Share:
Chemkin-Pro

ANSYS Chemkin-Pro

システム内の化学反応の影響を理解および推測することは、運輸、エネルギー、素材処理の分野で競争力のある製品を開発するためのカギとなります。ガスタービン、ボイラー、ピストンエンジンの設計者は、低排出規制への適合および拡大を続ける燃料柔軟性要件への対応に努めると同時に、システムの性能を維持するだけではなく、改善さえも視野に入れることを求められます。同様に、副生物や無駄を最小限に抑えて、質、量ともに満足のいくものとして、スループットの高い燃料化学プロセスの設計を実現する必要があります。今日の複雑な設計と設計サイクルの短縮を考えると、テストだけに依存して性能を正確に検証するためは、莫大なコストが必要になります。基底にある詳細化学反応の効果的なシミュレーションは、汚染排出物や望ましくない副生物を削減したシステムのコスト効率のよい設計を行うために必須になります。

全体を新たな視点で
化学反応間の依存を見極める一助となるのが、Chemkin-Pro のReaction Path Analyzerです。Reaction Path Analyzerは、インタラクティブなビジュアル表示を採用しているため、メインとなる反応経路が明確に表示され、反応機構の開発と削減が容易になります。

反応器ネットワークを使用して、複雑な流れ場のモデリングを行います
等価反応器ネットワーク(ERN)を使用することで、実際の燃焼器、バーナー、化学反応装置のシミュレーションが可能となり、詳細化学反応を考慮して排出を最も効率よく予測できます。

低排出燃焼システムの安定性をより深く理解
Chemkin-Pro Extinctionモデルは、高速かつ正確に消炎ひずみ速度を計算し、システムの燃焼安定性を求めるために使用できます。これは、低NOx(窒素酸化物)の予混合燃焼システムで重要になります。

粒子形成の理解と予測
革新的なChemkin-Proの粒子追跡機能により、粒子の核形成、成長、凝集、酸化を追うことができます。2つの独立した追跡機能を併用することで、平均的な粒径と数密度および詳細な粒径分布情報を予測でき、それらは、すす放出の予測、粒子生成の最適化に使用することができます。

高速、高精度、かつ簡単にCFD火炎片テーブルを作成
燃焼システム開発者の多くは、CFDシミュレーションで火炎片テーブルのルックアップを行う燃焼モデルを使用しています。Chemkin-Proは、CFDモデルへの入力として、これらの火炎片テーブルを作成するロバストかつ高速な方法を提供します。

入力の不安定さのシミュレーション結果への影響解明
ユーザー定義された入力精度の範囲に基づく誤差率の計算でシミュレーション結果のロバスト性を向上させます。

Gamma Technologies GT-Suite 2016のプラグイン適合性
ANSYS Chemkin-Proは、燃料効果、効率、ノッキングおよび排出の伝導機構をより細かく評価、最適化することを可能にします。GT-SUITEは、標準的なGT-SUITEモデルに代わって、ANSYSモデル燃料ライブラリの詳細な検証済み反応機構へのアクセスを可能にします。