Skip to Main Content

自動運転エンジニアリング

交通事故による死者は100万人以上、損害、負傷、損失はほぼ10億ドルです。自動運転車の技術は、その解決策を約束するものです。

自動運転システムでより安全で効率的な世界を実現

自動車技術会(SAE)は、自動車の「自律性レベル」について、レベル1 「ドライバーのみ」からレベル5 「完全自動化」までのガイドラインを明確に定義しています。現在の先進運転支援システム(ADAS)は、乗用車の全衝突事故の3分の1以上を防ぐことができると推定されています。これらの先進システムは、一般的にSAEガイドラインのレベル2 「部分運転自動化」に該当します。

完全な自動運転車両は、乗用車の衝突事故とそれに伴う人や物への損害をほぼゼロにする可能性を秘めています。自動運転のメリットは明らかですが、現実の自動車がレベル5の自律性に到達するには、多くの技術的ハードルを克服する必要があります。レベル3の「条件付き運転自動化」技術に到達することさえ、自動車技術とAI技術の大きな飛躍が必要です。自動運転産業を前進させるには、シミュレーションと実世界でのテストを組み合わせることが必要です。

  • 自動運転エンジニアリングのメリット
    交通事故死者数94%削減
  • 自動運転エンジニアリングのメリット
    電動自動運転車でエネルギー消費を12%削減、排出量も削減
  • 自動運転エンジニアリングのメリット
    自動運転車の共有により、世帯あたりの交通費が13%削減
  • 自動運転エンジニアリングのメリット
    都市部で必要な駐車スペースを35%削減
自動運転エンジニアリングハイレベル

自動運転がもたらす無限の可能性には、かつてないほどの技術革新が必要

安全な自動運転車には、多くのテストが必要

自動運転車の性能を実世界のシナリオで示すには、何十億マイルも走行する必要があります。

自動運転車(AV)は一般の人が利用しやすくなる必要がある

ADASやAVのセンサーやソフトウェアのコストを下げて、消費者が購入できる価格にする必要があります。

AVには桁違いの複雑さが求められる

現代の自動車には、およそ1億行の組込みソフトウェアコードがあります。AVでは10億行のコードが必要になるとの試算もあります。

生産に要する時間は限られ、需要は高い

2030年までに販売される自動車の45%が高度に自動化されると予測されており、今後10年間で大幅な自動化の改善が求められています。

シミュレーションによる自律性

現代の車両システムと完全な自動化の間には非常に多くの技術的障壁があるため、シミュレーションは、自律システムの定義、ハードウェア開発、ソフトウェア開発、特にシステム検証の分野における重要な設計上の課題を解決するために必要なものとなっています。

Ansys のシミュレーションソフトウェアは、コードの自動生成、安全規格への準拠、有効性の証明に必要な実走行距離の最小化により、エンジニアが記録的な速さと最小限のコストでこれらの問題を解決できるよう支援します。

すべてのアプリケーションを表示

自律センサー設計

自律センサー開発

Ansysには総合的な自動運転車センサーのシミュレーション機能があり、これには、LiDAR(ライダー)、レーダー、カメラの設計と開発が含まれます。

自律システム検証

自律システム検証

Ansysのモデルベースのシミュレーションソリューションによって、ソフトウェアインザループ、ハードウェアインザループ、ドライバーインザループの各解析でテストと検証が可能になります。

自動運転システム開発

自動運転システム開発

Ansysのシミュレーションを使用したモデルベースの安全評価とサイバーセキュリティ評価によって、自動運転システムの開発と認証が加速化されます。

自律型ソフトウェア開発

自律型ソフトウェア開発

主要なISO 26262およびDO-178C 規格を順守する自動運転車の開発、検証、自動生成を行います。

Engineering What's Ahead:ADAS & 自動運転車

自動運転はユビキタス時代のモビリティへの扉を開く

自動運転車ケーススタディ

自動運転は拡大する準備ができており、エンジニアは道を切り開く必要があります。

自動運転イノベーターの前に広がるチャンスは無限大ですが、市場競争を勝ち抜こうとする者は、市場の重要な要求を克服しなければなりません。

Download the e-Book

Ansys Autonomyは、コンポーネントからシステムまでの高忠実度のマルチフィジックスシミュレーションソリューションを提供します。

  • 安全認証を取得した組込みソフトウェアの自動生成と機能安全分析
  • 最適化、シミュレーションデータとプロセス管理、ワークフローのカスタマイズ、クラウドへのアクセス、高性能なキャパシティを実現するオープンな環境
  • 企業全体に展開するためのサードパーティ統合をサポート

さらに、世界有数のシミュレーション専門センターが、技術サポート、サービス、トレーニングを通じて、お客様を支援します。

自動車メーカーは、安全で費用対効果の高いADASや自動運転技術の開発を迫られています。従来の自動車メーカーにとっては、市場シェアの獲得競争です。新しいモビリティ企業にとっては、市場投入までの時間が勝負の分かれ目となります。

AVを必要としている消費者:シミュレーションで実現

消費者の自動運転車に対する意欲は強く、80%の消費者が生涯のうちに自動運転車に乗ることを期待し、55%が今後5年以内にそうなっても構わないと回答しています。自動運転モビリティを阻む技術的障壁の打破に成功したイノベーターは、大きなビジネスチャンスを獲得することになるでしょう。

自動運転に関する調査

自動運転車

エンジニアリングの未来

speos optical

1,000倍以上のシナリオを検証

シミュレーションにより、1,000倍のシナリオを検討可能

シミュレーションは、価値の高いデータを効率的に生成、取得できるため、自動運転車のエンジニアリングにおける複雑な問題の解決に欠かせないものとなっています。

Ansys自動運転車

消費者の76%が自動運転車を望んでいる

ほとんどの消費者はAVが生活の質を向上させることを期待

消費者は、あおり運転のようなロードレイジの最小化、生産性の向上、より安らかな通勤など、自動運転車の利点について楽観的に考えています。

迅速なADAS開発

43%のドライバーがストレスの軽減を期待

調査対象のドライバーの約半数が、AVによるストレス軽減を期待

アンケート回答者が挙げたAVに期待する効果のトップは「ストレスの軽減」であり、AVは交通安全だけでなく、旅行体験の向上も期待されていることがわかります。

イベント情報

AnsysとNI社

ADAS/AD HIL検証を解決するためにAnsysとNI社が協力した方法

このウェビナーでは、AnsysとNational Instruments社が協力して、仮想シミュレーションからハードウェアおよびビークルインザループシミュレーションにスムーズに移行するための合理的な開発プロセスを構築した方法について説明します。

HPC機能 Ansys HFSS

Ansys HFSS の HPC 機能を使用した効率的な新しいアンテナシステム設計

このウェビナーでは、アンテナ設計に関するHFSSの進歩と、この分野のリーダーとして確立されたHFSSの進化について説明します。

Ansysの安全な自動運転

安全な自動運転車の開発を加速

Ansys、AVSimulation社によるAnsys VRXPERIENCE Simulator powered by SCANeRのデモをご覧いただけます。

ケーススタディ

ケーススタディサムネイル

信頼性解析手法を用いたADASの検証により、1シナリオあたりのシミュレーション回数を1000回に削減

メルセデスベンツが、信頼性の高い先進運転支援システム(ADAS)の開発およびテストにAnsysの技術をどのように利用しているかをご紹介します。

Autonomous vehicle safety validation

搭乗者になる準備はできていますか:自動運転車に対する消費者の認識

世界中の消費者を対象に、自律走行する自動車や航空機に対する認識を調査しました。彼らが自動運転技術に対してどの程度の快適さを感じているのかをご紹介します。

2020-12-ansys-startup-arbe-case-study.jpg

レーダー革命の推進:交通事故死ゼロを目指した環境シナリオのシミュレーション

これらのシナリオをすべてラボでシミュレーションすることで、R&Dは高度な準備を整え、クラス最高のソリューションを開発し、市場投入までの期間を短縮することができるのです。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

ビデオ

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像