Skip to Main Content

Ansys PowerArtist
RTL電力の解析、プロファイル、削減

PowerArtist は、設計フローの初期段階で電力効率の高い設計を可能にする最も包括的な機能を備えた、業界をリードするRTL電力解析および削減ソフトウェアです。

解析、デバッグ、削減

包括的なRTL電力解析および削減プラットフォーム

Ansys PowerArtist は、早期の電力解析と削減のために、主要な低消費電力半導体メーカーが選択できる包括的なRTL設計電力プラットフォームです。PowerArtist には、物理特性を考慮したRTL電力の精度、インタラクティブな電力デバッグ、解析に基づく電力削減、電力効率とベクトルカバレッジを追跡するための独自の指標、実際のワークロードの迅速な電力プロファイリング、およびRTLから物理的な電源グリッドインテグリティのシームレスなイネーブル化が含まれます。

  • 物理特性を考慮したRTL電力解析
    物理特性を考慮したRTL電力解析
  • RTL電力削減の自動化
    RTL電力削減の自動化
  • インタラクティブな電力デバッグ
    インタラクティブな電力デバッグ
  • 長期のベクトルプロファイリングとカバレッジ
    長期のベクトルプロファイリングとカバレッジ
包括的なRTL電力解析および削減プラットフォーム

主な機能

PowerArtist独自の物理特性を考慮したモデリングにより、予測可能なRTL電力の精度と迅速な所要時間を実現し、大手半導体企業が確実に早期の意思決定を行うことができます。合成後の消費電力の解析が遅すぎます。設計チームは、PowerArtist を使用して、消費電力を削減し、設計における非効率的なRTLコードと無駄なトグルを特定し、数百万サイクルを迅速にプロファイルしています。

  • RTL電力解析
  • グラフィカル電力デバッグ
  • RTLグリッチ電力
  • エミュレータインターフェース
  • 物理特性を考慮したPACEモデル
  • データベースクエリインターフェース
  • ベクトルカバレッジスコア解析
  • ガイド付き自動RTL書き換え
  • RTL電力削減
  • 電力効率指標
  • 実際のアプリケーションの電力プロファイリング
  • 早期の電力グリッドインテグリティ

AMDでのプロセッサの消費電力とパフォーマンスの最適化

AMDはRTLの電力回帰手法を使用して、プロセッサ設計の消費電力を大幅に削減しました。

2021-01-power-artist-design-for-power.jpg

早期のRTL電力解析では、ゲートレベルよりも10倍高速な電源投入時間により大幅な電力削減を実現し、通常の電力回帰で電力のチェックを維持できます。

電力効率は、半導体設計において最も重要な考慮事項です。モバイルおよびCPUからネットワーキングおよび自動車用ICまでのアプリケーションに携わるRTL設計者は、Ansys PowerArtist を使用して開発サイクルの早い段階で消費電力を解析および削減し、最高の影響を与えます。従来のゲートレベル手法と比較して、PowerArtist は数百万のインスタンス設計を迅速に処理し、早期の電力関連設計の決定を可能にします。PowerArtistの一貫した正確な技術は、解析だけでなく、物理的な実装効果の独自のモデリングによって削減機会を自動的に特定することもできます。

RTLの設計者(特にPowerを初めて使用する設計者)は、PowerArtistのGUIを使用して、簡単かつ効率的に電力ホットスポットをデバッグできます。

PowerArtist は、業界最速の電力プロファイリング機能を提供します。これにより、数十ミリ秒の実アプリケーションのアクティビティを数時間で解析できます。従来のアプローチよりも数桁高速です。エミュレータによる効率的なアクティビティ転送インターフェースにより、数百万のRTLアクティビティサイクルの高速ストリーミングが可能になります。新しいベクトル解析スコアベクトルにより、テストベンチの不足を特定し、最小サイクルで最大のカバレッジを得るためにベクトルをランク付けすることでIRフローを有効にすることができます。

PCB、ICs& ICパッケージ

PCB、ICs& ICパッケージ

Ansysの完全なPCB設計ソリューションにより、PCB、IC、パッケージのシミュレーションを行い、システム全体を正確に評価することができます。

2021-01-power-artist-applications.jpg

包括的なRTL設計電力プラットフォームにより、チップの消費電力を解析、デバッグ、削減

Ansys PowerArtist は、数百万のインスタンス設計を迅速に処理し、早期の電力関連設計の決定を可能にします。クロックツリーおよびメッシュネットワーク、ワイヤキャパシタンス、グリッチなど、物理的な実装の独自のモデリングにより、一貫したRTL電力精度を実現します。また、この技術は、クロックネットワーク、データパス、メモリ全体のブロックおよびインスタンスレベルでの削減機会を特定します。設計者は、強力なGUIを使用して、電力ホットスポットを簡単かつ効率的にデバッグできます。PowerArtist は、電力プロファイリングと効率的なエミュレータインターフェースを提供し、数十ミリ秒単位で構成される実際のアプリケーションのアクティビティを数時間で解析します。RedHawk-SC と組み合わせることで、シームレスなRTLから物理的な電源供給ネットワークの計画とサインオフが可能になります。

 

主な機能

エミュレータから実際のアクティビティをプロファイルする能力を備えた包括的なRTL電力解析および削減プラットフォームです。

  • 物理特性を考慮したRTL電力バジェッティング
  • 包括的な電力解析と調査
  • 解析主導の電力削減の自動化
  • 実際のアプリケーションの電力プロファイリング
  • 電力効率指標に基づく回帰
  • RTL主導電源グリッドインテグリティ
  • 電力カバレッジベクトルスコア解析

クロック分配やワイヤキャパシタンスなどの物理的な影響をモデル化し、ポストレイアウトと比較してRTLの電力ナンバーを一定にする独自のPowerArtist PACE™技術により、信頼性の高い設計を早期に決定できます。

強力なグラフィカルインターフェースとデータベースへの包括的なカスタムクエリを使用して、電力ホットスポットを特定し、その根本原因をインタラクティブにデバッグします。

量産実績のある基礎的な消費電力解析テクノロジーに基づく、影響力の高いブロックレベルおよびインスタンスレベルのRTL手法により、クロック、メモリー、およびロジック消費電力を削減します。

システムアプリケーションレベルのアクティビティシナリオ(OSの起動、大幅な高速化など)のRTL電力プロファイルを生成し、遅延やコストのかかる予期せぬ事態を回避します。

設計開発サイクル全体を通じて電力および電力効率指標を定期的かつ厳格に監視することで、電力のクリープを防止します。

強力なスコアリング指標によって特定された重要な電力サイクルに焦点を当て、RTL電力モデルを使用して早期の電源グリッドプロトタイピングを実行することで、RedHawk-SC のサインオフカバレッジを拡大します。

Ansysソフトウェアにアクセスできます

障害を持つユーザーを含め、すべてのユーザーが当社の製品にアクセスできることはAnsysにとって非常に重要です。そのため、US Access Board(508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像