Skip to Main Content

Ansys RaptorQu
量子計算アプリケーション向けの大容量電磁界シミュレーション

Ansys RaptorQuは、量子プロセッサの超伝導シリコン設計における大規模インダクタンス抽出要件に対応しています。数mKまで冷却される超伝導シリコン向けの大容量で高速な電磁界ソルバーです。

超伝導シリコン用EM

量子処理装置での電磁結合のモデリング

Ansys RaptorQuは、数十から数百もの物理的な超伝導量子ビットの設計を可能にする、独自の超伝導シリコン設計向け電磁界ソルバーです。

  • 膨大な量の部分的な微量インダクタンスをモデル化
    膨大な量の部分的な微量インダクタンスをモデル化
  • umからmmまでのスケールでレイアウトをモデル化
    umからmmまでのスケールでレイアウトをモデル化
  • 優れた精度を実現
    優れた精度を実現
  • 電磁結合をモデル化
    電磁結合をモデル化
New Semiconductors Web Page

主な機能

Ansys RaptorQuは、0K付近で動作する超伝導体に対して大容量の電磁界解析を提供します。確立された半導体設計フローやファウンドリプロセスとの高度な統合を実現し、数百もの物理的な超伝導量子ビットの設計を可能にします。

  • 最高の精度
  • これまでにない大容量
  • 基板結合を含む
  • 超伝導シリコン用に最適化
  • ユーザーフレンドリーなワークフロー

Ansysソフトウェアにアクセスできます

Ansysは、障害を持つユーザーを含め、あらゆるユーザーが当社製品にアクセスできることはきわめて重要であると考えています。そのため、US Access Board(508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像