2020R1 バージョンアップwebinar(ウェブセミナー)(ライブ配信・日本語にて開催)
お申し込みはこちらから



あらゆる業界のエンジニアチームは、製品開発ライフサイクルを効率化して製品性能を向上するという要求が高まっているため、最も高度なシミュレーションテクノロジーを必要としています。シミュレーションソルバーは、パフォーマンスを最適化するため、すべての物理現象にわたって、エンジニアチームのすべてのメンバー間でシームレスに動作する必要があります。

ANSYS 2020 R1では、ANSYS Minervaにより、着想から仮想テスト、運転に至る製品ライフサイクル全体でシミュレーションを統合し続けています。この最新プラットフォームにより、グローバルエンジニアチーム内でのコラボレーションが促進され、データ共有が向上して製品設計が刷新され、開発コストが削減されます。

Minervaでは、世界で最も正確で物理場に基づいたシミュレーションソフトウェアを、前例のないほどの幅広さで利用できます。ANSYS 2020 R1では、これらの技術に多くの先駆的な拡張機能が導入され、エンジニアリングの無類の生産性が促進されます。

ANSYS 2020 R1ではANSYS Mechanicalに拡張機能が導入され、エンジニアは複雑かつ高度に非線形で大規模なモデルを設計できるようになります。このリリースでは、ANSYS Fluentでもワークフローが非常に単純化されたため、新人エンジニアでも複雑な多相シミュレーションを迅速かつ簡単に実行できます。その他のアップグレードには、ANSYS HFSS SBR+とANSYS Maxwellのダイナミックな新ツールが含まれ、電子的/電磁界的な設計のプロセスが大幅に改善されます。

  • 3D設計

    構造ソルバーが変更されて薄い形状の精度が高まり、定常流体ソルバーが導入され、ANSYS Discovery Liveでは、より多くの設計を素早く調べることができます。トポロジー最適化機能には、製造上の制約とマルチ解析の最適化が追加され、設計の洞察を事前に得ることができます。

    ANSYS Discovery AIMでは、使いやすいガイド付きワークフローによってゴム製コンポーネントをシミュレーションできるようになりました。構造材料データも拡張され、複合積層材料の直交弾性とシミュレーションが組み込まれました。

    ANSYS Discovery SpaceClaimの新機能、オートスキンでは、リバースエンジニアリング中に解析形状をオートスキンパッチと簡単に組み合わせることができます。さらに、新しい最小表面格子では、付加製造の応用で効率が改善されます。

    詳細

  • 付加製造技術

    ANSYS 2020 R1は、付加製造技術(AM)製品ライン全般にわたる、付加製造技術シミュレーション機能の主要な進歩を特色としています。

    • ANSYS Additive Prepは、ビルドプロセッサの拡張機能を装備しており、レーザーパラメータを変更できます。SLMマシンにファイルを書き込む機能をベースにして、EOSマシンにファイルを書き込むことができるようになりました。
    • Workbench Additiveは、熱-構造の付加シミュレーションに加え、固有のひずみシミュレーションを提供できるようになりました。カットオフシナリオに対応する、ANSYS Additive PrintからWorkbench Additiveへのワークフローが導入されました。
    • Additive PrintがJ2の可塑性をサポートするようになりました。熱ソルバーにレーザービーム入力も受け付けます。
    • Additive PrintおよびAdditive Scienceにおけるすべてのシミュレーションタイプについて、アルミニウム合金AlSi10Mgの検証が完了しました。
    • Additive PrintおよびAdditive Scienceが改善されて、精度が向上し、実行時間が短縮されました。

    詳細

  • Electromagnetics(電磁界)

    ANSYS 2020 R1は、電磁界シミュレーションソリューションを提供し、自律性、5G接続、電動化、エネルギー効率というエンジニアリングのメガトレンドを追求するお客様を支援します。新機能には以下が含まれます:

    • ANSYS HFSS SBR+では、設置アンテナの解析と配置調査にクリーピング波物理学が提供されるため、属性が曲がったオブジェクトに統合するアンテナをモデル化する精度が高まります。
    • ANSYS SIwaveのEMI Xplorerでは、ボードとパッケージレベルで潜在するEMIの問題を評価して軽減してから、設計サイクルの早期にシミュレーションを実行できます。
    • ANSYS Maxwellでは調和力カップリングが可能なため、電気自動車のパワートレイン、変圧器、ターボ機械、その他の電気機械の電磁界と振動音響設計の精度が高まります。
    • ANSYS Electronics DesktopではANSYS Cloudが拡張され、ANSYS Icepakが関連する電熱シミュレーションが組み込まれました。また、ANSYS Icepakでは、低周波と高周波のさまざまな用途で、定常または非定常の伝熱解析がサポートされます。

    詳細

  • 組込みソフトウェア

    ANSYS 2020 R1では、ANSYS SCADEにより、ISO 26262 ASIL D準拠の自動車組込み制御ソフトウェアの設計と自動コード生成がさらに高速化されます。ANSYS SCADE Suiteでは、SCADE Suiteのdiffモジュール、Simulink®のインポート機能の強化、マルチレート設計とマルチコア設計の新機能で、使いやすいユーザーインターフェース(UI)が実現しています。ANSYS SCADE Testでは、間隔を確認して堅牢なテストを高速化できるようになりました。ANSYS SCADE Visionでは、エッジケースを検出して、自動運転車(AV)の認知ソフトウェアの脆弱性を迅速に検出できます。

    航空宇宙と国防のソフトウェア設計者と開発者も、多くのSCADEツールチェーンのイノベーションを利用できます。最高レベルの安全性で、DO-178C組込み制御ソフトウェアの認定時間を短縮できます。新リリースでは、航空電子工学のコックピット表示組込みシステムのソフトウェア設計とワークフロー統合が継続的に効率化され、ARINC 661標準が総合的にカバーされます。

    詳細

  • 流体解析

    ANSYS Fluentでは、新人ユーザーでもエキスパートユーザーでも、堅牢な数値流体力学(CFD)シミュレーションをかつてないほどの短時間で実行できるようになり、トレーニングも少なくてすみます。使いやすくてタスクベースのメッシュワークフローとモザイク技術が、FluentのCFDソルバーと組み合わさり、妥協なしで素晴らしい結果が実現します。

    使いやすさの向上

    効率的なワークフローにより、多相シミュレーション設定が容易になります。単一のタブ付きパネルにより、設定は論理的な手順ごとのフローに整理されます。ベンチマークの気体-流体パイプフローシミュレーションでは、新規設定が25%速くなりました。

    さらなるCFDソリューション

    • 代数的インターフェース界面積密度(AIAD)モデルでは、複雑な多相の様式変化が正確にシミュレーションされます。
    • 詳しい電気化学モデルでは、リチウムイオン電池が最適化されます。
    • ANSYS CFXの調和解析は2倍速で、複数のベース周波数を解決できるようになりました。
    • 複雑な流体-構造連成の問題は、より速く簡単に設定して解決できます。

    詳細

  • 材料

    製品開発組織、特にシミュレーションの使用を浸透させようとしている組織にとって、正確な材料情報は不可欠です。ANSYS 2020 R1において、ANSYS GRANTA MIではユーザー体験が向上し、ゴールドスタンダードの企業材料情報管理システムを大規模なエンジニアリング企業全体に展開することがサポートされます。GRANTA MIでは、一貫性を確保し、リスクを軽減して、効率を上げ、イノベーションを促進できます。

    新製品ANSYS GRANTA MI:Proは、GRANTA MIの導入が簡単な重点バージョンであり、設計チームとシミュレーションチームの迅速スタートオプションとして設計されました。CADとCAEのユーザーは、この製品により、信頼性のある材料参照データにANSYS Grantaから直接アクセスでき、社内の材料とその承認済みプロパティの管理リストにもアクセスできます。

    ANSYS 2020 R1では、GRANTA Materials Data for Simulationデータセットのデータも改善され、ANSYS Mechanical、ANSYS Electronics Desktop内で利用でき、ANSYS GRANTA MI:Proでも利用可能となりました。

    詳細

  • 光学解析

    このリリースのANSYS SPEOSでは以下が実現します。

    • テクスチャマッピング機能によって材料特性と動作が専用環境で再現され、現実性が向上します
    • 新機能により、SPEOSとCADの接続が強化されます。形状をすぐに更新して生産性を高め、形状解析を高速化できます
    • センサーシミュレーション機能が拡張され、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転(AD)のシミュレーションの精度が高まります
    • 新しいレンズシステムインポート機能により、SPEOSにインポートするイメージシステムの知的財産(IP)が保護されます
    • 新しい設計機能により、製造制約を確認し、下流での製造の問題を回避できます

    SPEOS Live Previewではカメラセンサーがサポートされ、カメラが捕らえた生映像のライブプレビューが提供されるようになりました。

    詳細

  • プラットフォーム

    ANSYS Minervaでは、組織の製品ライフサイクルデータが改善されます。バージョン管理、3D表示、コラボレーション、データ再利用が容易になります。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムおよびCAEツールと新たに統合したことで、プロセスの課題が一元化されます。新規リリースでは、ダッシュボード、構成管理、メタデータ処理、ANSYS Workbenchクライアントコネクターとジョブ送信ワークフロー、ANSYS optiSLangでのプロジェクト更新が強化されました。

    詳細

  • 半導体

    次世代の超大型、高パフォーマンスシステムオンチップ(SoC)でサインオフをカバーして、AI、5G、自動車の適用分野を促進するという要求が高まり、その要求を満たすため、ANSYS 2020 R1では、電力と信頼性のソリューションのANSYS半導体ポートフォリオが強化され、シナリオカバレッジが劇的に拡大して、結果が出るまでの時間が短縮されました。

    ANSYS PowerArtistでは、静止電力効率の確認が可能です。この確認は、ベクトルを必要とせずにRTL IPを限定する早期サインオフ基準として働きます。また、エミュレーターによって生成された、長いアクティビティシナリオの給電時間を短縮できます。ANSYS RedHawk-SCの新しい非伝播ベクトルレス(NPV)ダイナミック解析アプローチでは、シミュレーションベクトルなしで電力グリッドの弱点が効率的に特定され、切り替え範囲は90%以上になります。ANSYS Totemの新しい適応型メッシングアルゴリズムでは大規模PMIC設計がサポートされ、従来型FEMソリューションよりも、実行時間が4~5倍改善され、メモリフットプリントは20~40%向上しながら、シリコン相関精度が提供されます。

    主要な鋳物工場では、TotemとRedHawkの製品ファミリーが、マルチフィジックスサインオフ用の4nm/3nmまでのFinFETノード処理技術および2.5D/3D-ICパッケージ技術の総合的なリストにも認定されています。

    詳細

  • 構造解析

    ANSYS Mechanicalのユーザーは、ANSYS 2020 R1により、複雑で高度な非線形超大型モデルの処理を改善する強化機能を使用して、かつてないほど前進することができます。その強化機能は次のとおりです。

    • ワークフローを効率化するため、Mechanicalに直接追加された機能。ラインボディの断面割り当て、補強材の後処理、外部モデルの簡単なドラッグアンドドロップなどを含みます。
    • トポロジー最適化検証ワークフローの改善。テッセレーション最適化形状から、最終設計のメッシュと検証に直接移動できるようになりました。
    • ANSYS AQWA(流体力学解析ツール)をMechanicalに完全移行。生成された負荷を別の解析システムに移行する機能などの新技術。
    • LS-DYNAをANSYS Mechanicalインターフェースに統合(最近LSTCを買収したことによる)
    • ANSYS Sherlockの解析時間を短縮。ANSYS MAPDLをデフォルトのFEAエンジンとして使用し、アプリケーション設定を整理して、複数の部品ライブラリを設定可能。

    詳細

  • システム

    ANSYS 2020 R1には2つの新規システムソリューション、ANSYS VRXPERIENCE Light SimulationとANSYS medini analyze for cybersecurityが含まれており、ANSYS Twin Builderには新しいバッテリーウィザードが組み込まれています。

    VRXPERIENCE Light Simulationでは、自動車製品設計の照明が簡単になります。Autodesk VRED設計表示ソフトウェアとANSYSの物理場ベース照明シミュレーションが組み合わさり、ビジュアルデザインと高度なエンジニアリングレビューが組み合わさります。その結果、自動車の内装と外装の照明が写真のようにリアルに表示されます。

    ANSYS medini analyze for cybersecurityでは、設計の早期から、サイバー物理システムのセキュリティ上の脅威を体系的に解析して評価できます。medini analyzeでは、システムの意図した機能の安全解析(SOTIF)もサポートされ、自動運転(自律走行車、エアタクシーなど)が可能になります。

    ANSYS Twin Builderのバッテリーウィザードを使用すると、電池を簡単に組み立て、バッテリーモジュールに組み込むことができます。モデル作成、およびECMセルとモジュールのパラメータ化も効率化されます。

    詳細