Skip to Main Content

Ansys Speos
光学システムの設計と妥当性確認

Ansys Speosは、システムの照明や光学の性能を予測し、プロトタイピングに要する時間とコストを節約しながら、製品の効率を向上させます。

 

Ansys Speosは、新しい観点から光学シミュレーションを見るのに役立ちます!

Ansys Speosは、直感的で包括的なユーザーインターフェースを備えることで、シミュレーションプレビューにGPUを使用して生産性を向上させ、Ansysマルチフィジックスエコシステムに簡単にアクセスできるようになります。

  • Ansys製品のアイコン
    センサービジョンのシミュレーション
  • Ansys製品のアイコン
    高度な光学解析
  • Ansys製品のアイコン
    光学設計の最適化
  • Ansys製品のアイコン
    人間の視覚

主な機能

Speosは、International Commission on Illumination(CIE)により、光モデリングソフトウェアの精度を評価し、Ansys Speosの性能面でのメリットを示すCIE 171:2006テストケースに対する評価が行われています。

  • Connection with Multiphysics Simulations
  • CAD Connection
  • Visibility and Legibility
  • Ansys Cloud Integration
  • Speos Live Preview
  • Virtual Reality
  • Custom Materials Library
  • Robust Design Optimization for Optical Design
  • Illuminance, Luminance and Intensity
  • Human Vision
  • Speos Lens System

July 2023

What's New

The new release of Ansys Speos delivers powerful capabilities that speed time to result, improve simulation accuracy, and expand interoperability with other Ansys products.

Virtual Lighting Animation Tool (Beta)
Optimization

Speos objects, or geometry, are based on photometric targets, including studies of the influence of parameters. Decreases set-up time by providing direct access to all available parameters and measurements from the simulation.

Texture Mapping PreviewTool
Block Recording

Block recording permits optical designs built with history tracking. Block recording in Speos 2023 R2 is more concise for improved readability.

Optical Surface/Optical Lens Defined by Excel
Speos GPU - ray file support

Simulations defined with ray file sources now run with Speos GPU direct simulation, providing the same result accuracy with GPU speed. Any illumination project can now benefit from GPU speed thanks to the support of ray file.

Speos Pattern
Interactive Live Preview

Speos 2023 R2 introduces a brand-new explorative workflow using Live Preview. Any modification in the definition of Speos objects is seen almost instantaneously thanks to the update button powered by Speos GPU.

LiDAR -Imager resolution for Scanning/Rotating types (Beta)
Speos Sensor System

Speos Camera sensor permits designers to make the acquisition of the scene, accounting for lighting conditions, and dynamics. Speos Sensor System is based on EMVA 1288 standard.

Block Recording Enhancement –Support of OPD Features
Lightguide Trimming on Both Sides

Speos 2023 R2 introduces a new parameter to control lightguide homogeneity. It’s now possible to trim prisms on both sides. Like other lightguide parameters, it can be constant, defined by a table, or using control points.

マツダ社、Ansys Speosで光を見いだす

MAZDA3の新世代車両で、室内およびライトの開発のためにSpeos 3D光学解析を活用

Ansys Speos、マツダ社

車両をどれだけ改善できるかを口頭で説明するのは常に困難でしたが、Ansys Speosで可視化することで設計者は簡単に納得できます。

新型MAZDA3の開発には、照度の推奨事項を判断し、解析を行うための新しい方法が必要でした。これには開発サイクルの早い段階で実際の光の照度を評価することが必要であるため、マツダ社はAnsys Speosを導入することに決めました。Speosの導入により、マツダ社は、より最適な室内設計を見つけながら、プロジェクトあたりに必要となる95,000ドルの車両プロトタイプの数を平均で3台削減できました。 

マツダ社は、Speosのソリューションにより、光の量と波長を1つのシミュレーションで正確に解析し、反射特性を正確に解析し、2次元の輝度分布を再現して定量化することで、精度を犠牲にすることなくシミュレーションを行うことができました。Speosを採用したことで、マツダ社はより良い最終製品を開発できるだけでなく、プロセスの早い段階で詳細な設計の選択に関与できるようになりました。マツダ社のエンジニアは、大量生産に向けた機能の最適化、時間とコストの節約、サプライヤーとのSpeosシミュレーションによる正確な仕様決定によって、より効率的な開発プロセスを実現します。

車両外装シミュレーション

自律センサーの開発

Ansysは、LiDAR(ライダー)、レーダー、カメラの設計および開発を含む、包括的な自動運転車センサーシミュレーション機能を提供しています。

Altテキスト

車両内装

Ansysのシミュレーションにより、快適性や騒音からヒューマンマシンインターフェースまで、車両内装の設計を最適化する方法について説明します。

車両外装シミュレーション

車両外装

Ansysのシミュレーションにより、抵抗と重量を減らし、燃料効率と航続距離を向上させることで、自動車の外装を最適化できます。

Autonomous vehicle simulation

機能

光学システムの設計、最適化、妥当性確認

仮想モデルのライトをオンにして、3Dでの光の伝播を直感的に探索します。Speos Live Preview機能にはシミュレーション機能とレンダリング機能が備わっているため、製品をインタラクティブに設計できます。初回からシミュレーションを正しく実行し、光学面、ライトガイド、光学レンズを自動的に設計することで、反復時間を短縮し、意思決定プロセスをスピードアップします。性能仕様に合わせて、Speosは強力な光解析機能と電磁スペクトル全体の照明評価機能を組み合わせ、人間の視覚能力に基づいた高忠実度の可視化を可能にします。これらの可視化をバーチャルリアリティに展開して、完全に没入型のレビュー体験を実現します。

 

機能

Ansys Speos光学設計ソフトウェアは、システムの光学性能を独自にシミュレーションし、人間の視覚に基づいて最終的な照明効果を評価します。

  • ライティングシステムモデラー
  • ライティングシステムアナライザ
  • 人間の視覚
  • Speos Live Preview
  • 光学設計のためのロバスト設計最適化
  • 光学部品の設計
  • 光学センサーテスト
  • HUDの設計と解析
  • 遠赤外線拡張機能
  • Ansys Speos HPC
  • センサーシミュレーション用の道路ライブラリ
  • 広範な光学ライブラリ
  • ブラックボックスの共有
  • GPUコンピューティング

将来のシステムや製品の光束をモデリング、シミュレーション、最適化することで、システム内で光がどのように機能するかを詳細に理解できます。迷光、ホットスポット、均一性を正確に予測して、システムの性能を保証し、可視光線範囲の照度と光度を評価できるようになりました。 

物理的に正確な比色測定と光度測定を行い、選択した材料と光源の妥当性を確認するだけで、システムが設計要件を満たしていることを確認できます。また、ワンクリックで、システムが業界標準または法的標準に準拠しているかどうかを確認することもできます。 

人間の生理学的な視覚モデリングに基づいて視覚予測をシミュレーションし、色、コントラスト、調和、光の均一性や強度を最適化し、昼夜の視界を含む周囲のライティング条件を考慮して、知覚される表示品質を向上させます。Speosは、完全に没入型の体験を実現する3Dバーチャルリアリティモデルを提供します。

Speos Live Previewのシミュレーション機能とレンダリング機能を使用すると、エンジニアはインタラクティブに製品を設計できるため、開発をさらにスピードアップできます。

光学設計最適化ソルバーは、光学系とCADを簡単に橋渡しするのに役立ちます。これにより、ライティングシステムのライト、スイッチ、ディスプレイ、照明器具など、あらゆるタイプの光学部品を作成し、それらをCADソフトウェアで直接使用できるようになります。システムの光学性能を評価し、オプトメカニカルシステムを最適化するための統合ツールを活用できます。公差調査を処理してシステムの性能を向上させることもできます。  

それらを反射部品や屈折部品のライトガイドやピロー光学系に使用します。最適なシャープカットオフ特性を持つビーム反射体形状を設計し、機械製図やフライス加工などの製造上の制約をモデル化します。光学部品の設計では、独自の幾何学的モデリング機能が提供されることで、1回のクリックで数十の構成要素を含むジオメトリを自動的に作成できます。このソフトウェアでは、近似なしでは作成できない、光線の方向を調整するためのサーフェスを作成することもできます。光学部品の設計により、生産性が向上し、エンジニアリング開発時間が短縮され、設計収束が加速します。 

光学センサーテストは、設計の初期段階で、さまざまな設計バージョンがセンサーの認識に与える影響を迅速に評価するための組込み環境を提供します。周囲のジオメトリ、センサーレイアウト、周囲のターゲットを含むデジタルモックアップから始めて、LiDAR、超音波、カメラシステムを物理的にモデル化します。センサーシステムで取得したデータはCADプラットフォームに統合され、特性と制約が考慮されます。手動操作を必要とせずに、さまざまなシナリオでさまざまなセンサー構成の完全な解析を約15分で実行できます。結果を使用して、特定のセンサーサプライヤーの期待される性能を決定します。

インポートツールを使用して、ネイティブのZemax OpticStudio®またはSpeosで生成された光学システムをブラックボックスの形でSpeosにインポートできます。インポートされたシステムの知的財産(IP)を保護しながら、解析を実行するために必要な光学データが含まれています。レンズインポートツールは、イメージングシステムの開発全体を通して独自の連続性を保証し、光学システムのデータをAnsys VRXPERIENCEのカメラセンサーにインポートしてインタラクティブなテストと妥当性確認を行うことができます。

Ansys LightFieldは、光学システム内のサブ構造の計算済み中間シミュレーション結果の保存と共有を容易にします。シミュレーション時間を短縮し、サプライヤーとその顧客の間でブラックボックスを共有できるようにすることで、性能とIP保護を向上させます。

自動ツールは、レイアウトと形状の最適化、回転軸の生成、複数の運転者のサイズの角度の計算、必要な光学ボリュームの自動表示により、光学システムを設計し、画像の認識品質を向上させるのに役立ちます。画像品質を客観的に認定し、いくつかの技術的なオプションを比較して、光学性能と視覚的性能を評価します。独自の受け入れ基準に照らして適合性をチェックし、運転者の知覚の完全なシミュレーションを作成できます。

遠赤外線拡張機能は、防衛業界で使用される検出システムだけでなく、視覚の設計と解析に特化した独自の機能を提供します。アクティブおよびパッシブ検出のために、可視赤外線、近赤外線、遠赤外線の各システムを、2000nmを超える波長に対してシミュレーションおよび最適化するだけです。照度、輝度、光度の測定専用ツールを使用して、光学システムの効率を自動的に計算し、理解します。3D環境に投影されたピクセルグリッドで視野を可視化して、検出機能を決定し、シミュレーションされたカメラ取得を画像処理します。これにより、光学設計者と組込みソフトウェア開発者がデジタルモックアップで共同作業できるようになります。

Ansys SpeosとAnsys Cloudの接続により、光学シミュレーションで結果を得るまでの時間が最大60倍高速になります。Ansys Cloud接続により、光学シミュレーションをAnsys MechanicalAnsys FluentAnsys optiSLangなど、他のAnsysシミュレーションソリューションと組み合わせることで、効率化された包括的な結果を得ることができます。

迅速に結果を得られることで、設計探索に時間をかけることができるため、納期、イノベーション、品質を妥協することなく最適なソリューションを見つけることができます。ライティングシミュレーションと人間工学に基づくシミュレーションをプレビューし、エネルギーとスペースを節約しながら市場投入までの時間を短縮します。

このライブラリは、数千点の照明/光源、材料、ツールを集めたショールームで、クリエイティブなプロフェッショナルにインスピレーションをもたらします。4,200点を超える最先端のサンプルとアイテムを使用して、照明/光源、材料、および関連要素の最新のイノベーションを活用してください。それぞれに専用の包括的な情報スイートが用意されています。

カメラ、LiDAR、人間の目を問わず、あらゆるセンサータイプによって認識される可視光線および赤外線の範囲で分類された逆反射の道路材料が含まれています。ライブラリの材料としては、アスファルト、道路標識、ナンバープレート、安全ベスト、自動車用塗料、植生、金属などがあります。

Speosは、GPUコンピューティングを使用することで、精度を低下させることなくシミュレーションパフォーマンスを大幅に向上させ(平均140~260倍のベンチマーク高速化)、かつてないパフォーマンス対コスト比を実現します。

Speosのリソースおよびイベント

注目のウェビナー

On Demand Webinar
道路を走る車
CMOSセンサーカメラ:3Dシーンでの画質解析

シミュレーションによる製品性能の仮想検証により、特定の使用状況や環境条件を再現しつつ、時間とコストを節約し、新しいアイデアを生み出すことができます。  このウェビナーでは、Ansysの光学プラットフォームを使用して、ユーザーが3D環境内のカメラから電子地図を生成でき、カメラセンサーの仮想設計とテストを実行するための接続されたワークフローを紹介します。

On Demand Webinar
GPUアクセラレーションによる光学シミュレーション、Ansys Speos
Ansys Speosを使用したGPUアクセラレーションによる光学シミュレーション

Ansys Speosの今後の革新的なGPUアクセラレーションワークフローにより、光学シミュレーションが強化され、開発時間が短縮され、自信を持って設計できる方法について説明します。

On Demand Webinar
Ansys optiSLang、Lumerical、Speos
Ansys optiSLang、Lumerical、およびSpeosでディスプレイを最適化

このウェビナーでは、Ansys optiSLangを使用してディスプレイのピクセル設計を最適化するという複雑なタスクに取り組み、シミュレーションワークフロー全体を統合しつつ、高度な多目的最適化を実行します。

On Demand Webinar
Speosレンズシステム
Ansys Speosレンズシステムインポートツールによる光学設計および妥当性確認ワークフローの最適化

このウェビナーでは、Zemax OpticStudioとAnsys Speosの相互運用性について説明します。

On Demand Webinar
輝度の一致と人間の視覚
目に見えるものに頼る:輝度の一致と人間の視覚

このウェビナーでは、洗練されたヒューマンアイセンサーモデルを提供し、輝度および360度没入型の観察者による結果を得るためのヒューマンビジョンアルゴリズムへのアクセスを提供するAnsys Speosにスポットライトを当てています。



White Papers

physics based sensor validation

Shedding New Light on UVC Disinfection

Disinfection product engineers can first use Ansys SpaceClaim to recreate highly complex physical environments, then leverage Ansys SPEOS to simulate the application of UVC light to that space.



ビデオ


アクセシビリティに優れたAnsysソフトウェア

Ansysは、障がいを持つユーザーを含め、あらゆるユーザーが当社製品にアクセスできることはきわめて重要であると考えています。そのため、US Access Board(第508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

当社はお客様の質問にお答えし、お客様とお話できることを楽しみにしています。Ansysの営業担当が折り返しご連絡いたします。

フッター画像