Skip to Main Content

自動車の電動化を実現するシミュレーション&設計ソフトウェア

電動化で変わる移動手段

世界経済を牽引する交通機関は、ビジネスにもレジャーにも欠かせない存在です。世界の人口が80億人に近づいている今、その移動量は増加の一途をたどっており、そして、それは地球にも負担をかけています。

今後は、環境への影響を抑えたモビリティソリューションが必要となります。ほとんどの国で政府の規制がますます厳しくなり、消費者の意識も高まっていることから、効率的で環境にやさしい交通手段への需要がかつてないほど高まっています。

しかし、環境負荷を低減しながらモビリティを急速に高めることは容易ではありません。交通市場に求められる変化を成功させるには、根本的なイノベーションが必要です。このようなイノベーションを実現した企業は大きな利益を得ることができますが、それはすべて、今、正しい技術的判断を下すことにかかっています。シミュレーションは、そのような決定を理解し、以下のような電動化のメリットを実現するための鍵となります

  • Check icon outline
    従来のフェリーと比較して、ハイブリッド電気フェリーでは35%の燃料節約が可能
  • Check icon outline
    デモンストレーション用航空機の1時間当たりの運用エネルギーコストを35%削減
  • Check icon outline
    電気自動車では、温室効果ガス排出量を燃焼モータと比較して30%削減
Battery Simulation

電動化が進む一方で、課題が残る技術革新

コスト削減

バッテリーは、電気自動車の価格を上昇させる主要なコストの一つです。

ドライブトレインの効率化

電気自動車の駆動系では、現在、20%ものエネルギーロスが発生していると言われています。電気自動車が成功するためには、より効率的でなければなりません。

航続距離とペイロードの向上

充電インフラの速度と利用可能性への懸念が、消費者のEV導入を制限しています。電動航空機は、最大積載量の制限を受けます。

安全性とセキュリティの向上

電気自動車は、重要な機能やバッテリーシステムを管理するために、より多くのソフトウェアを必要とします。サイバー攻撃に対する電気自動車の防御は非常に重要です。

Applications

モビリティの電動化によってもたらされる困難な設計上の課題には、優れたソリューションが必要です。シミュレーションは、市場への参入を成功させるために必要な設計上の要求に効率的に対応する唯一の方法です。電動モビリティのリーダーたちは、すでに電気自動車用シミュレーションソフトウェアの利点と、設計プロセスにおけるその強力な効果について報告しています。

電化パワートレインシステム統合

電化パワートレインシステム統合

非常に複雑な電気自動車とハイブリッド電気自動車パワートレインおよびそのサブシステムとコンポーネントをAnsysシミュレーションソフトウェアと統合します。

バッテリーマネジメントシステム

バッテリーマネジメントシステム

Ansysでは、バッテリーマネジメントシステム(BMS)の設計と開発用に、リスクのない仮想テストを可能にする統合ソリューションを提供しています。

バッテリー EMI/EMC

バッテリー EMI/EMC

Ansysでは、周波数ドメインとタイムドメインのシミュレーションをシームレスに組み合わせたバッテリーシステムのEMI/EMCシミュレーションソリューションを提供しています。

電気モータ

電気モータ

ANSYSの電気モータ設計ソフトウェアは、電気モータの概念設計から詳細な電磁場、温度、機械解析までに幅広く利用できます。

Engineering What’s Ahead:電動モビリティ

電動モビリティでは、エンジニアリングシミュレーションが重要な役割を果たします。

electrification magazine cover

電動モビリティのイノベーターを取り巻く環境は大きく開かれているように見えますが、市場競争に勝つためには、重要な市場要求を克服する必要があります。

E-BOOKをダウンロード

商品を効率的に輸送することは、世界経済の原動力です。人々はビジネスやレジャーのために移動する必要があります。2050年には世界の人口が100億人に達すると予想されており、これらの力が組み合わさって、モビリティの急激な増加を引き起こすと考えられています。

それと同時に、地球は癒される必要があります。政府や消費者は、モビリティが環境に与える影響について理解を深め、変化を求めています。陸、海、空を問わず、電気自動車は、モビリティの急速な増加と環境負荷の低減という対立した課題を解決する可能性を秘めています。

進化する電気自動車に乗り遅れないために

電動化革命におけるマーケットリーダーは、イノベーションのスピードと有効性によって決定されます。コストと性能に関する市場の期待に応えるEVを生産するには、シミュレーションが必要です。これは、移動手段を変えるための最も効率的でコスト効率の高い方法です。

アンケート結果のダウンロード

electrification graph

シミュレーションにより、無駄な作業を減らしたり、なくしたりすることで、開発期間を短縮することができます。

全体の開発期間を50%短縮

シミュレーションは、試作品やバージョンごとに物理的なモデルを構築するための時間を投資することなく、何が機能するかを確認するためのラピッドプロトタイピングでエンジニアを支援します。

autonomous car

難易度の高い問題にこそシミュレーションが有効

ACドライブの開発期間を75%短縮

シミュレーションはワークフロー全体の効率化に役立ちますが、特に難しい問題には大きな効果が期待できます。必要とされるテストが複雑であればあるほど、シミュレーションは時間の節約になります。

electric motor

電力密度とエネルギー効率の向上により、EVの早期導入が可能に

電力密度とエネルギー効率が12%向上

パワーシステムの改善は、航続距離に対する不安を解消し、消費者の信頼を高めます。 市場をリードする企業は、すでに Ansys のソフトウェアを利用して、無駄な時間と資源を使わずに、より刺激的な自動車を生み出しています.

イベント情報

Webinar icon block

電気機械ウェビナーシリーズ

このウェビナーシリーズでは、電気機械の設計と解析に焦点を当て、Ansysのシミュレーションツールが提供する多くの技術的機能を、プレゼンテーションや短いデモンストレーションを交えて紹介します。

Webinar icon block

バッテリーウェビナーシリーズ

バッテリー内部で発生する現象の可視化から、リチウムイオンバッテリーパックの構造的完全性の評価、電気熱結合の解析まで、Ansysのバッテリーウェビナーシリーズでご紹介します。このウェビナーシリーズでは、バッテリーのモデリングとシミュレーションに関するAnsysのソリューションについてご紹介しています。

Webinar icon block

パワーエレクトロニクスウェビナーシリーズ

電磁波の問題、熱管理、信頼性の高い設計、ケーブルのモデリング、システムの相互運用性など、パワーエレクトロニクスを扱うエンジニアが直面する課題は多岐にわたります。Ansysのソリューションがこれらの課題にどのように対応しているかをご紹介します。

主な資料

ケーススタディ

camera

LiTHIUM BALANCE社を支援するmedini analyze

今日の電気自動車やハイブリッド車の心臓部には、効果的で安全な充電、エネルギー貯蔵、日常的な運転を保証する高度なバッテリーマネジメントシステム(BMS)が搭載されています

camera

Regal Beloit社:冷却ファン向けシミュレーションベースの騒音予測

Regal Beloit Corporation 社は、新しい開発プラットフォームの一環として、予備設計段階でシミュレーショ ンベースの騒音予測手法を使用することを決定しました。Regal Beloit社は、シミュレーションベースの騒音予測手法の開発を加速するために、Ansys Mentor Expert Servicesを利用しました。

camera

電気航空機推進の未来をシミュレーション

DuXion社は、旅客機からUAVまで幅広い航空宇宙用途に向けて、高効率、軽量、コンパクトな電気推進ユニットの開発に着手しました。

Camera

Magnax社: 電気自動車向け軸流モータ技術の新時代へ

Magnax社のエンジニアが、Ansys の構造、電磁、熱ソリューションを使用して、ヨークレス軸流の技術をどのように改善したかをご紹介します。

ホワイトペーパー

記事

2020-12-white-paper-icon-block.jpg
ホワイトペーパー

ドライブサイクルが冷却に与える影響を統合することで、電気自動車のバッテリー特性を向上

電池駆動の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)は、環境問題への関心から燃費向上が求められており、市場シェアを拡大しています。

ビデオ

ブログ

Blog icon block
BY: AHMAD HAIDARI

交通機関の電動化とは何か、なぜそれが重要なのか?

交通機関の電動化とは何か、そしてシミュレーションによってエンジニアがどのように 電気自動車や航空機の電動化などの設計を可能にするのかをご紹介します。

Blog icon block
BY: ROBERT HARWOOD

完全に自律したドローン技術を開発するための課題

自律型ドローンの技術は、ある程度、すでに実用化されています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像