAnsys Material Calibrationアプリを使用して実験データから正確な材料モデルを生成し、シミュレーションチーム全体で材料に関するシミュレーションの精度を向上させることができます。

Ansys Granta製品からAnsysの主要ソルバーに材料をエクスポートできるようになり、Granta MI Proのバージョンも強化され、Material Intelligence達成への第一歩をより簡単に踏み出すことができます。

詳細


ウェビナー

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Granta EduPack の新機能

2022 R2 リリースでは、Granta EduPack で Eco Audit レポート、チャートエンベロープなどのカスタマイズが可能になりました。このウェビナーでは、Granta EduPackの新機能と、それがどのように材料教育をサポートするかをご紹介します。

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Material Calibrationの初心者向けガイド

2022 R2リリースでは、Ansys Mechanicalユーザーが実験材料データをシミュレーション可能な材料モデルに変換するための、使いやすい新しいアプリケーションが導入されています。新素材を使用した製品性能をより速く、より正確にシミュレーションできます。

ansys-branded-opengraph.jpg

Ansys 2022 R2:材料主導のエコデザインへの5つのステップ

2022 R2 でリリースされた Grantaソリューション群における、エコデザインに役立つ新機能、データ、機能の概要を紹介します。 Ansys Materials チームは、エコデザインのための材料情報とそれをサポートするツールの最適な取り入れ方をガイドする 5 つのステップを設定しました。

Ansys Speosの最新リリースで設計を高速化し、精度を向上。 2022 R2リリースは、結果までの時間を短縮し、シミュレーションの精度を向上させ、他のAnsys製品との相互運用性を拡張する強力な機能を提供します。 双方向リンクにより、CADデータと強力にリンクし、設計反復サイクルを短縮することでエンドユーザーのワークフローを容易にします。

2022 R2 では、光学設計のシミュレーション、最適化、公差に必要なすべてを提供する Ansys Zemax OpticStudio が発売されました。 製造前に徹底的に分析できる、信頼性の高い仮想プロトタイプを設計します。

Ansys Zemax OpticsBuilderを使用すると、優れた製品を効率的に設計し、自信を持って製造に移行することができます。 光学系と機械系にまたがるエンジニアが1つの共有ファイルで共同作業を行えるようにします。 オプトメカニカルパッケージングの性能を解析し、ワンクリックで光学図面を作成できます。

Ansys Lumericalの2022 R2リリースでは、ユーザビリティ、精度、パフォーマンス、および機能を拡張するための強力な新機能が導入されています。 これらの新機能は、SPADからマイクロLED、レーザーに至る電気光学デバイスのモデリング機能を強化し、プロセスを考慮した設計と電子-光設計自動化(EPDA)の機能によりフォトニック集積回路(PIC)設計者を支援します。

詳細


ウェビナー

Ansys

Ansys 2022 R2: Ansys Speos の新機能

Ansys Speosは、光学設計者に正確で高性能なシミュレーション機能を提供するために、イノベーションの限界を押し広げ続けています。 2022 R2リリースは、結果までの時間を短縮し、シミュレーションの精度を向上させ、他のAnsys製品との相互運用性を拡張する強力な機能を提供します。

  • 光学ソルバーコアとHPC性能の開発

  • Lumerical光学ソルバーで様々なサブ波長構造をモデリングし、Zemaxでマクロスケールのデザインを最適化し、Speos を使って人間にどう見えるかを確認する新しいワークフロー 

  • 多量子井戸を持つEAMやLED、単一光子アバランシェ光検出器のシミュレーションワークフローの改善

  • プロセスアウェアなカスタム部品設計フローとEPDAフローの新機能を活用し、フォトニックデバイスや回路の設計を効率化

  • CML Compilerで生成されるINTERCONNECTおよびPhotonic Verilog-Aモデルの高度化

  • 光集積回路における量子現象のモデル化のための新しいINTERCONNECTソルバー

詳細


A&Dのお客様には、最高水準の性能で定量的なフォールトツリー解析ができるようになったというメリットがあります。 さらに、Ansys 2022 R2では、Component Fault Treesにより、設計モデルに組み込まれたコンポーネント化されたフォールトツリー・ロジックを提供しています。 これにより、巨大なモジュール設計のフォールトツリーを定義する労力を大幅に削減すると同時に、フォールトツリーの一貫性と品質を向上させることができます。

自動車分野では、VDA-AIAG FMEA規格で要求されるハイブリッド故障ネットに対応するため、FMEA機能を拡張しました。 また、設計モデルとの連携も拡張し、設計プロセスにおける再利用性を高めています。

詳細


  • 新しい階層型チップ熱モデル(CTM)を含む、sub-5nmおよび3D-IC設計のための強化されたサーマルインテグリティフロー
  • SigmaDVDテクノロジーはRedHawk-SCの新しいパワーインテグリティ機能を提供し、最先端設計におけるダイナミック電圧降下(DVD)効果を正確に解析
  • ROM(Reduced Order Models:次数低減モデル)により、結果精度を維持したままチップやパッケージシステムの大容量解析が可能
  • RedHawk-SCサインオフ解析と物理ECOのための一般的な実装ツールを統合した新しいIR-ECOフローによるIR-dropのインクリメンタル固定
  • クラウドに最適化されたSeaScapeプラットフォーム上に構築されたPathFinder-SCの導入により、静電気放電(ESD)解析に不可欠な4倍の速度と3倍のメモリ削減を実現
  • 高速信号のオンダイ電磁界解析に不可欠なRaptorX分散処理で最大2倍の速度を実現

詳細

今回のリリースでは、以下のような重要なアップデートが行われています。

  • 直感的なデザインとカスタマイズが可能なAnsys Mechanicalの新しいツールバーにより、多目的ワークフローに素早く効率的にアクセスすることができます。 ツールバーには、NVH Toolkit、DesignLife Fatigue、Bolt Toolsなど14のアドオンが含まれています。

  • Ansys Sherlockの新機能により、Ansys IcepakのPCB熱解析結果とAnsys LS-DYNAの構造解析結果をSherlockにエクスポートして部品の寿命を予測し、より高度な閉ループ信頼性ワークフローを実現することができます。

  • Ansys Motion と Ansys Maxwell を使用した自動協調シミュレーションワークフローでは、高度な磁気ラッチ機能を実現するために、磁石の移動に伴う電磁界と運動学の詳細を解決します。

     

詳細


ウェビナー

Level Up 3.0

Level Up 3.0

2022 R2ウェビナーは、バーチャルエンジニアリングカンファレンス「Level Up 3.0」で開催される予定です。 製品別の最新情報をご希望の方は、以下よりご登録ください。

Ansysのソフトウェアとサービスは、お客様が今日の複雑なエンジニアリングの課題を解決するための障害を軽減します。エンジニアリングシミュレーションは、高度な専門家だけでなく、製品の設計・開発の主流にまで拡大しており、より多くの企業が時間の節約、コストの削減、革新を実現しています。

その一方で、エンジニアリングの複雑性は急上昇しており、企業はかつてないほどの規模を必要としています。そのため、高度なコンピューティングリソースと分野横断的なエンジニアリングソリューションに対する需要が高まっています。Ansys 2022 R1を構成する新製品、テクノロジー、ツールは、業界固有のアプリケーションに対応したカスタムワークフローを実現すると同時に、チーム間のコラボレーションを促進する幅広い使いやすさを提供します。

2022 R1ロゴ

この高速で耐障害性に優れたアプローチにより、熱交換器、液体冷却装置、排気システムのシミュレーションが劇的に容易になり、最大50倍の速度で実行できるため、より多くの設計バリエーションのテストが可能になり、知見や発見が広がります。強化された点は以下の通りです。

  • 迅速かつ容易な熱管理-Live物理学のための流体-固体連成熱解析により、多くの流体流れのシナリオの下で、熱放散と熱伝達を迅速に予測することができます。
  • ジオメトリのプリプロセッシング – ビームやシェル、フレックスケーブルのラッピング、小型ユニットのサポートにより、 Discovery は幅広いジオメトリとユースケースを扱うための魅力的なツールとなっています。
  • ワークフローの革新 - ヒストリートラッキングの拡張、ヒンジや球体ジョイントの改良、ローカルスライスモニターやインタラクティブプローブなどの新しい後処理機能により、セットアップから結果までのシミュレーションを加速します。
  • 物理現象の追加 -リアルタイム性と高忠実度の両方に対応した圧縮性流体、温度依存性のある材料特性、1Dスプリングなど、Discoveryのシミュレーション機能の範囲と深さを拡大しています。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Discovery&Geometryアップデート

Ansys 2022 R1では、Ansysの3D Designスイートのワークフローが大幅に改善され、ジオメトリの準備とシミュレーションの作業がこれまで以上に容易になりました。

今回のリリースでは、ユーザーの皆様のために、音質やデザインの向上に重点を置いています。

  • ISO 532-1規格のカラーマップ表示により、ユーザーは時間(または回転数)と周波数をすぐに確認でき、最終的にノイズの不快感を軽減することができます。
  • 完全にリリースされたFRF(Frequency Response Function)機能では、周波数応答を推定し、受信機でのノイズの影響を最小限に抑えることで、システムの伝達関数を特徴づけることができます。その結果をFluentに転送し、シミュレーション結果をフィルタリングすることで、よりロバストな解析を行うことができます。
  • 音響性能を最適化し、騒音を低減するために、表示順に計算できるトーナリティ・インジケータとそのレベルを切り替える機能を備えています。この機能は、特に回転機械を扱うお客様にとって興味深いものです。

詳細


ウェビナー

2022 R1 Sound

Ansys 2022 R1 Ansys Sound アップデート

今回のウェビナーでは、2022 R1に搭載された重要な機能をご紹介します。

さらに、Ansys Mechanical ユーザーは、金属粉末床融合(PBF)、有向性エネルギー堆積(DED)、金属バインダージェッティングのプロセスシミュレーションを行うことで、製造エラーのリスクを特定して最小限に抑え、高品質な部品を確保することができます。

  • DED(Directed Energy Deposition)でワークフローを効率化 - Ansys Additive PortfolioにDEDプロセスシミュレーションを導入し、マクロレベルの温度歪みや応力を予測する機能を提供することで、製造不良を防ぎ、部品の向きや製造順序を含むAdditive Manufacturingの設計を改善するためのトレンドデータを提供します。
  • PBF(パワーベッドフュージョン)プロセスシミュレーションの継続的な改善 - スキャンパターンシミュレーションのひずみ生成速度が2倍になり、さらに材料ライブラリが拡張されました。
  • ワークフローの速度向上 - ソルバーの完全スレッド化、マルチプラットフォームのアディティブウィザードのサポート、Ansys Mechanicalのパラメトリック設計言語(MAPDL)ソルバーの強化、そしてAnsys Additive ProductsからAnsys WorkbenchおよびAnsys Mechanicalへのシームレスな移行が可能になりました。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Additiveの新機能

Ansys 2022 R1は、Additive Manufacturingユーザーのためのツールセットを引き続き拡張し、設計、シミュレーション、製造のワークフローを効率化します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Additive Manufacturing Dataアップデート

トライ& エラーから、Additive Manufacturing作業において最初から正しい結果を得ることができます。プロセスと物性の重要な関係についての理解を深め、テストの回数を減らして、信頼性の高い部品をより早く市場に送り出すことができます。Ansys 2022 R1 では、Granta MI™ for Additive Manufacturing に機械学習を導入しています。これは、まばらなAdditive Manufacturingの材料やプロセスデータから価値を引き出すための使いやすいソリューションです。

センサー(レーダー、LiDAR(ライダー)、カメラ)の知覚を含むADAS/AV機能を、選択したドライビングシミュレーションツールで迅速かつ容易に検証・確認することができます。また、新しいレーダーやLiDARの機能により、GPUの制約を受けずに、より大型で複雑なセンサーを検証することができます。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys AVxcelerateアップデート

Ansys 2022 R1では、Ansys VRXPERIENCEは、OEM& 自動車サプライヤー向けに主要なパートナーと共同で主要な機能を導入し、安全な自動運転の開発を加速させていきます。

Ansys Connectでは、様々なシミュレーションツールとそれに対応するアセットを相互に接続し、CAD設計、要件データベース、システムアーキテクチャモデルなど、製品ライフサイクルのエコシステムの他の部分と接続することで、接続されたデジタルスレッドを作成することができます。

ハイライトは以下の通りです。

  • Ansys optiSLangの LS-Dyna、 SpaceClaim、Nastran、ModelCenter用の新しいコネクタと、Probaligenceの新しいAI/MLベースの最適化アルゴリズムにより、シミュレーションワークフローのオーケストレーションと最適化が可能になります。
  • Ansys Minervaでは、シミュレーションの専門家がシミュレーションの自動化からアプリを作成し、専門家でなくても利用できるようにすることで、専門知識のギャップを最小限に抑えることができます。
  • Ansys 2022 R1の新機能であるAnsys ModelCenterは、システムアーキテクチャモデル(SAM)とプロジェクト要件との接続を改善し、より精度の高いシミュレーションモデルを構築します。
  • Ansys Cloud では、管理者機能が強化されており、ユーザーグループの作成と管理、社内プロジェクトへの予算配分、クラウド利用状況の監視などが可能です。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys optiSlang アップデート

このウェビナーでは、2022 R1の重要な機能について、ライブデモを交えてご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Minerva アップデート

このウェビナーでは、Ansys Minervaの重要な機能をライブデモでご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Cloud アップデート

この新しい2022 R1リリースでは、Ansys Cloudの管理者機能を改善しました。主な機能としては、管理者がユーザーグループを作成・管理したり、会社のプロジェクトに予算を割り当てたり、クラウドの使用状況を監視したりできるようになりました。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: ModelCenterの紹介

Ansys ModelCenterが、モデルベースのシステムエンジニアリングの真の可能性を引き出す方法をご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Granta 製品アップデート

機械学習から、Ansysの電磁界シミュレーションパッケージで利用できるMaterial Intelligenceまで2022 R1におけるAnsys Grantaツールの新機能をご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:ModelCenter Enterprise アップデート

システム設計にMBSEを活用することで、ビヘイビアモデルと解析モデルのギャップを埋め、Ansys ModelCenterのビヘイビア実行エンジンでより忠実なモデル検証を行うことができます。

Ansys 2022 R1では、STKのミッションに沿って複雑なシステムを解析・可視化するために、以下のような新機能やパフォーマンスの向上が図られています。

  • ランデブー・近接操作(RPO)機能の拡張 。STK は RPO のモデリングの水準を引き上げ、新しい曲線計算オブジェクトを追加しました。このオブジェクトを使用して、STK で以前に可能だったものよりも自然に与えられた軌道と一致する量を計算することができます。
  • FMI/FMU 互換性プラグイン。STK では、FMU を通じて Ansys の物理ソルバーとの統合を可能にするプラグインを導入しています。これにより、機械、電子、流体などのサブシステムの動的特性を考慮したミッションシミュレーションを作成することができます。
  • Ansys Discovery CADからSTKへ STK には、 Ansys Discovery および Ansys SpaceClaim のプラグインが含まれており、詳細なCADモデルをSTKに適したglTF形式にシームレスに変換する方法を提供します。 さらに、このコンバージョンモデルに、センサー取り付け部、ステアラブルエレメント、アーティキュレーションなどの機能を追加することも可能です。
  • 大規模なコンステレーションのモデリング。STKでは、衛星コレクションを使って衛星のコンステレーション全体を1つのオブジェクトとして表現し、基本的な可視化、最小限のメモリ使用量、効率的なセーブ/ロード操作を実現できるようになりました。

詳細


ウェビナー

Ansys

MBSEとシミュレーションデータ管理の実現

本ウェビナーでは、シミュレーションデータの管理、マルチツールプロセスの自動化、デジタルエコシステムの統合に関連するAnsys MinervaとAnsys ModelCenterの重要な機能について説明します。 さらに、データの民主化、デジタルスレッドのトレーサビリティ、要件の検証に関連する課題にどのように対処するかを示します。

Ansys

デジタルトランスフォーメーション:MBSEモデルとミッションアウトカムとの関連付け

本ウェビナーでは、高忠実度モデリングソフトウェアと物理ベースのデジタルミッションエンジニアリング環境を統合したAnsysソリューションのデモンストレーションを実施します。デジタルミッションエンジニアリングは、サブシステムコンポーネントの動作からシステムオブシステムズレベルでの相互作用まで、動作と要件の検証のためのシームレスなMBSE統合により、忠実度の高いモデリングを可能にします。

Ansys

デジタルミッションエンジニアリング:EDGEコンピュートノードと5Gの最先端解析

本ウェビナーでは、デジタルミッションエンジニアリングソフトウェアを使用して、広範なシステム内のEDGEノードをモデル化し、シグナルインテグリティ、パワーインテグリティ、サーマルインテグリティ、構造インテグリティ、アンテナシステム、および大規模システム展開を評価する方法について説明します。

Ansys

ミッションシミュレーションで創発的な振る舞いを探る

本Webセミナーでは、Ansys ModelCenterのBehavior Execution Engine(BEE)が、他のシミュレーションと共に行動モデリングを取り入れる仕組みを提供することについて説明します。 UAV シナリオの例を使用して、対象領域内にある未知の干渉源に対して UAV のセンサーを評価します。

デジタルツインの迅速な展開、容易なワークフロー、モデルとのオンラインインタラクションのためのウェブアプリケーションなどの新機能が利用できます。

  • シミュレーションの出力がデータと一致するようにシミュレーションモデルのパラメータを調整する機能など、ツインデプロイメントにおける強力な機能強化と新機能の追加。
  • 作成したシミュレーションを操作するための簡単なWebアプリケーションのプロトタイプを作成します。
  • Better Workflow& Modelicaの機能強化によるユーザーエクスペリエンスの向上により、開発時間の短縮が可能です。
  • Reduced Order Model (ROM)機能の大幅な改良により、ROM出力をよりよくコントロールできるようになりました。

詳細

 


ウェビナー

ハイブリッドデジタルツイン

Ansys 2022 R1:Ansys Twin Builderアップデート

最新リリースのAnsys 2022 R1では、Ansys Twin Builderの新機能をご紹介しています。データドリブンとシミュレーションベースのデジタルツインで業務を変革し、新しいハイブリッドデジタルツイン技術で精度を高めます。

  • EMA3D Cable - より深い粒度でのシミュレーション時間の大幅な短縮、モデルライブラリの改善、ケーブルハーネスの接続性の向上
  • EMA3D Charge - 絶縁破壊シミュレーション、精緻なメッシング、宇宙アプリケーションのための放射線誘発イオン化のシミュレーション
  • HFSS - 3DICパッケージングシミュレーション、ADAS用粗面のモデリング、高速ブロードバンド周波数スイープのためのPhi Plusメッシング
  • Icepak - Ansys RedhawkとAnsys Fluentへのリンク、およびAnsys Electronics Desktop内のマルチフィジックスフローの改善
  • Maxwell - 多相電気機械ROM、リッツ線、FEAを必要とするシステムのための高速シミュレーションオプション
  • Motor-CAD - optiSLangインターフェースとNVH評価
  • SIwave - Ansys Icepak からの温度勾配入力、HFSS 3D レイアウトで使用する際の自動化機能

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys HFSSアップデート

このウェビナーでは、Ansys HFSS 2022 R1の新機能をすべてご紹介しますので、ぜひご参加ください。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Maxwell アップデート

Ansys 2022 R1のAnsys Maxwellのアップデートは、Ansys Maxwellの歴史の中で最も充実した新機能と強化機能を提供しています。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Icepak アップデート

Ansys Electronics DesktopのAnsys IcepakとAnsys Mechanicalの新しい製品アップデートをご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Signal & Power Integrityアップデート

Ansys 2022 R1 のシグナルインテグリティとパワーインテグリティの機能強化により、自動化、キャパシティ、ワークフロー、マルチフィジックスの機能がすべてのユーザーに提供されます。このウェビナーでは、エキサイティングな新機能の詳細をご紹介しています。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Motor-CADアップデート

Ansys Motor-CAD for Ansys 2022 R1の最新リリースを紹介し、電気モーターのマルチフィジックス設計のための新機能を詳しくご紹介します。

今回、設計者とテスターの両方を対象とした独自のモデルカバレッジ支援機能により、すべてのソフトウェアV&Vの活動がさらに加速されました。

強化された点は以下の通りです。

  • Digital Verifierのような新機能を含むSCADE Suiteの新しいビジュアルアイデンティティとUXの改善、さらに拡張されたAUTOSAR Classicのサポート
  • SCADE DisplayにコックピットディスプレイシステムDO-178C認証ガイドラインとSCADE Displayグラフィックエフェクトライブラリが追加されました
  • SCADE Architect and Avionics packageは、FACE 3.1モデリングを完全にサポートし、ブラウザでのUXが改善されました
  • Model Coverage AssistanceとALMゲートウェイは、SCADE TestとSCADE Lifecycleに実装されました。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys SCADEでクリティカルな組込みソフトウェアの効率を最大化

Ansys 2022 R1 の Embedded Control Software Verification& Validation の最新のイノベーションハイライトをご覧いただき、お客様の組込みシステムのワークフローやソフトウェア開発プロジェクトにどのような変化をもたらすかをご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys SCADE for Avionics

Ansys 2022 R1で強化されたアビオニクスディスプレイ用の最新の組込みソフトウェアを紹介し、コックピットディスプレイシステムの開発プロジェクトをどのように前進させるかを学びます。

Webinar icon block

電動化、安全性、自動運転:Ansys SCADE 2022 R1が自動車用組込みソフトウェアの重要な課題に対応

Ansys 2022 R1で強化された最新の組込みソフトウェアについて、自動車の組込みソフトウェア開発プロジェクトを大幅に改善し、チームメンバー間のコミュニケーションを向上させる方法をご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys SCADEによるクリティカルな組込みソフトウェアのモデルベース(WCET)計算

この特別プレゼンテーションに登録して、パートナーであるAbsInt GmbHとともに、モデルベースのWCET(最悪実行時間)解析のためのAbsInt aiTを備えたStack Verifierゲートウェイの最新のアップデートをご紹介します。

  • Ansys Fluentの航空宇宙専用のワークスペースでは、ベストプラクティス、最適化されたソルバー設定、パラメトリック機能などが組み込まれており、外部の航空力学シミュレーションを効率化することができます。
  • 新しいMulti-GPU Fluentソルバー(ベータ版)は、定常状態のシミュレーションを高速化し、ハイエンドのGPU4台で1,000以上のCPUと同等の性能を発揮するという結果が出ています。
  • 新しいスポンジ層処理を用いて、Ansys Fluentで音響シミュレーションを効率的に実行し、サウンドコンポジションとランタイム離散フーリエ変換(DFT)フレームワークで高度な解析を行うことができます。
  • Ansys TurboGridのハイブリッドメッシング技術は、複雑なターボ機械のブレード設計のメッシングを自動化します。
  • ダイナミックドメイン機能を使用して、粒子の相互作用が少ない領域の計算を削減することで、Ansys Rockyのシミュレーションを高速化
  • 液体と二相混合物をモデリングするAnsys Forteのオイラー式二相混合アプローチは、液体ポンプとバルブのシミュレーションを迅速かつ正確に行うことができます

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Fluent アップデート

このウェビナーでは、Ansys Fluentの主要な進化を紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Fluent Aerospace アップデート

このウェビナーでは、外部空力シミュレーション専用のワークスペースを含む、航空宇宙アプリケーション向けのAnsys Fluentの新機能についてご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:CFXとTurboGridのアップデート

このウェビナーでは、Ansys CFXのターボチャージャーシミュレーションを100倍以上高速化する方法や、Ansys TurboGridの新しいハイブリッドメッシング機能のライブデモをご覧いただけます。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Chemkin-Pro アップデート

このウェビナーでは、Ansys Chemkin-Proの主要な進化を紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Forteアップデート

このウェビナーでは、Ansys Forteの主要な進化を紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Fluent Mesh Adaptionのアップデート

このウェビナーでは、Ansys 2022 R1のAnsys Fluentにおける航空宇宙、燃焼、および多相アプリケーション向けのメッシュアダプションに関する主要な進歩について紹介します。

Ansys Granta MI™は、インテリジェントなAdditive Manufacturingのための機械学習機能を初めて搭載します。これまで試行錯誤で行っていたAdditive Manufacturing材料のサンプル製造や特性評価を減らし、目標基準を満たすように関連パラメータを最適化します。

  • Ansys Electronics Desktopツールをお使いのEMI/EMC、電動機械、SI/PI、熱エンジニアの皆様は、ネイティブソルバーでGranta MIにアクセスできるようになり、新たに7,200以上の電磁界材料レコードにアクセスできるようになりました。より速く、より正確に、よりトレーサブルな電磁界設計シミュレーションを実現します。
  • Additive Manufacturingのデータ量は増え続けています。この傾向を利用するために、プロセスパラメータの最適化、データの可視化とトレーニングのために、機械学習機能がGranta MI™に統合されました。まばらでノイズの多いAdditive Manufacturingデータに価値をもたらします。
  • 独自のMaterialUniverse™の包括的なサステナビリティデータを使用して、材料の環境影響を評価します。
  • 非線形材料モデル用のポリマーデータを大幅に強化し、105,000以上のポリマーに対応しました。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Granta 製品アップデート

このウェビナーでは、Ansys Grantaの全ツールの「新機能」の概要をご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:電磁界シミュレーションのためのMaterial Intelligenceの最新情報

このウェビナーでは、Ansys Electronics DesktopとGrantaの連携による製品の特徴を、PCBラミネートや磁性材料の選択、PCBテストデータの管理などの例を挙げてご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1を使用しています。Ansys Granta EduPackによる材料教育

Granta EduPackの新機能や、教材指導をどのようにサポートしているのかをご紹介します。

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Additive Manufacturing Dataアップデート

Ansys 2022 R1でリリースされた機械学習機能は、Granta MIに統合され、Additive Manufacturingのプロセスパラメータ最適化とデータ解析を改善します。

  • LightField は、光学システム内のサブストラクチャーの事前計算された中間シミュレーション結果の保存と共有を容易にする新しい Ansys ファイル形式で、シミュレーション時間を短縮し、性能向上と IP 保護のためにサプライヤーとその顧客の間でブロックボックスを共有することができます。
  • C++またはPythonで書かれたカスタム光学表面モデル(Ansys Lumerical FDTDのようなサードパーティの材料記述を含む)を可能にする表面特性のプラグイン機能
  • パラメータ・マネージャー、プリセット・マネージャー、UXの向上、CATIAプロジェクトの高速インポートなど、生産性を向上させました。
  • SpeosではGPU Computeを採用し、精度を落とさずにシミュレーション性能を飛躍的に向上させ(ベンチマークでは平均140倍から260倍のスピードアップ)、これまでにない性能対コスト比を実現しています。
  • ローラーシャッターやモーションブラーなどのダイナミックなシーン効果をよりよくモデル化するための新しい後処理。

詳細


ウェビナー

Speosの高速シミュレーション GPUコンピュート

Ansys 2022 R1:Ansys Speos アップデート

Ansys 2022 R1 の最新リリースでは、Ansys Speos 光学製品のイノベーションの限界を押し広げ、精度、性能、使いやすさを向上させる強力な新機能を提供しています。このウェビナーでは、Ansys Speosで利用可能な新機能をすべて紹介します。

  • Lumerical Simulationsは、強力なAnsys Cloudに対応しました。
  • Speos用の新しいサーフェスモデル作成(BSDFと回折格子)により、Speos Human Vision(ベータ版)で視覚効果を考慮できるようになりました。
  • ディスプレイアプリケーション用のLumerical STACKによる高度な最適化を含む、optiSLangワークフローをサポートするためのアップデート(ベータ版)。
  • VirtuosoとFDTD/MODEの間でレイアウトデータを通信するためのダイレクトブリッジで、パラメータの抽出やp-cellの最適化を直接行うことができます。
  • Ansys LUMERICAL INTERCONNECTとKLayoutの新たな統合により、フォトニック集積回路のレイアウトドリブンな設計・シミュレーションワークフローが可能になりました。
  • 電流および温度依存性を持つ測定またはシミュレーションされたゲイン・スペクトルをLumerical INTERCONNECTに直接インポートすることにより、PICの固体レーザー性能に対する自己発熱の影響をシミュレーションすることができます。
  • 周期性と表面パターニングを持つ多層スタックの高速シミュレーションのためのRCWAソルバー(ベータ版)

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys Lumerical アップデート

2022 R1 リリースでは、Ansys Lumerical フォトニクス製品のイノベーションの限界に挑戦し、精度、性能、使いやすさを向上させる強力な新機能を提供しています。今回の2022 R1リリースでAnsys Lumericalに搭載された多くのユニークな機能にスポットを当てます。

このツールにより、お客様は最新の適用可能な業界ドメイン標準に準拠することができます。

  • 航空宇宙分野では、ARP4761(A)規格に完全準拠したフォールトツリー解析に加えて、さらなる操作性の向上が図られています。
  • 自動車 - 最新のISO 21434(2021年8月リリース)の自動車サイバーセキュリティ分析を取り入れています。
  • Digital Safety Manager - プロジェクト・ダッシュボードには、設定可能なKPIが用意されており、実際のプロジェクトデータから自動的に得られる安全プロジェクトの進捗状況を追跡することができます。
  • ハードウェアと半導体 - FMEDAにおける可変性のサポートにより、デザインから複数の顧客にユーザーのバリエーションを提供する際の労力を劇的に削減。

詳細


ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1:Ansys medini analyze アップデート

このウェビナーでは、Ansys 2022 R1で提供されるAnsys medini analyzeの多くの機能強化を紹介し、これらの機能を実質的に統合して安全関連の活動を進める方法について説明します。

  • Ansys Mechanical に搭載された新しい NVH(Noise, Vibration, and Harshness)ツールキットにより、試験データとシミュレーションデータの相関性を高めることができます。ユーザーは、物理的な試験データを簡単に読み取って、モーダル保証基準(MAC)を計算し、シミュレーションデータと物理的な試験データを比較することができます。
  • DED(Directed Energy Deposition)プロセスシミュレーションをAnsys Additiveポートフォリオに導入し、マクロレベルの温度歪みや応力を予測する機能を提供することで、製造不良を防ぎ、部品の向きや製造順序を含むAdditive Manufacturingの設計を改善するためのトレンドデータを提供します。
  • プリント基板(PCB)の熱性能について、Sherlockの高忠実度PCBモデルを用いて、熱解析シミュレーションのためにAnsys AEDT Icepakにエクスポートすることで、さらなる知見を得ることができます。
  • LS-DYNAソルバーは、専用のアイソジオメトリック解析(IGA)、先進の新材料、マルチフィジックスアプリケーションのための材料則など、多くの分野でエキサイティングな新機能を追加し続けており、これらの機能は、バッテリー乱用のモデリングや電気生理学などに利用することができます。

詳細


ウェビナー

2022 R1 Str

Ansys 2022 R1:Ansys Mechanical アップデート

2022 R1 は、Ansys Mechanical に新機能を搭載するとともに、ユーザーに柔軟性、ロバスト性、使いやすさを提供します。このウェビナーでは、Ansys Mechanical 2022 R1の主な機能をご紹介するとともに、最新の拡張機能の一部をライブデモでご紹介します。

2022 R1 Structures Product Page Updates

Ansys 2022 R1:LS-DYNAアップデート

Ansys LS-DYNAの最新の製品アップデートをご紹介します。Ansys Mechanicalとの統合の改善、より柔軟な再起動、自動車用フォームの材料データの強化、アイソジオメトリック解析と平滑化された粒子流体力学の新機能などが含まれています。

Forming - Front Door Stamping

Ansys 2022 R1:Ansys Formingアップデート

2022 R1のAnsys Formingウェビナーにぜひご登録ください。メタルスタンピング作業を最初から最後までシミュレーションし、複数ステップのプロセスを素早く、簡単に、正確に定義することができるAnsys Forming製品をご紹介します。

2022 R1 Structures Product Page Updates

Ansys 2022 R1:Ansys Motionアップデート

Ansys Motion 2022 R1 リリースには、新しいエキサイティングな機能強化が含まれています。このウェビナーに参加して、Ansys Motionがシミュレーションを次のレベルに引き上げる方法を学んでください。

elec-reliability-2.jpg

Ansys 2022 R1:Electronics Reliabilityアップデート

Ansys Electronics Reliabilityソリューションの最新の進歩と新しいツールの統合についてご紹介します。

2022 R1 Sound

Ansys 2022 R1:Ansys Soundアップデート

今回のウェビナーでは、2022 R1に搭載された重要な機能をご紹介します。

Additive -  Aircraft Bracket

Ansys 2022 R1:Ansys Additiveアップデート

Ansys 2022 R1は、Additive Manufacturingユーザーのためのツールセットを引き続き拡張し、設計、シミュレーション、製造のワークフローを効率化します。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像