Skip to Main Content

Ansys軌道決定ツールキット(ODTK: Orbit Determination Tool Kit)

追跡データを処理し、現実的な共分散で軌道天体暦を生成

Ansys ODTKは、ミッションの設計から運用までのエンジニアリングライフサイクル全体にわたって、高精度の軌道推定を提供します。

軌道決定ソフトウェアのための業界の信頼できるソリューション

Ansys ODTKを使用すると、従来の、また従来と異なるさまざまな測定値を処理して、現実的な共分散で軌道を生成できます。ODTKは、さまざまな測定タイプを組み合わせて1つのシームレスな結果にすることができ、あらゆる現象学を使用して、地上、宇宙、海、空中からオブジェクトを追跡できます。

  • Check icon outline
    100を超える独自の測定モデル
  • Check icon outline
    LEO、地球と月の間、深宇宙のミッション
  • Check icon outline
    操縦モデリングと天体暦共分散
ODTK Covariance Uncertainty.jpg

主な機能

潜在的な新しい追跡ハードウェアとタスクスケジュールをシミュレーションします。頻繁に操作する常駐スペースオブジェクト(RSO: Resident Space Object)を追跡します。ランデブーおよびプロキシミティオペレーション(RPO: Rendezvous and Proximity Operation)を計画します。解析とシミュレーションのために、新しい状況、センサー、軌跡の概念をモデル化します。

  • 初期段階のミッション設計のサポート
  • 予測軌道精度のシミュレーション
  • 宇宙船追跡データの処理
  • 飛行力学への統合
  • 他の天体への着陸操作をサポート
  • 地上エミッタの位置情報取得
  • クラウド展開のためのコンテナ化

運用実績のある宇宙船ナビゲーションソフトウェア

高精度な軌道推定と飛行前シミュレーションにより、コストを削減し、資源を最適化します。

Ansys ODTKは、高精度な軌道推定を提供します。飛行前シミュレーションを実行して、提案された追跡方法を評価し、ミッション要件を満たしながらコストを削減し、リソースを最適化します。組込みのレポート機能とグラフ機能を使用して、カスタマイズされた出力製品で結果を可視化します。ODTKの最先端の最適逐次フィルターおよび適合するスムーザーにより、お客様の最も厳しいミッション要件を満たします。ODTKの自動インターフェースを使用すると、オペレータのワークフローを簡素化したり、大規模なシステムに統合したりできます。

planned-v-actual.jpg

ODTKの機能

ミッションの設計と計画のサポートおよびシミュレーション

初期段階のミッションの設計と計画、トレードスタディ、提案、または内部調査を促進します。提案されたミッションの予測軌道精度をシミュレーションして、飛行可能であることを確認します。つまり、宇宙船追跡データを処理して、ライブミッションで正確かつ確信を持ってナビゲートします。飛行力学システムに統合して、実地操作や無人操作を行い、月や火星などの他の天体への着陸操作を支援します。地上エミッタの位置情報を取得し、クラウド展開用のコンテナ化を行います。

Sensor Fusion.jpg

 

主な機能

地球ベース、地球と月の間、深宇宙のミッションを可能に

  • 最適逐次推定
  • 追跡とデータシミュレーション
  • 初期軌道決定(IOD)法
  • 解析
  • ロバストで十分に文書化されたAPI

データ編集、天体暦生成(現実的な共分散を含む)、測定値やシステム力学の影響を受けやすい品質保証情報を自動化します。

ミッション要件に関して提案された追跡方法とスケジュールを評価します。ODTKは、追跡データの異常の影響を含む、統合システムテストをサポートしています。

Goodingアルゴリズムによる相対航法、Herrick-Gibbsの式、GNSS測位、および対地同期軌道などを使用して、衛星の初期状態を決定します。

さまざまなデータ要素と、レポートおよびグラフ作成用の定義済みスタイルが含まれています。グラフにカスタムスタイルを使用したり、Pythonベースのレポートスタイルを使用して、ほぼ無限のカスタマイズを行うこともできます。出力データをテキストまたはCSVファイルとしてエクスポートして、他の解析ツールに簡単にインポートできます。さらに解析するために、ODTKの結果をAnsys Systems Tool Kit(STK)にロードします。

大規模なパラメトリック解析またはモンテカルロ解析、簡素化されたオペレータワークフロー、および無人操作をサポートして処理を自動化します。Component Object Model (COM)またはMATLAB、Python、C++統合のクロスプラットフォームサポートをWindowsとLinuxで使用できます。

ODTKのリソースとイベント

注目のウェビナー

Webinar Series
Discoveryウェビナーシリーズ
デジタルトランスフォーメーションとMBSE:未来のためのソリューション

この5部構成のウェビナーシリーズでは、Ansysソリューションを活用してこれらの目標を達成する方法について説明します。

ansys-branded-opengraph.jpg
Ansys 2022 R2: ODTKと深宇宙ミッションの計画、地上機の位置決め、衛星展開

AnsysのChief Orbital ScientistであるJames Woodburn博士がODTKの新しい機能について説明します。Woodburn博士は、視認性解析、軌道コンジャンクション、軌道伝搬、軌道決定を中心としたソフトウェア開発を専門としています。深宇宙ミッションの計画および実行、地上機の位置決め、追尾型ホストビークルからの衛星展開の機能を拡張する新機能をレビューします。


ビデオ

ODTK 7.5の新機能

このビデオでは、地上機の推定から子衛星展開のモデリングまで、ODTK 7.5のアップデートについてCalが説明します。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像