ANSYS 19.1

エンジニアリングシミュレーションの活用拡大

シミュレーションは、数人のエンジニアが使用する技術から、すべてのエンジニアにとって不可欠なツールになるまで成長しました。多くの場合、これは、ますます複雑になる、接続された世界における唯一のソリューションです。自動車が自ら運転方法を習得するにつれて、運転された模擬マイル数を実際の路上テストで利用することは、路上運転の安全性を確保するための唯一の方法です。同様に、付加製造技術(Additive Manufacturing)によって金属部品の構築をシミュレーションすることはその部品が頑丈で信頼でき、意図したタスクに適していることを確認するための唯一の方法です。その唯一の方法が、設計、製造または操作の課題を克服するための最速かつ最も安価な方法でもあれば、誰もが利益を得ることができます。

ANSYS 19.1は、シミュレーションを改善するための当社の継続的な取り組みにおける最新のステップであり、私たちの相互接続された世界の複雑性を軽減できます。物理のすべてのエリアにおいて、当社では、エンジニアリングの課題に対する包括的なソリューションの提供を追求しているため、プロジェクトを完了するためにANSYS以外を探す必要はありません。つまり、当社は、技術のすべてのエリアにおける新しい発展を絶えず研究し、エンジニアリングにおけるイノベーションを目指してシミュレーションソリューションを生み出しています。ANSYS 19.1では、構造、流体、電磁界、半導体、システム、認定ソフトウェアのシミュレーションにおいて進歩しており、信頼性、性能、速度およびユーザー体験が改善されています。このように、多くの場合唯一かつ最善のソリューションである広範型エンジニアリングシミュレーションは、絶えず向上しています。