Skip to Main Content

Ansys SpaceClaim
3Dモデリングソフトウェア

SpaceClaimがDiscoveryモデリングライセンスに含まれるようになりました

モデリングを高速化

SpaceClaimの軽量の3Dモデリングにより、迅速かつシンプルに回答を得ることができます

Ansys SpaceClaimは、3次元の回答にアクセスしたいが、従来の複雑なCADシステムを学習する時間や関心がないエンジニアに最適なモデリングソリューションです。設計チーム間の遅延を排除しながら、ジオメトリの準備を迅速化し、シミュレーションに早く到達するためのツールを提供します。

  • Check icon outline
    任意のジオメトリの編集、修復、および作成
  • Check icon outline
    スキャンデータの活用による新しい部品のリバースエンジニアリング
  • Check icon outline
    3DプリンティングのためのSTL準備
  • Check icon outline
    CADモデルのフィーチャー除去、流体ドメインの抽出、シミュレーション向けモデルの簡素化
  • Check icon outline
    製造工程のモデルを準備し、加工時間を最大化
  • Check icon outline
    板金設計の作成、インポート、または修復

主な機能

Ansys SpaceClaimを使用すると、シミュレーションの準備時間を短縮し、3次元モデルを迅速に作成できます。これらのツールにより、設計者やアナリストはジオメトリ作成プロセスを高速化することで、シミュレーション結果に集中できます。

  • 設計とコンセプトのモデリング
  • スキャンからCADへ
  • 製造のためのモデル準備
  • 治具および治具設計
  • リバースエンジニアリング
  • 3Dプリンティング
  • モーションダイナミクス
  • 3DプリンンティングのためのSTL準備
  • シミュレーションのためのモデル準備
  • 板金
  • CAEのためのモデリング
  • 付加製造技術

高空飛行しながらアラスカの自然を撮影するカメラの安定化

SpaceClaimは、ラストフロンティアでハイエンドカメラ撮影を続けています 

2020-12-ansys-spaceclaim-agilecine-case-study.jpg

「SpaceClaimでは、設計、テスト、修正を際限なく行うことができます。SpaceClaimでの作業は、固まることのない粘土での作業に少し似ていると思います」。

— AgileCine/Zatzworks社、Daniel Zatz氏

Daniel Zatz氏は、25年に渡り、ナショナルジオグラフィック、BBC、およびディスカバリーチャンネルの取材のためヘリコプターからアラスカを撮影しています。空中カメラのカメラ技術が解像度6kから8kに向上したため、Zatz氏のチームは新しい解像度に合った安定化装置を必要としていました。低コストのCADツールが非効率であることに気づいたZatz氏はSpaceClaimを使用することで、設計を絶えず修正しながら、より短い時間でより多くのコンセプトを設計することができるようになり、CAD理論の停滞を回避することができました。SpaceClaimのエンジニアリングソリューションにより、Zatz氏のチームはアラスカの素晴らしい自然を記録するために使用する最先端の機器を速やかに適応させることができました。

SpaceClaimの機能

Ansys SpaceClaim 3Dモデリングソフトウェアがジオメトリの問題を迅速に解決

Ansys SpaceClaimを使用すると、エンジニアは3Dモデリングを活用してアイデアを検討し、簡単に問題を解決できます。3Dモデルを簡素化でき、従来のCADのほんの一部の時間で解析を行うことができます。リバースエンジニアリングから板金製造のモデル準備まで、使いやすいSpaceClaimソフトウェアによってモデル作成プロセスが合理化されます。

Electric car lithium battery pack and power connections

 

主な機能

SpaceClaimモデリングソフトウェアのさまざまな機能により、モデル作成を簡素化および高速化できます。

  • 設計とコンセプトのモデリング
  • リバースエンジニアリング
  • シミュレーションと解析
  • 製造のためのモデル準備
  • 3Dプリンティング
  • 板金の設計および製造  

SpaceClaimのパワーによりワークフローを合理化し、モデルの前処理時間を数週間から数日、数時間または数分に短縮でき、CADの変更を外部委託する必要がなくなります。既存のジオメトリを修正する場合でも、簡略表示を作成する場合でも、SpaceClaimはジオメトリのボトルネックを解消して、エンジニアが物理特性に集中できるようにします。シミュレーション主導の製品開発では、あらゆるモデルのパラメータ化が可能で、Ansys Workbenchへの双方向リンケージが含まれているため、ジオメトリをシームレスに統合できます。これにより、高速でボトルネックのない3次元の回答が可能になります。

パワー、使いやすさ、柔軟性を兼ね備えたSpaceClaimは、スキャンの整合性に関係なく、任意のSTLファイルを取り込みCAD形式に変換できるリバースエンジニアリングツールです。Skin Surfaceは、プリズム形状または有機形状からソリッドジオメトリを自動サーフェス化する強力な方法を提供し、生物を含む複雑な形状のスキャンのサーフェスデータを再構築できます。 

あなたの考えを設計しましょう。SpaceClaimの完全に機能するCADツールは、迅速なコンセプトモデリングに十分強力な機能を備えていますが、詳細な部品、アセンブリ、図面を容易に作成できます。シンプルな2次元から3次元へのジオメトリ変換ツールは、さまざまなファイルタイプから3次元対応データを生成するための一般的なワークフローを使用し、作業プロセスを合理化します。ソフトウェアを使用すると、創造性、アイデア、生産性に集中できます。

SpaceClaimの柔軟性により、製造のためのモデルを準備する際の課題が軽減されます。任意のCADシステムから部品を開いて編集し、準備しながら、複数のファイルタイプを簡単に3Dデータに変換して、次のステップの加工を行うことができます。自動修復ツールが、破損したデータや不完全なデータを使用可能なサーフェスまたはソリッドに変換できるため、エンジニアはツールパスの作成に集中できます。SpaceClaimは、ばらばらのサーフェスを自動的に修復し、穴やギャップを修復します。他のライブラリやシステムとの連携を統合して活用しながら、オブジェクトのフィクスチャやツーリングのためにジオメトリを迅速に抽出します。 

SpaceClaimを使用すると、エンジニアはCADデータを柔軟に操作して、高精度の板金製造用のモデルを作成、編集、準備することができます。使いやすく、ジオメトリの編集、破損したCADデータや難しいCADデータのクリーンアップ、高品質の板金機能の提供に優れたツールは他にありません。ほぼすべての板金部品を自動的に展開してエクスポートすると同時に、折り畳まれたモデルと展開されたモデルを表示および編集できます。SpaceClaimでは、作業途中でモデルの厚さ、曲げ許容差、材料特性を調整し、形状ライブラリをカスタマイズできます。ライブ設計フィードバックにより、最適化が簡単になります。 

SpaceClaimで3Dプリンティングをスピードアップしましょう。ファセットデータツールキットであるSTL準備モジュールを使用すると、STLファイルを直接操作できるだけでなく、欠陥に関係なく、ファイルを修復して印刷可能なモデルに対応するための自動準備ツールも豊富に用意されています。ファセットのコレクションを編集して形状を変更し、迅速な変更を自由に行うことができます。最適化ツールは、材料の消費を最小限に抑えながら強度と重量比のバランスをとるために、ノイズを滑らかにして低減します。解析ツールを使用すると、モデルに十分な肉厚と臨界領域保護を確保して、効率的かつ確実に作成できます。 

SpaceClaimのリソースとイベント

注目のウェビナー

level-up-hero-banner-bkg-logo.gif
シミュレーションのためのジオメトリ準備など

Ansys Discoveryは、すべてのエンジニアのためにジオメトリの準備とシミュレーション機能を拡張し続けています。  2022 R2の改善点と、Level Up 3.0での上流工程のシミュレーションに関する10回の集中セッションについて学びましょう。

Webinar Series
2021-spaceclaim-webinar.jpg
SpaceClaimのウェビナーシリーズ

このウェビナーシリーズでは、SpaceClaimを活用して、製造を遅らせる可能性のあるコストのかかるCADの課題を特定し、対処する方法について説明します。 

On Demand Webinar
2021-spaceclaim-webinar.jpg
Ansys 2021 R1アップデート: Ansys SpaceClaimの新機能

このウェビナーでは、Ansys 2021 R1の最新リリースのSpaceClaimにスポットライトを当て、設計モデリングとシミュレーションのためのモデル準備の拡張機能について詳しく説明します。 


ビデオ


ブログ

An engineer scans a part so it can be recreated in CAD.
筆者: CURT CHAN

リバースエンジニアリングとは

AnsysのスキャンからCADへの技術がリバースエンジニアリングプロセスをどのように支援し、製造中止または入手困難な部品を再構築できるかをご覧ください。

電話とSpaceClaimによるリバースエンジニアリング
筆者: CURT CHAN

電話とSpaceClaimによるリバースエンジニアリング

このリバースエンジニアリングの例では、AESCは3Dスキャンを生成し、Ansys SpaceClaimでカスタムフィットのボートプラットフォームを設計し、それをシミュレーションおよび製造しました。

Qualupがシミュレーションで高温3Dプリンティングの課題に対応
筆者: CURT CHAN

Qualupがシミュレーションで高温3Dプリンティングの課題に対応

Qualup SASは、2011年以来、融解フィラメント製造(FFF)の3Dプリンターの設計と製造の最前線に立っています。 

アクセシビリティに優れたAnsysソフトウェア

Ansysは、障がいを持つユーザーを含め、あらゆるユーザーが当社製品にアクセスできることはきわめて重要であると考えています。そのため、US Access Board(第508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

当社はお客様の質問にお答えし、お客様とお話できることを楽しみにしています。Ansysの営業担当が折り返しご連絡いたします。

フッター画像