Share:
ANSYS Icepak

ANSYS Icepak

ANSYS Icepakは、業界をリードする数値流体力学(CFD)ソルバーANSYS Fluentを使用して強力な電子冷却ソリューションを提供するもので、IC回路、パッケージ、プリント基板(PCB)および電子アセンブリーの熱解析および流体解析を実行します。ANSYS Icepak CFDソルバーは、ANSYS Electronics Desktop(AEDT)グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を使用しています。エンジニア向けにCADを主力に使用したソリューションを提供することで、使いやすいリボンインターフェースを活用して、ANSYS HFSS、ANSYS MaxwellおよびANSYS Q3D Extractorのような同一の統合されたフレームワーク内で熱の問題を管理することができます。この環境で作業を行う電気および機械技術者は、HFSS、MaxwellおよびQ3D ExtractorからIcepakに至るシームレスな結合による完全に自動化された設計フローを利用して熱解析を実行できます。

エンジニアは、統合化された電子冷却ソリューションに対応したIcepakを活用することで、個々のICからパッケージ、PCB、さらにコンピュータハウジング、データセンター全体に至るまで様々な規模の電子アプリケーションに対応することができます。Icepakソルバーは、伝導、対流、放射の共役熱伝達解析を実行します。多くの高度な機能を持ち、層流および乱流のモデリングを行ったり、放射および対流を含む種の解析を実行します。Icepakは、ファン、ヒートシンク、材料の膨大なライブラリを保有しており、日常レベルの電子冷却問題へのソリューションを提供します。

機能

包括的なマルチフィジックス設計フロー

ANSYS のエンジニアリングポートフォリオとの統合により、PCBの反り、モータ冷却などといった複雑な問題を解析する比類のない設計フローが実現します。

ANSYS Icepak: Comprehensive Multiphysics Design Flow
熱物理学のための広範囲なライブラリ

解析用の冷却モデルを迅速に構築するために、標準コンポーネントの膨大なライブラリへのアクセスを提供します。

ANSYS Icepak: Icepak Libraries
便利なスライダーバーメッシング

電子コンポーネントと電気機械コンポーネント用に最適化された、メッシュの高度な自動生成を提供します。

ANSYS Icepak: Flexible, Automatic and Body-fitted Meshing
Icepakでの最適化

パラメータ設計、what-if解析および実験計画(DoE)を活用して、最大温度、電流および電力解析を行います。

Optimization in Icepak
結果の可視化

パワフルなツールセットは、3次元フローアニメーション、速度ベクトル、温度曲線などの可視化を実現します。

ANSYS Icepak: Visualization
ECAD-MCADのインポート

効率的なワークフローのために、MCADおよびEDAの形状の容易なインポートを実現します。

ANSYS Icepak: ECAD-MCAD Import
マルチドメインシステムのモデリング

システム環境内の電磁コンポーネントを分析するための統合モデリング機能

Multidomain Systems Simulation

お客様による当社ソフトウェアのご利用方法をご覧ください:

Ruggedized Systems: Cool and Collected

熱管理と信頼性に優れた 堅牢なシステム

Kontron社では、モバイル/相互接続が可能な監視・通信・オペレーション機器に対する厳しい軍規格を満たすため、高度な熱シミュレーションを実施しています。ミッションクリティカルなオペレーション向けのカスタムソリューションに対応する「堅牢」なモジュール式筐体の開発において、サイズ、重量、電力、冷却(SwaP-C)のトレードオフのバランスをとるのに役立てています。

ケーススタディを見る
Keeping the Block Cool

ジャンクションブロックの温度上昇を抑制

自動車の複雑化が進むなか、その機能を支える電子機器を製造しているメーカーは、システムの信頼性と安全性を高める必要に迫られています。自動車エレクトロニクスシステムのメーカーであるKyungshin社は、以前の手法に比べて80%の生産期間短縮と50%以上のコスト削減を実現しつつ、スマートジャンクションブロックの熱管理を改善しました。

ケーススタディを見る