Share:
ANSYS Q3D Extractor - parasitic extraction

ANSYS Q3D Extractor

ANSYS Q3D Extractorは、相互接続構造からのRLCGパラメータの抽出に必要な3次元および2次元の準静電磁界シミュレーションを効率的に実行します。次に、等価のSPICE分岐回路モデルを自動生成します。これらの極めて精度の高いモデルは、クロストーク、グラウンドバウンス、配線遅延、リンギングなどの電磁現象の考察、および相互接続、ICパッケージ、コネクター、PCB、バスバー、ケーブルの性能の理解を促進するための信号品質解析の実行に使用できます。

Q3D Extractorは、DC-DC電力変換器の設計に役立つ部分インダクタンスと抵抗の抽出に加えて、タッチスクリーンデバイスのための単位セル容量の抽出を提供します。また、モデル構築を加速させるために、Altium、Autodesk、Cadence、Dassault、Mentor Graphics、PTC、Zukenといった著名なMCADやECADプロバイダからのファイルインポートが可能です。これにより、最新の電子パッケージやPCB解析が効率化され、集積回路の適正な性能が保証されます。Q3D Extractorは、熱設計用にANSYS Icepak、構造解析用にANSYS Mechanicalなど、異なるANSYSフィジックスソルバーにデータをシームレスに伝送して、業界をリードするマルチフィジックス解析を実現します。

主な機能

自動アダプティブメッシング

メッシュ処理のセットアップにかかる労力と手動での介入を最小限に抑えつつ、ユーザー指定の精度を用いて解決を提供します。

Automatic Adaptive Meshing
等価回路モデルの生成

回路シミュレーション用にモデルを自動生成します。

Equivalent Circuit Model Extraction
高速かつ正確な3次元寄生抽出

PCB、ICパッケージ、MCM、ケーブル、および変換器から3次元寄生を正確に抽出することを可能にします。

Fast Accurate 3-D Parasitic Extraction
IBISパッケージモデルの抽出

IBISモデルに組み込むための信号および電源接地寄生を抽出します。

IBIS Package Model Extraction
電力変換器の設計

逆変換器/変換器のアーキテクチャを最適化し、バスインダクタンス、過電圧の状態、短絡電流を最小化します。

Power Converter Design
タッチスクリーン設計

タッチスクリーン設計用にRLC寄生の抽出と最適化を実行します。

Touchscreen Design
マルチドメインシステムのモデリング

システム環境内の電磁コンポーネントを分析するための統合モデリング機能

Multidomain Systems Simulation
ハイパフォーマンスコンピューティング

単一のマルチコアマシンに対して最適化され、さらにクラスターの全能力を活用するようにスケールすることが可能な、画期的なハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)手法によって、規模、速度、忠実度の増したシミュレーションを実行します。

High-Performance Computing

お客様によるANSYSソフトウェアの活用事例を見る:

Churning wind into power

風を攪拌して電力に変える

ANSYS Q3D Extractorが効率的な風力タービン発電機の設計にどのように役立つかを習得します。


ケーススタディを見る
More music, less noise

音楽を増やし、ノイズを減らす

自動車用インフォテインメントのユニットの複雑化が進むにつれ、設計者は、信頼性の高い、ノイズフリー性能を確保するために、チップレベルでのシミュレーションを求めています。


ケーススタディを見る