Skip to Main Content

構造
構造解析ソフトウェアソリューション

構造解析ソフトウェア

Ansysは、あらゆるレベルのエンジニアが複雑な構造工学の問題をより速く、より効率的に解決できる構造解析ソフトウェアソリューションを提供しています。Ansysの一連のツールを使用することで、エンジニアは有限要素法解析(FEA)の実行、構造力学上の課題に対するソリューションのカスタマイズと自動化、複数の設計シナリオの解析を行うことができます。設計サイクルの初期段階で当社のソフトウェアを使用することで、企業はコストを削減し、設計サイクルの回数を減らし、製品をより早く市場に投入することができます。

Sherlock 無料トライアル

Sherlock 無料トライアル

電子機器の部品、基板、システムレベルでの寿命を、設計の初期段階で迅速かつ正確に予測します。

Ansysの構造解析

ハイレベルな機能

包括的な構造解析ツール群により、エンジニアは衝突、落下、振動、衝撃と貫通、粉砕と崩壊、乗員の安全、伝熱、はんだ疲労、反復荷重などをシミュレーションすることができます。さまざまなアプリケーションや製品との統合が可能な Ansys の構造解析は、製品の困難な課題を解決するのに役立ちます。


2021-01-mechanical-ob-ui

Cloud-based Engineering Simulation

optiSLang プロセス

Variation analysis and simulation orchestration

Ansys 構造解析ハイレベル

構造

2022 R1では、新製品であるAnsys Formingがリリースされました。Ansys Forming は、LS-DYNA ソルバーのスピードと精度を活用して、シートメタル成形プロセスのすべてのステップをデジタルで設計、検証するために構築されたオールインワンの成形シミュレーションソフトウェアです。

  • Ansys Mechanical に搭載された新しい NVH(Noise, Vibration, and Harshness)ツールキットにより、試験データとシミュレーションデータの相関性を高めることができます。ユーザーは、物理的な試験データを簡単に読み取って、モーダル保証基準(MAC)を計算し、シミュレーションデータと物理的な試験データを比較することができます。
  • Sherlockの高忠実度PCBモデルをAnsys AEDT Icepakにエクスポートして熱解析シミュレーションを行うことで、PCBの熱性能に関するさらなる知見を得ることができます。
  • LS-DYNAソルバーは、専用のIsogeometric Analysis(IGA)、先進の新素材、マルチフィジックスアプリケーション向け材料構成則など、多くの分野で新機能を追加し続けており、これらの機能は、バッテリーのAbuse解析や電気生理学などに利用することができます。

付加製造技術(ADDITIVE)

Ansys 2022 R1 では、Additive Manufacturing(付加製造技術)ユーザー向けのツールセットを引き続き拡充し、設計、シミュレーション、製造のワークフローを効率化することができます。さらに、Ansys Mechanical ユーザーは、金属粉末床溶融結合(PBF)、指向性エネルギー堆積法(DED)、金属バインダージェッティングのプロセスシミュレーションを通じて、造形エラーのリスクを特定して最小限に抑え、高品質なパーツを確保することができます。

  • DED(Directed Energy Deposition)でワークフローを効率化 - Ansys Additive PortfolioにDEDプロセスシミュレーションを導入し、マクロレベルの温度歪みや応力を予測する機能を提供することで、製造不良を防ぎ、部品の向きや製造順序を含むAdditive Manufacturingの設計を改善するためのトレンドデータを提供します。
  • 粉末床溶融結合(PBF)プロセスシミュレーションの継続的な改善 - スキャンパターンシミュレーションのひずみ生成速度が2倍になり、さらに材料ライブラリが拡張されました。
  • ワークフローの速度向上 - ソルバーの完全スレッド化、マルチプラットフォームのAdditive Wizardのサポート、Ansys Mechanicalのパラメトリック設計言語(MAPDL)ソルバーの強化、そしてAnsys Additive ProductsからAnsys WorkbenchおよびAnsys Mechanicalへのシームレスな移行が可能になりました。

音響

2022 R1では、「Ansys VRXperience Sound」は「Ansys Sound」に正式名称を変更します。このリリースでは、以下のようなユーザーのための音質とデザインの改善に焦点を当てています。

  • ISO 532-1規格のカラーマップ表示により、ユーザーは時間(または回転数)と周波数をすぐに確認でき、最終的にノイズの不快感を軽減することができます。
  • 完全にリリースされたFRF(Frequency Response Function)機能では、周波数応答を推定し、受信機でのノイズの影響を最小限に抑えることで、システムの伝達関数を特徴づけることができます。その結果をFluentに転送し、シミュレーション結果をフィルタリングすることで、よりロバストな解析を行うことができます。
  • 音響性能を最適化し、騒音を低減するために、表示順に計算できる音質指標とそのレベルを切り替える機能を備えています。この機能は、特に回転機械を扱うお客様にとって興味深いものです。

ウェビナー

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: Ansys Mechanical Update

2022 R1 brings new capabilities to Ansys Mechanical while offering users more flexibility, robustness, and ease of use. In this webinar, we will review the major features in Ansys Mechanical 2022 R1, as well as provide a live demo of some of our latest enhancements.

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: LS-DYNA Update

Discover the latest product updates in Ansys LS-DYNA, including improved integration with Ansys Mechanical, more flexible restarts, enhanced material data for automotive foams, and new features for iso-geometric analysis and smoothed particle hydrodynamics, among others.

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: Ansys Forming Updates

Be sure to register for Ansys Forming webinar for 2022 R1. We’re introducing Ansys Forming product which simulates metal stamping tasks from start to finish, allowing you define multi-step process quickly, easily and accurately.

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: Ansys Motion Update

Ansys Motion 2022 R1 release includes new and exciting enhancements. Join this webinar to learn how Ansys Motion takes simulation to the next level.

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: Electronics Reliability Update

Learn about the latest advancements and new tool integrations in Ansys Electronics Reliability solutions.

2022 R1 Sound

Ansys 2022 R1: Ansys Sound Update

In release 2022 R1, Ansys Sound continues to drive innovation, and during this webinar, we'll walk you through these significant capabilities of 2022 R1.

Webinar icon block

Ansys 2022 R1: Ansys Additive Update

Ansys 2022 R1 continues to expand toolsets for Additive Manufacturing users, streamlining your workflows  among design, simulation, and manufacturing.

 

機能

複雑で多様な設計環境に容易に対応できます。さまざまな解析ツールにより、目標とする性能を満たし、長期にわたって持ちこたえられる製品を開発することができます。

この機能には、Ansys CFD 製品、最適化ソリューション、外部 CAD システムなど、他の Ansys 製品への接続も含まれています。

機械的な負荷、熱応力、ボルトの張力、圧力条件、回転加速度などは、材料や設計に必要な強度を決定する要因のほんの一部に過ぎません。当社の製品は、設計が使用される際に発生する負荷に必要な強度を予測することで、製品の実現性と安全性を確保します。

耐久性や疲労に大きな影響を与え、耐用年数の短縮につながります。製品や部品の挙動を予測するためには、ブレーキ鳴き、地震、輸送、音響・高調波負荷などの現象による振動に対して、設計がどのように反応するかを理解する必要があります。構造シミュレーションは、このような理解を提供し、最も困難な振動の課題を克服するのに役立ちます。

対流、輻射、伝導による負荷は当然ですが、電力損失の影響や、摩擦やパイプの流れなどの外部からの熱エネルギーを含める必要があるため、解析者は熱モデルを正確にシミュレーションするために、より多くのツールを自由に使えるようにする必要があります。

疲労解析や寿命解析は、このような製品の耐久性に関する知識を構築するための重要な手段です。

落下試験は、衝撃解析の理想的な候補です。これらの衝撃解析プログラムは、2つ以上の衝突する物体間の力と、その結果として生じる変形や損傷を計算します。

これにより、モデル上のサポートや荷重の位置を指定し、ソフトウェアに設計空間を探索させることができます。例えば、構造物の軽量化、CAD形状の迅速な抽出、Additive Manufacturing(付加製造技術)のためのデザインやプロセスパラメータの探索などが容易に行えます。

例えば、地上車両のサスペンションアセンブリ、製造工程のロボットマニピュレーター、電気駆動系のギアシステムなどが挙げられます。これらのシステムの動きをシミュレーションすることで、動作時に発生する動的な負荷の範囲における性能を把握することができます。

このような構造物の設計要件は、従来の陸上構造物とは大きく異なる場合があります。このような構造物の設計では、荷重とその影響をシミュレーションすることが必要です。Ansysは、このような荷重条件や応答を再現できる機能を、幅広いアプリケーションに提供しています。Ansysでは、トラス型構造物の簡略化されたモデルから、流体負荷環境のあらゆる側面を含む高忠実度のシミュレーションまで、特定のアプリケーションに応じて異なる要件に対応するソリューションを用意しています。

炭素繊維のような複合材料は、航空宇宙や自動車の分野で一般的に使用されていますが、エネルギー、スポーツ、建築、海洋などの分野でも使用される機会が増えています。しかし、その複合材料の性質から、正確なシミュレーションが課題となっています。Ansysでは、この課題を克服するためのツール群を提供しています。

この包括的なソリューションは、付加製造技術のための設計(DfAM)から、検証、プリント設計、プロセスシミュレーション、材料分析まで、ワークフロー全体をカバーしています。

Ansysのポートフォリオ全体では、電磁力、構造力、流体力、熱力の影響を複合的に見ています。その結果、製品の性能をより高い精度で予測し、物理ソリューション間でのシームレスなデータ転送を実現します。

2020-12-fluids-cfx-key-feature.jpg

ターボ機械

Ansysの回転機械シミュレーションは、効率性、安全性、耐久性を向上させ、ファン、ポンプ、コンプレッサの設計を改善するのに役立ちます。

Ansys電動モータ

電動モータ

Ansysの電動モータ設計ソフトウェアは、モータの概念設計から詳細な電磁界、熱、構造解析まで実施可能です。

2021-01-mechanical-thermal-stress.jpg

エレクトロニクスの信頼性

Ansysの統合エレクトロニクス信頼性ツールが、熱的、電気的、機械的信頼性に関する最大の課題の解決にどのように役立つかをご紹介します。

Ansys Motion ドライブトレイン

注目のウェビナー

On Demand Webinar
Ansys ウェビナー
Ansys LS-DYNAでのバッテリークラッシュシミュレーション

このウェビナーでは、通常の動作条件や酷使される条件でのバッテリーの挙動を理解し、Ansys LS-DYNAを用いてバッテリー設計を最適化することができます。

On Demand Webinar
Ansys ウェビナー
Ansys SHERLOCKを用いた電子機器の信頼性

このウェビナーでは、自動設計解析ソフトウェア Ansys Sherlock をご紹介します。

Webinar Series
軽量化ウェビナーシリーズ
軽量化ウェビナーシリーズ

このウェビナーシリーズでは、お客様の困難な航空宇宙エンジニアリングの問題を解決するための、当社の軽量化に関する機能に焦点を当てています。

Webinar Series
Mechanical Composites ウェビナーシリーズ
コンポジットウェビナーシリーズ

複合材の製造、設計、解析の間のギャップを埋める。

Webinar icon block
Ansys Mechanical:CAD組込み型FEAツールの枠を超えたFEA機能の拡張

このウェビナーでは、組込み型FEAシミュレーションでは対応できないアプリケーションの概要をご紹介します。

Webinar icon block
ANSYS SIwave、Icepak、Mechanical、SherlockによるPCBの電気的・熱的信頼性解析

このウェビナーでは、Ansys SIwave、Ansys Icepak、Ansys Mechanical、Ansys Sherlockを包括的なマルチフィジックスソリューションとして活用し、PCBの信頼性を最適化する方法をご紹介します。



&ホワイトペーパー記事

Ansys ホワイトペーパー:Mechanical
White Paper

熱-機械疲労

このホワイトペーパーでは、熱機械疲労(TMF)とAnsysの最新の非線形材料モデルについて紹介しています。


ビデオ


Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像