Polyflow

ANSYS Polyflow

Polyflow は、製造プロセスのコスト効率化を図り、環境の持続可能性を向上させるために、エネルギーおよび原料の需要を縮小させながら設計を高速化します。研究開発(R&D)チームはこの技術を広範に活用し、 押出成形、熱成形、ブロー成形、ガラス成形、ファイバ線引、コンクリート成形の設計と最適化を行います。設計エンジニアは Polyflow を使用して、押出ダイの製造時に物理プロトタイプの製作回数を最小限に抑え、熱成形やブロー成形製品の品質向上を図るために厚さのばらつきを低減させます。

Polyflow の独自のダイの逆設計機能は、従来のビルド・アンド・テストの手法に比べ、ダイの最終設計の特定を著しく高速化させることが可能です。その結果、大幅なコスト削減と時間節約が実現します。製造ライン上で設計変更をテストするのではなく、チームは ANSYS Polyflow を用いて試行錯誤のプロセスを実行することで、ブロー成形と熱成形製品の品質向上を図ることができます。ガラス成形およびフロート板ガラス工学シミュレーションは、エンジニアが品質の向上した食器、ガラス容器、板ガラスをより迅速に生成することに役立ちます。

あらゆるエンジニア向けに設計された使いやすいシミュレーション環境である ANSYS AIM には、Polyflow の主要機能が新たに追加されています。AIM の誘導型ワークフローを使用して、押出ダイから押し出される溶融プラスチックの変形をモデル化することができます。AIM は、希望の押出物の形状を得るために、特定のダイに対して押出物の形状を予測し、さらに必要なダイの形状を予測するため、ダイ内のフローのシミュレーションに理想的です。

Capabilities

より優れたパッケージングの開発

Polyflow は、プロセスの初期段階に修正処置を素早く行い、さらに向上および軽量化されたパッケージングをコスト効率よく設計できるように製造プロセスをモデル化します。

Develop Better Packaging
押出ダイのコスト削減

PolyFlow を使用して押出ダイを微調整し、設計反復の回数を50パーセント以上減らし、省資源化、ターンアラウンドタイムの短縮を実現します。

Reduce Extrusion Die Costs
Digital Material Laboratory モデルによる多様な材料の調査

Polyflow は、材料挙動を把握し、その性質を正確に描写できるように、材料のシミュレーションに役立つ数学的材料の膨大なライブラリを搭載しています。

Investigate Diverse Materials with Digital Material Laboratory Models
放射を含む、非線形熱効果の説明

Polyflow は、最も精度の高いシミュレーション結果を得るために、高度な非線形材料の特性と放射予測のためのモデルを搭載しています。

Account for Nonlinear Thermal Effects, Including Radiation
流体構造連成

固有の流体構造連成(FSI)は、完全な連成手法で流動材料と周囲の固形物間の熱機械的相互作用をモデル化します。

Fluid-Structure Interaction
最適化と設計審査

Polyflow の組込み最適化アルゴリズムを使用して、入力パラメータに基づいた所定の目的関数を自動的に最小化または最大化します。

Optimization and Design Exploration

See how our customers are using our software:

Cutting Extrusion Die Costs

Cutting Extrusion Die Design Costs

By reducing the number of trial-and-error prototypes, simulation can save hundreds of thousands of dollars annually in designing PVC extrusion dies.


View Case Study
Reducing Material Costs

Reducing Material Costs

R&D reduced material costs for a water container by 10 percent while maintaining product integrity.


View Case Study
Derby Cellular Products

Derby Cellular 製品

複雑な EDPM の周辺シールの改善を図るための一対のキャビティ金型の設計に必要とされる Derby Cellular 製品。ANSYS Polyflow は、従来の手法で必要とされる最大20回の試行から減少して、わずか2回の試行で正確なプロファイルを実現し、その結果として50%のコスト削減を達成しました。


View Case Study