Share:
ANSYS PowerArtist

ANSYS PowerArtist

包括的なRTL低電力設計プラットフォーム:解析、デバッグ、削減

ANSYS PowerArtistは、大手低電力半導体設計企業が初期RTL電力解析および低減に採用している、包括的な低電力設計プラットフォームです。PowerArtistをご利用いただくと、フィジカルを意識したRTL電力バジェティング、対話式デバッグ、解析主導の低減、効率リグレッション、およびライブアプリケーションのプロファイリングを実行できるとともに、RTLからフィジカル方式までシームレスな、電力グリッドインテグリティも実現します。

半導体の設計において、電力効率は最重要事項です。モバイルからCPU、ネットワーキング、自動車用ICまで、さまざまなアプリケーションに取り組むRTL設計者は、ANSYS PowerArtistを利用して、開発サイクルの初期に電力を解析して低減し、最大限の効果が発揮されるようにできます。従来のゲートレベル方式と比較して、PowerArtistは数百万インスタンスの設計で高速ターンアラウンドが得られ、初期段階で電力関連の設計を決定することができます。このような初期設計の決定を信頼できるものにするために、PACE(PowerArtist Calibration and Estimation)テクノロジーがクロックツリー/メッシュネットワーク、配線キャパシタンス、グリッチを含め、フィジカル実装のユニークなモデル化によって、一貫性のあるRTL電力精度を提供し、低減機会を明らかにします。

PowerArtistは、クロックネットワーク、データ経路、およびメモリアーキテクチャにわたって、ブロックおよびインスタンスレベルのシーケンシャルおよびコンビネーショナル電力低減機会を自動的に特定し、挑戦的な電力ターゲットを達成できるようにします。RTL設計者(特に電力に詳しくない人)は、強力な対話式グラフィカルデバッグ環境を使用し、電力のパワースポットを容易かつ効率的にデバッグできます。PowerArtistのクロックゲートと電力効率指標、カスタムクエリーに対応するTCLインターフェースにより、リグレッション方式で電力を正確に追跡できます。

PowerArtistは、業界最高速の電力プロファイリング機能を提供します。これは、数十ミリ秒からなるライブアプリケーションの活動を数時間で解析でき、従来のアプローチより非常に高速です。さらに、エミュレーターを使用する、PowerArtistの活動ストリーミングおよび臨界信号インターフェースが電力供給の所要時間を大幅に短縮します。数百万のRTL活動サイクルから電力に重要なサブセットを素早く分離することによって、PowerArtistはANSYS RedHawkと接続し、RTLからフィジカルまでのシームレスな電力供給方式を提供するユニークなRTL電力モデルを作成します。これにより、初期電力供給網計画の作成とサインオフが可能です。

Capabilities

フィジカルを意識したRTLパワーバジェッティング

クロック分配などの物理的硬化をモデル化する、ユニークなPowerArtist PACE™テクノロジーによって、初期段階で信頼できる設計の決定が可能になり、レイアウト後に対して一貫性のあるRTL電力の値が得られます。

Physically-Aware RTL Power Budgeting
包括的な電力解析と探索

直観的なグラフィカルインターフェースと強力なTCLインターフェースによるデータベースのカスタムクエリーを使用して、電力のホットスポットを特定し、その根本原因を迅速にデバッグできます。

Comprehensive Power Analysis and Exploration
解析主導の自動電力低減

本稼働で実証された基盤電力解析テクノロジーに基づく、効果の大きいブロックレベルおよびインスタンスレベルのRTL技法によって、クロック、メモリ、およびロジックの電力を低減します。

Analysis-Driven Automated Power Reduction
実際のアプリケーションの電力プロファイリングおよびバジェティング

OSの起動など、システムアプリケーションレベルの活動シナリオについて、RTL電力プロファイルを作成し、優れた高速性を実現するとともに、あとで予想外のコストに驚く事態を回避できるようにします。

Power Profiling and Budgeting for Real Applications
電力効率指標に基づくリグレッション

設計開発サイクルの全体を通じて、電力と電力効率指標を定期的かつ厳密に監視することによって、パワークリープを防止します。

Regressions Based on Power Efficiency Metrics
RTL主導の電力グリッドインテグリティ

クおよびdi/dtサイクルに集中することによって、初期電力グリッドプロトタイピングを実行し、サインオフの範囲を拡大します。

RTL-Driven Power Grid Integrity

See how our customers are using our software:

AMD

プロセッサの電力性能比の最適化:AMD

このウェビナーでは、プロセッサ設計の電力消費を大幅に低減することができた、AMDのRTL電力リグレッション方式を重点的に扱います。複数の帯域幅シナリオで電力を厳密に追跡した結果、待機電力が70%低減され、電力帯域幅の傾斜が400%改善されました。 View Webinar
Qualcomm webinar on gaming

Differential Energy Analysis for Improved Performance/Watt in Mobile GPU: Qualcomm

In this webinar, Qualcomm will demonstrate its successful workflow based on a unique RTL methodology that applies differential energy analysis using ANSYS PowerArtist to identify opportunities for power optimization in its mobile GPUs. View Webinar
NXP

自動車の無線干渉の軽減:NXP

NXPでは、RTLでANSYS PowerArtistの低電力最適化を使用し、車載インフォテインメントアプリケーション用デジタルロジックの無線干渉が軽減したことを公開しています。 View Webinar