Skip to Main Content

産業用モノのインターネット(IIoT)のトレンド

シミュレーションは、物理アセットのデジタルツインのシミュレーションに使用するデータを作成する接続されたハードウェアと組込みソフトウェアの開発を加速させることで、IIoTとデジタルツインを前進させます。

産業用モノのインターネット (IIoT)

産業用モノのインターネット(IIoT)は、ビジネス成長のための巨大な機会を創出します。製造業、金属・鉱業、エネルギー生産、加工、輸送、エンドユーズアプリケーションなどの産業において、幅広い範囲の産業機器やアセットにデバイスを接続します。これらの接続されたデバイスはデータを共有し、ビジネスプロセスを合理化し、問題をリアルタイムに、または予知保全のために前もって企業に警告します。

しかし、IIoTで作成されたデータはパズルの1ピースに過ぎません。シミュレーションがなければ、IIoTの接続によって得られるデータの多くは無駄になってしまいます。シミュレーションがあれば、IIoTを動かすシステムを構築し、IIoTのデータを使って物理アセットのデジタルツインを作成することができます。これにより、システムをよりよく理解し、問題や故障を予測し、プロセスを最適化して生産時間やコストを改善することができます。

  • Check icon outline
    ダウンタイムの最小化
  • Check icon outline
    実世界のデータの取得と分析
  • Check icon outline
    実装前のテスト修理
  • Check icon outline
    製品性能の確実な予測
2020-11-iiot-virtual-car.jpg

IIoTでビジネスのポテンシャルを最大限に引き出す

iiot ロボットアーム ホワイト

デジタルツインの作成と監視

導入された製品に接続されたセンサーやアクチュエータからのデータを用いてデジタルツインを作成し、最適化のための分析を行うことができます。

コスト削減

仮想的なソリューションテストと、導入された製品のリアルタイムの状態を正確に把握することで、不要なダウンタイムや無駄な資材を削減することができます。

予知保全

デジタルツインのデータは、定期的なメンテナンスのスケジュールを補強し、問題が発生する前に正確に予測することを可能にします。

エッジとエンタープライズをつなぐ

現場のスマートデバイスは、過去の平均値ではなく、現在のデータに基づいてシステム全体を監視することができます。

概要

モノのインターネットは、相互に接続された製品、デバイス、システムの驚異的に複雑なアンサンブルを表しています。システム内の各コンポーネントやサブコンポーネントは、他のすべてのコンポーネントに影響を与え、また影響を受けています。コスト効率の良いタイムリーな開発を実現するために、IIoT製品のエンジニアリングを成功させるには、アンテナ設計と配置、チップパッケージシステム開発、パワーエレクトロニクス、電磁干渉/互換性(EMI/EMC)、電子機器の信頼性およびバッテリーシミュレーションなどの多数のアプリケーションに依存する必要があります。

アンテナの設計と配置

アンテナの設計と配置

アンテナの設計とシステム全体との相互作用に関する電磁界シミュレーションにより、アンテナの配置、EMI/コサイト干渉などを評価できます。

チップパッケージ

チップ-パッケージ-システム

Ansysの完全なPCB設計ソリューションによって、PCB、IC、パッケージをシミュレーションし、システム全体を正確に評価できます。

Power electronics systems

パワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクスシステムは複雑です。シミュレーションは、高度な設計上の課題を効率的に解決し、性能を向上させ、イノベーションを推進するためのツールを提供します。

バッテリーシミュレーション

バッテリーシミュレーション

Ansysのバッテリーモデリング/シミュレーションソリューションは、マルチフィジックスを活用して、バッテリーの性能と安全性を最大限に引き出しながら、コストとテスト時間を削減することができます。

電磁干渉/互換性(EMI/EMC)

電磁干渉/互換性(EMI/EMC)

シミュレーションにより電磁波を最小化することで、マイクロチップレベルまで高性能で、コンプライアンスと安全性に優れたエレクトロニクスシステムを実現します。

エレクトロニクスの信頼性

エレクトロニクスの信頼性

Ansysの統合エレクトロニクス信頼性ツールにより、熱、電気、機械に関連する信頼性の最大の課題を解決する方法を学びます。

デジタルツイン:ビジョンを実現するために

2020-11-iiot-automation.jpg

デジタルツインは、石油・ガス、自動車、航空宇宙・防衛などの産業において、メーカーのビジネスのあり方を大きく変える可能性を秘めています

デジタルツインという考え方が定着して以来、その潜在的なメリットは明らかです。デジタルツインは、予知保全によるダウンタイムの最小化またはゼロ化、人件費の削減、膨大で複雑な実世界データに基づく次世代技術開発のための新しい知見を意味します。残念ながら、これまでその導入はほとんど不可能でした。しかし、最新のシミュレーションソリューションがついにその障壁を乗り越え、デジタルツインのビジョンを現実のものにしました。

即時のコスト削減と将来に向けての十分な意思決定の両方において、膨大なメリットがあるため、明日の業界のリーダーは、この画期的なテクノロジーを今すぐ導入する人たちでしょう。デジタルツインテクノロジーを導入した企業は、今後何年にもわたって業界の最前線に立ち続けることができる投資なのです。

デジタルツインでIIoTを倍増

デジタルツインは、導入する企業にとって大きなコスト削減につながりますが、そのメリットはそれだけではありません。デジタルツインは、新たな収益源を開拓し、ビジネスを活性化させることも可能です。

2020-11-digital-twins-automation-11.jpg
8億ドルの保証コスト削減

予知保全を行うことで、お客様からの保証クレームを大幅に減らすことができます。

メーカーは、予知保全を利用してオペレーションを最適化し、保証や保険請求を減らすことができます。一部のメーカーは、製品収益の3%もの削減を実現しています。

2020-11-digital-twins-turbine-simulation.jpg
20%のコスト削減

IIoTプラットフォームにデジタルツインを導入することで、メンテナンスコストを削減することができます。

デジタルツインとペアリングされたIIoT接続デバイスが現場に設置されると、生涯メンテナンスコストを20%削減することができます。

2020-11-digital-twins-automation-12.jpg
10-25%のマージンアップ

デジタルツインは、高価値のサービス提供という形で新たな収益源を生み出します。

調査によると、 新品の機器のマージンがわずか10%であるのに対し、アフターサービスには平均25%のマージンを示しています。

Ansysの専門家

イベント情報

Webinar icon block
エンドツーエンドのワークフローでデジタルツインを構築する

このウェビナーでは、Ansys Twin Builderのユニークなワークフローにより、実際の産業アプリケーションでシミュレーションベースのデジタルツインを構築、検証、デプロイする方法を紹介します。

Webinar icon block
Ansys optiSLangによるデジタルツインの3Dフィールドメタモデル

このウェビナーでは、Ansys optiSLangの次数低減モデリングにおける機能の概要を説明します。

Webinar icon block
シミュレーションの民主化とDigital Twinsのための次数低減モデル (ROM)

このウェビナーでは、一連のROMを作成するためのワークフローを紹介します。これらの例は、オペレーターやシミュレーションの専門家でなくても、精度を落とすことなく数秒で「what-if」分析を行うためにROMを使用する方法を紹介します。

リソース

Webinar icon block

シミュレーションとデジタルスレッドの接続

このウェビナーでは、Arasプラットフォーム上に構築されたAnsys Minervaが、コラボレーション、可視化、トレーサビリティなどの多くの課題や、ガバナンス、生産性、再利用、ベストプラクティスの全社的な展開などのビジネス課題をいかに軽減することができるかを紹介します。

カメラ

モノのインターネットを成功させるための7つの重要なアプリケーション

モノのインターネットとそれを実現する製品やデバイスは、巨大なデータセンターからチップ上の小さなはんだボールまで、あらゆるもので構成されており、非常に複雑なものとなっています。各コンポーネントやサブコンポーネントは、他のコンポーネントやそれぞれが動作する環境の影響を受けています。IIoT製品のコスト効率とタイムリーな開発には、シミュレーションを活用した7つのアプリケーションが欠かせません。

カメラ

SkyCell社、IIoTで人命を救う

SkyCell 社は、世界中にワクチンを輸送するためのスマートで耐久性のある航空貨物コンテナを設計、作成、管理しています。このコンテナは特注の素材で作られており、人間が直接管理する必要がなく、自分で温度をコントロールし、リアルタイムで位置を報告します。SkyCell 社では、Ansys HFSS、Ansys CFD、Ansys Mechanical を使用して、IoT(Internet of Things)コンポーネントの全体像、空気とエネルギーの流れ、コンテナの構造的完全性をシミュレーションしています。

ホワイトペーパー

記事

2020-12-white-paper-icon-block.jpg
White Paper

エッジコンピューティング:デジタルツインを新たにサポート

デジタルツインは、ここ数年の技術開発の中で最もエキサイティングなものの一つです。物理的な製品の仮想モデルを作成し、その動作をリアルタイムでシミュレーションすることで、企業はメンテナンスを最適化し、重要なメンテナンスイベントを予測し、実際のパフォーマンスのフィードバックを通じてイノベーションを促進することができます。

ビデオ

ブログ

Blog icon block
by:SAMEER KHER

Ansysとマイクロソフト、デジタルツインのユーザーエクスペリエンス向上に向けて協業

エンジニアは、自分たちが設計した製品、サービス、システムを継続的に改善することが仕事です。しかし、いったん製品が現場に出てしまうと、その設計がどのように機能しているのか、あるいはどのように使われているのかを知ることは困難です。デジタルツインとIoT(Internet of Things)技術を組み合わせることで、エンジニアは製品の実性能をより正確に把握することができます。

Blog icon block
by:JAMIE GOOCH

デジタルツインの作り方

1917年、Joseph Strauss氏、Leon Moisseiff氏、Charles Alton Ellis氏がサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを設計したとき、彼らはこの橋が世界的に有名な橋になることを予見していたのではないでしょうか。1937年の開通時には、世界で最も長く、最も高い吊り橋となっていたのですから。しかし、Ozen Engineering 社のエンジニアは、Ansys ソフトウェアの助けを借りて、この橋のデジタルツインを作成したのです。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像