Skip to Main Content

Ansys optiSLang
プロセス統合および設計最適化 

パラメトリック設計スタディを実行し、設計をより深く理解するために、シミュレーションツールチェーンをオーケストレーションおよび自動化して、最先端の最適化アルゴリズムに接続します。 

より短時間でより優れた製品を開発

パラメトリック設計スタディを簡単に

Ansys optiSLangは、CAEベースのロバスト設計最適化(RDO: Robust Design Optimization)がもたらす課題に対する、常に進化し続ける最先端のソリューションです。最先端のアルゴリズムにより、最もロバストな設計構成を効率的かつ自動的に検索し、RDOを定義するために使用されていた時間のかかる手動プロセスを排除します。プロセス統合および設計最適化ソリューションとしてoptiSLangを使用すると、適切な意思決定をより迅速に行うことができます。

  • Check icon outline
    プロセスの自動化
  • Check icon outline
    最適化と不確かさの定量化
  • Check icon outline
    実験計画法と感度解析
  • Check icon outline
    Ansys Minervaとの統合

主な機能

インタラクティブな可視化とAIテクノロジーを使用して検索プロセスを自動化することで、最適でロバストな設計構成の検索を高速化します。設計探索、最適化、ロバスト性解析、信頼性解析のための最先端アルゴリズムにより、設計最適化ソフトウェアを使用して、より少ない労力でより良い意思決定を行うことができます。

  • プロセスの自動化
  • ロバストな設計
  • 次数低減モデリング
  • シミュレーションワークフローの構築
  • 実験計画法
  • CAxコネクタ
  • 最適化
  • モデル補正
  • Ansys Minervaとの統合

過酷な道路条件でのトラックマウントのマルチボディシミュレーション

Ansys optiSLangは、高速で費用対効果の高い測定可能な信号に基づいて荷重のシミュレーションを可能にし、コストのかかる走行テストを繰り返すことなく、ドライブトレイン構成の変更を効率的に評価できます。

2021-01-optislang-multi-body-case-study.jpg

過酷な道路条件でのトラックマウントのマルチボディシミュレーション

Ansys optiSLangは、高速で費用対効果の高い測定可能な信号に基づいて荷重のシミュレーションを可能にし、コストのかかる走行テストを繰り返すことなく、ドライブトレイン構成の変更を効率的に評価できます。

January 2023

What's New

In the 2023 R1 release, optiSLang comes packed with new capabilities that increase engineering productivity and accelerate innovation. Engineers can boost efficiency with 98% faster* design time and ‘one-click’ optimization using the latest algorithms in optiSLang. Users will also learn how to access optiSLang in Ansys Fluent now with 2023 R1 updates.

chart with gold cup
Speed up design time by 98%* (*vs. 2022 R1)

We've opened new horizons for optiSLang use with faster workflows that enable optimizations and reliability analysis with more parameters, loops, and designs. The power of optiSLang can help in more applications such as electrification and autonomous drive.

person clicking a mouse
New ‘one-click’ optimization

The new optimization algorithm results from the collaboration across our Design Optimization Team. This hybrid optimization strategy is an AI-assisted optimizer that automatically combines different optimization algorithms and MOP technology. Through this, it requires minimal user knowledge and interaction. While still enabling insightful use of data, it requires only one setting: How many design points do you want to run?

screenshot of ansys fluent
Now available in Ansys Fluent

Making optiSLang’s algorithms easily accessible in Ansys flagships solvers, you can now use Design of Experiments algorithms directly in Fluent. Plus, optiSLang’s concurrent licensing for parametric analysis can be used in Fluent. The “open in optiSLang” option enables more complex workflows, optimization in optiSLang, or analysis in optiSLang’s postprocessor.

最先端のAIとインタラクティブな可視化により、RDOプロセスを効率化および自動化

Ansys optiSLangは、ロバスト設計最適化プロセスの主要な要素を自動化するプロセス統合および設計最適化ソリューションです。optiSLangは、複数のCAxツールとさまざまな物理特性を接続して、最適化のためのホリスティックな多分野アプローチを実現します。さらに、シミュレーションプロセスを標準化して共有できるため、新入社員やシミュレーション初心者でもシミュレーションをすぐに利用できるようになります。この強力なツールセットを使用すると、エンジニアと設計者のチーム全体が設計をより深く完全に理解し、適切な意思決定を迅速に行うことができます。

2021-01-optislang-ai.jpg

 

主な機能

optiSLangは、さまざまなCAxプログラムとの統合をサポートし、重要なインサイトをより迅速に取得するための強力なRDOツールを提供します。

Ansys optiSLangは、仮想製品開発で使用される主要なCAEツールとのGUIでサポートされるバイナリインターフェースを提供します。その他のツールは、スクリプト記述、テキストベースのインターフェース、またはカスタム統合を介して接続できます。CAD、CAE、スクリプト記述、デスクトップアプリケーション、リポジトリ、データベース、社内ソルバーなどのツールもサポートされます。ハイパフォーマンスコンピューティングのさまざまな方法がサポートされることで、お使いのキューシステムまたはAnsysが提供する送信機能を使用してジョブを送信できます。どの環境を選択しても、optiSLangでは同じ設定とダイアログが提供されます。

CAEベースのパラメトリックスタディを成功させる鍵となるのは、プロセスの自動化と統合、そして可能な限り最適なパラメトリックシミュレーションモデルへのアクセスです。Ansysのグラフィカルユーザーインターフェースは、わかりやすいチャートとコントロールパネルを提供し、完全なワークフローへのアクセスとトレーサビリティを可能にします。 

シミュレーションは、製品とプロセス、特に複雑なものを理解するうえで大きな役割を果たします。パラメータベースのバリエーション解析により、変動の下で設計がどのように振る舞うのかを把握できます。多分野にわたる最適化タスクは、多くの場合、膨大な数の変数を必要とし、どこにフォーカスすべきかを知ることは困難です。optiSLangのアルゴリズムと相関解析は、最も顕著な変数を自動的に特定し、懸念すべき設計変数の数を減らします。また、プログラムの感度解析は、目的または可能な制約の選択や数に関して最適化タスクを適切に定式化するための基礎となり、最適な近似モデルをすばやく見つけるのに役立ちます。

次数低減モデリング — Ansys optiSLangは、特定の設計を予測するシミュレーションを実行するのにかかる時間よりも大幅に短い時間で、迅速なフィードバックとロバスト設計解析のためのメタモデルを作成します。

設計の最適化とパラメータの特定 — Ansys optiSLangの強力なアルゴリズムと自動化されたワークフローは、感度解析の初期段階に基づいて構築されており、ウィザードによる条件分岐ツリーを通じて、デフォルト設定で最適化ソルバーを推奨します。

 

マルチフィジックスシミュレーションと多分野にわたる最適化で連携を可能にするには、次に挙げるような、複数の反復的なタスクのワークフローの自動化とパブリッシュ、さらにはシミュレーションデータ管理が不可欠です。

  • 1つの分野の結果を、操作の次のステップへの入力として転送
  • ポスト処理ステップ、レポート、および結果を抽出
  • モデル生成タスク
  • 最適な設計を見つけるためのバリアント比較
  • 制約や目的を適応した後続の最適化の実行

これらの課題を解決する強力なソリューションは、Ansys optiSLangとAnsys Minervaの組み合わせです。

感度解析と同様に、ロバスト性解析は最も重要な散布変数を特定し、製品や状況に応じてロバスト性と信頼性を検証するための最適なアルゴリズムを選択するための条件分岐ツリーを提供します。これは、イベント確率が1,000分の1未満の高い安全要求または品質要件を満たす必要がある設計にとって重要です。信頼性解析では、限界を超える確率を定量化し、許容値よりも小さいことを証明できます。optiSLangの強力なアルゴリズムは、製品の品質を保証し、廃棄、リコール、訴訟のリスクを最小限に抑えます。

optiSLangのパッケージとライセンス

Ansys optiSLangライセンス

Ansys optiSLang PremiumおよびEnterpriseライセンスカテゴリーにより、ニーズに最適なライセンスを選択できます。Premiumでは、ユーザーは幅広いシミュレーションワークフローの自動化と最適化機能にアクセスできます。どのユーザーも、アプリの作成、AIを活用したメタモデリング、より多くの同時解析を行うためには、Enterpriseライセンスが必要です。

製品パッケージ

機能
 
Pro Premium Enterprise
設計調査      
古典的なDoE      
サンプリングと感度解析      
ロバスト設計最適化      
古典的なスカラーメタモデリング      
信頼性解析      
プロセス統合とワークフローオーケストレーション      
Ansysに組込み済み      
ワークフローの作成と自動化      
サードパーティ製ツールの統合      
アプリの生成      
高度なメタモデリングとAI/ML      
フィールドメタモデリング(信号、2D/3D)      
信号、2D/3DのUQ      
RD0のAI/ML      
同時ソルバーバリアントライセンス      
パラメトリック設計スタディのソルバーのバリエーション   +3 +7

optiSLangのリソースおよびイベント

注目のウェビナー

Webinar Series
optiSLangウェビナーシリーズ
Ansys optiSLangを使用したシミュレーションのオーケストレーションと最適化

Ansys optiSLangウェビナーシリーズ

これらのウェビナーでは、Ansys optiSLangのコア機能(感度解析、設計探索、最適化、ロバスト性解析、信頼性解析など)をさまざまなCAEツールのコンテキストで実証するための特定のアプリケーションについて検討します。


ケーススタディ

2020-12-case-study-icon-block.jpg

テニスラケットの仮想プロトタイピングの多様性

optiSLang®とAnsysを使用して、複数の入力パラメータと目的パラメータを用いてHEAD社テニスラケットのロバスト性評価と最適化を行います。

 

2020-12-case-study-icon-block.jpg

自動運転支援システムの安全性評価

統計的手法とソフトウェアインザループ(SIL)シミュレーションを組み合わせることで、先進運転支援システム(ADAS)の信頼性を解析できます。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

TMFパネル最適化

ArianeGroup社は、本格的なハードウェアテストに要する労力を軽減するために、シミュレーション手順を開発しました。optiSLangを使用して、Ariane 6(ヨーロッパ)の打ち上げ機の燃焼室の一部である設計とサイズを表す熱機械疲労(TMF)パネルのパラメータ同定と最適化が行われました。 

カメラ

信頼性解析手法を用いたADASの妥当性確認により、1シナリオあたりのシミュレーション回数を1000回に削減

Mercedes Benz社が、信頼性の高い先進運転支援システム(ADAS)の開発およびテストにAnsysのテクノロジーをどのように利用しているかをご紹介します。 

2020-12-case-study-icon-block.jpg

ベストプラクティス、最高の製品

40年以上にわたり、Ansysは世界中にクラス最高のエンジニアリングソフトウェアを提供してきました。現在、45,000を超える顧客企業の製品開発チームの成功を支えています。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

絶好の機会

ロバスト設計最適化により、幅広いアプリケーションで高品質のウィンドウメカニズムが保証されます。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

土木工学におけるCAEベースのRDOの応用事例:Ansys + HALFEN社

土木工学におけるCAEベースのRDOの応用事例をお読みください。 

2020-12-case-study-icon-block.jpg

未来のデジタル整形外科ワークショップにおける仮想環境での品質保証

仮想環境での医療認証という新たな分野では、個々にカスタマイズされた義肢などの人口装具に対する規制当局による承認プロセスをスピードアップするために、正確で信頼性の高いFEシミュレーションが必要です。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

オートバイ業界における継続的に強化された複合材料のロバスト最適化:Ansys + KTM社

KTM社では、Statistics on Structuresを使用して、生産および材料パラメータの散らばりを考慮し、自動車およびオートバイ業界で使用される軽量コンポーネントの設計フェーズを最適化します。

2020-12-case-study-icon-block.jpg

幾何学的な製造公差を考慮した低サイクル疲労の解析:Ansys + SIEMENS社

SIEMENS社は、Ansys、Statistics on Structures、Ansys optiSLangを使用して、幾何学的バリエーションや、ガスタービンハウジングの疲労挙動へのそれらの影響について確率論的解析を行います。


ホワイトペーパー & 記事

 

ホワイトペーパーのアイコン

鉄道車両のモデル補正

Ansys optiSLangを導入し、車体、台車、助手席システムを含むAlfa Pendular列車の数値モデルの補正を動的試験から推定した固有振動数とモーダル構成に基づいて行いました。

2020-12-white-paper-icon-block.jpg

意図した機能の安全性: Ansysを導入して、この新しい自動運転車向け規格を満たす方法

新しいSOTIF規格では、より高度なエンジニアリングが必要ですが、Ansysが役立ちます。Ansysは、安全分析およびエンジニアリングシミュレーションソリューションを幅広く提供しており、自動運転車開発チームは、初期段階から完璧なパフォーマンスを設計に組み込み、車両で走行する前にパフォーマンスを検証することができます。 


アクセシビリティに優れたAnsysソフトウェア

Ansysは、障がいを持つユーザーを含め、あらゆるユーザーが当社製品にアクセスできることはきわめて重要であると考えています。そのため、US Access Board(第508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像