ANSYS 2019 R2

デジタル技術の変革は、製品やその開発を大幅に変化させ、業界のすべてに大きな影響を及ぼしています。企業はデジタル技術を活用して、コストを削減しつつより迅速に市場に革新的な製品を提供する手法を模索し続けています。

ANSYS 2019 R2は、次世代のPervasive Engineering Simulation(エンジニアリング シミュレーションの活用拡大)を実現することで、デジタル技術による変革を促進します。最新の搭載機能により、製品設計の着想段階から運用に至るすべての工程にわたってエンジニアが協業できるようになり、製品設計サイクルの加速化、効率化、簡素化が実現されます。さらに今回のリリースで、お客様は、強化されたプリ/ポストツール、ソルバー性能および製品統合を通して、より短い時間で多くのシミュレーションを行うことができます。

その中でも、主な機能強化として、革新的な新しいANSYS Mechanicalユーザーエクスペリエンス、複雑なエレクトロニクスの簡素化されたシミュレーション、品質の悪い形状のメッシュ生成をスピードアップするANSYS Fluentワークフロー、そして、構造解析向けの新しいGranta材料機能があります。ANSYS 2019 R2は、広範囲なシミュレーションソリューションを進める上で重要な一歩であり、お客様がビジネスプロセスを改善し、製品化までの時間短縮を著しく容易にするためのデジタル変革を加速化します。