ANSYS RedHawk

ANSYS RedHawk-SC

RedHawk-SCは、サブ16nmの設計を成功へと導く次世代のSoC電源ノイズサインオフプラットフォームです。RedHawk-SCのベースとなっているのが、電子システムの設計およびシミュレーション用にカスタム設計された世界初のビッグデータアーキテクチャ、ANSYS SeaScapeです。SeaScapeは、コアごとのスケーラビリティ、設計データへの柔軟なアクセス、設計への瞬時のフィードバック、MapReduce対応のアナリティクスなど、革新的な機能を豊富に備えています。一方、RedHawkは、SoCの電源ノイズおよび信頼性サインオフプラットフォームのゴールドスタンダードであり、SeaScapeプラットフォームでRedHawk-SCとして提供されています。RedHawkによるサインオフの信頼性と、SeaScapeのエラスティックなスケーラビリティおよびビッグデータアナリティクス、その両方のメリットを活用することができます。

SeaHawkのコンピューティングエンジンの基礎であるビッグデータアーキテクチャは、桁違いに優れたスケーラビリティを備え、既存のツールでは不可能なパラメトリックスイープとパラメトリック解析を実行することができます。容量と性能をリニアにスケーリングできるため、チップの信頼性目標とパッケージおよびシステムの協調設計が可能になり、コストのかかる過剰設計を削減することができます。

  • 静的および動的な電圧降下のインデザイン解析
  • エレクトロマイグレーションのインデザイン解析
  • 送配電ネットワークの最適化
  • 高いスケーラビリティを備えたエラスティックコンピューティングエンジン
  • マルチドメインの情報に対応した柔軟性の高いデータ解析
  • 設計の早期の堅牢性チェックのため高速ターンアラウンド