Share:
ANSYS nCode DesignLife

ANSYS nCode DesignLife

作る前に製品の疲労寿命を予測

ANSYS nCode DesignLifeは、ANSYS Mechanicalと連動して、疲労寿命を確実に評価します。ANSYS Mechanicalによる有限要素解析(FEA)の結果を使用して、応力と歪みを計算し、さらに繰り返し荷重の損傷を累積して、予測される製品寿命を決定します。最初のプロトタイプが作成されるはるか前に、新しい設計のさまざまな材料や代替形状の作用を迅速に評価し、製品の予想寿命に合わせて最適化します。

機能
業界トップの耐久性解析ツールであるANSYS nCode DesignLifeをご利用いただくと、製品の稼働寿命を予測する、包括的な診断疲労プロセスが得られます。ANSYS Workbenchに完全統合され、使いやすさとスムーズなワークフローが実現します。製品に対する実際の力を表す測定に基づいて、複合荷重の「負荷サイクル」を作成できます。または予測される荷重履歴を使用できます。

疲労解析プロセス
作成された疲労プロセスは、キャプチャして再利用できます。エンジニアは疲労の専門知識がなくても、修正された製品設計を評価し、最新の製品寿命を測定できます。最初から最後までの自動化によって、大部分のエラーが回避され、特に複数のエンジニアが結果を解析する可能性のある大規模な組織において、一貫性が確保されます。

Capabilities

使いやすさ

ANSYS nCode DesignLifeは、ANSYS Workbench環境の中で完全統合されるため、繰り返し適用できる完全な疲労プロセスを定義できます。

ease-of-use
大規模な疲労材料ライブラリ

ANSYS nCode DesignLifeには、迅速なモデル作成を支援する、完結した材料ライブラリが付属しています。

extensive-fatigue-material-library
最新の疲労モデル化機能

ANSYS nCode DesignLifeには、可能なかぎり正確かつ簡単に、疲労寿命を予測する最新のメソッドとシミュレーションツールが組み込まれています。

state-of-the-art-fatigue-models

See how our customers are using our software:

Ural Diesel Motors

Ural Diesel Motors社

Ural Diesel-Motor Works社のエンジニアは、ANSYS nCode DesignLife疲労解析ソフトウェアを使用して、高サイクル疲労の安全係数を計算しました。新しい設計の熱応力解析を実行して、応力をANSYS nCode DesignLifeにエクスポートし、材料モデルおよび製品が運転中に受けると予想される繰り返し荷重の記述と応力の結果を組み合わせました。ANSYS nCode DesignLifeは、ANSYS Workbench環境で、データ、データフローおよびパラメータを適用し、応力-寿命法に基づいて総合的な疲労解析を実行しました。 ケーススタディを見る
E-Z-GO

E-Z-GO社(Textron社の子会社)

E-Z-GO社のエンジニアは、1週間の期間内に、多目的車のフレームを再設計して、製造上の問題の原因になっている曲げ部分をなくすことを求められました。有限要素法解析、疲労寿命予測および耐久性試験の結果に基づいて、多目的車のフレームの新設計が生産用に提出されました。この方法は、エンジニアリングコストを大幅に削減し、E-Z-GO社が新設計を短期間で生産に投入するのに役立ちました。 ケーススタディを見る