Skip to Main Content

電磁妨害と電磁両立性(EMI/EMC)

シミュレーションによって電磁干渉を最小化することで、マイクロチップレベルに至るまで、高性能でコンプライアンスの高い安全な電子システムを実現します。

Ansys アプリケーション

パフォーマンス、安全性、コンプライアンス

電子システムは、多くの場合、セーフティまたはミッションクリティカルです。電子システムは、5G接続デバイスから自動運転車、モノのインターネット(IoT)に至るまで、世界的な技術革新のバックボーンを形成しています。要求される性能が高まり、電子機器が増えれば増えるほど、干渉による性能低下や予期せぬ結果、さらには故障につながるリスクが大きくなります。シミュレーションを使えば、EMI/EMCの問題を事前に解決し、物理的なテストを減らすことで、高性能で安全かつコンプライアンスを遵守した設計を実現することができます。

  • Check icon outline
    PCBおよびコンポーネントの設計
  • Check icon outline
    ケーブルハーネスの設計
  • Check icon outline
    アンテナの設計と配置
  • Check icon outline
    システムの統合

ワークフローであらゆる電磁界状況をシミュレーション

PCBおよびコンポーネント設計

Ansysの近接場/遠距離場EMI、寄生抽出、回路シミュレーション機能でEMCのコンプライアンスをシミュレーションできます。

ケーブルハーネスの設計

複雑な構造やケーブル配線に対応できる合理的なケーブルシミュレーションワークフローにより、クロストーク、輻射、感受性を最小限に抑えるための適切なシールドを施した配置を決定することができます。

アンテナの設計と配置

フルウェーブの電磁界ソルバーと電磁妨害ツールキットを利用して、設置されたアンテナの輻射パターンを調べ、最適な配置でコサイト干渉を最小限まで抑制できます。

システムの統合

ケーブルと回路のシミュレーション(Shooting and Bouncing Ray Plus法およびフルウェーブの電磁界ソルバーを含む)により、電気的に大規模な環境で電子サブシステムの性能を検査できます。

シミュレーションによる無線性能の向上

都市を埋め尽くすアンテナから家庭を埋め尽くすスマートデバイスに至るまで、世界の無線環境は拡大を続けており、エンジニアは、回路基板からエンドユースに至るまで、潜在的な干渉問題を理解する必要があります。拡大する無線システムの世界では、干渉や性能低下の可能性が潜んでおり、シミュレーションによって干渉と効率の問題を早期に把握して解消できます。

PCB Simulation using Ansys HFSS

プリント基板の設計者を支援するシミュレーション主導の製品開発

設計プロセスの初期段階でAnsysシミュレーションを利用することで、電磁互換性を確保し、基板の共振や電磁干渉を最小限に抑えながら、ロバスト性の高い電力供給ネットワークを実現することができます。

Electric car lithium battery pack and power connections

複雑な無線環境におけるアンテナ性能の確保

開発サイクルの早い段階で、無線システムの干渉が発生する可能性のある場所を特定します。シミュレーションを使用して、干渉問題を回避し、リスクを低減し、後に問題を修復するためのコストを削減します。

2021-02-emit-smart-house.jpg

EMITのリンク解析機能でスマートホームにおける干渉問題を解決

ホームシステムの自動化が進む中で、スマートデバイスの信頼性を高め、安価でエネルギー効率の高いものにするためには、エンジニアにとってシミュレーション主導の設計ツールが不可欠となっています。EMITがスマートデバイスの性能をどのように測定するかをご紹介します。

ウェビナー

On Demand Webinar
Webinar icon block
Ansys HFSS 2021 R1:Mesh Fusionで可能なことを再定義する

このウェビナーでは、Ansys HFSSの最新リリースであるAnsys 2021 R1にスポットを当て、その新しい画期的なMesh Fusionテクノロジーについて詳しくご紹介します。これまでの常識を覆し、より優れた設計を実現し、これまで以上に機能性の高い画期的な製品を提供する方法をご紹介します。

On Demand Webinar
Webinar icon block
シミュレーションによるEMI/EMCテストの高速化

Ansysの電磁界シミュレーションを利用することで、設計における手戻り(re-spin)の回数を減らし、企業が製品の物理的なEMI/EMCテストに費やす時間とコストを削減する方法をご紹介します。

On Demand Webinar
Webinar icon block
Ansys 2021 R1 アップデート: EMA3D Cable による大規模システムの EMC 解析の高速化

このウェビナーでは、手作業のケーブル設計を効率化するためのAnsys EMA3D Cableの新機能をご紹介します。

主要リソース


ブログ

Blog icon block
BY:MATT COMMENS

チップから船まで、HFSSですべてを解析

Ansys 2021 R1のAnsys HFSS Mesh Fusionを紹介するにあたり、20年以上前に初めてHFSSを使った時の驚きを思い出しました。個人的な見解ですが、HFSS Mesh FusionはHFSSが登場して以来、最大の出来事です。それというのも、可能だとはとても思えなかった複雑な設計のメッシュ生成と解析がHFSSでできるようになるからです。

Blog icon block
BY: MANOHAR (MANNY) RAJU

Ansys EMA3D Cableのパワーを活用

自動車や航空宇宙機器のケーブルハーネスを設計することは、技術的に困難な課題です。これは主に、干渉、クロストーク、不十分なシールド、落雷などの要因によって引き起こされる電磁(EM)効果の影響を評価することが難しいことに起因します。ケーブルハーネスのEMI/EMC認証に対する厳しい要求を満たすためには、これらのEM問題を軽減することが重要です。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像