ANSYSの信頼性エンジニアリングサービスは次のようにお客様を支援できます。

  • 潜在的な製品障害の可能性と、フィールドで発生する障害の根本原因を特定
  • 今後の障害発生を回避するための堅実な試験プランを作成
  • コンポーネントサプライヤーの評価
  • 正確なシミュレーションを行うための材料特性および形状の測定
  • 物理ラボラトリー環境におけるシミュレーションおよびモデリング結果の検証
  • 信頼性をめぐって時間的な制約のある問題の解決

このような信頼性サービスは、製品設計の迅速化、時間とコストの節約、顧客満足度の向上につながります。以下、ANSYSのサービスをご紹介します。

設計レビュー

優れた製品を開発するうえで、設計レビューは大変重要なステップです。設計レビューに対する信頼性物理に基づくアプローチを専門とするANSYSは、期限を厳守しながら予算内で信頼性の高い製品を開発するために必要なフィードバックを提供します。

詳細

シミュレーションおよびモデリング

ANSYSは強力なソフトウェアとオンサイト物理試験の組み合わせにより、業界をリードするターンキー方式のシミュレーションおよびモデリングサービスを提供します。ANSYSの物理試験ラボラトリーサービスでは、モデルを通じて信頼性の高い結果が得られるよう、シミュレーションの検証とチューニングを行っています。さらにANSYSのチームは、何をモデリングすべきか、どのようにモデリングするか、結果が何を意味するかについても指針を提供します。

詳細

加速寿命試験

障害メカニズムおよびユースケースを中心とする製品固有の信頼性試験をANSYSの信頼性チームが設計・実施し、結果を分析します。規格ベースの試験ラボとは違って、ANSYSのチームは試験を実行するだけではありません。お客様が試験結果を分析し、信頼性と耐久性の目標を達成するために必要な改善点を解明できるよう支援します。

詳細

障害解析

他社の追随を許さない、障害メカニズムの物理解析の専門性を備えたANSYSのチームが、エレクトロニクス製品の障害の根本原因を集中的に特定・排除します。20,000平方フィートのラボおよび試験施設を活用するANSYSのエキスパートチームが、障害発生の仕組みを把握したうえで、再発防止のための実際的な軽減戦略を策定します。

詳細

集積回路の信頼性

集積回路が過酷な環境で使われる場合、障害リスクの低減、IC信頼性の予測・検証をANSYSが支援します。信頼性および半導体物理の基盤に立脚したANSYSのチームが、シミュレーション試験と分解解析を使用して用途別の障害リスクを確認し、ICの信頼性を高める重要な要因を特定します。ANSYSのラボには、パイロット段階および実働段階の製品に発生したIC障害を機能的、電気的、物理的に検証するための各種ツールが完備しています。

詳細

バッテリーの信頼性

バッテリーの設計、製造、化学および物理に関して幅広い経験のあるANSYSが、用途に応じたバッテリーの信頼性、耐久性、安全性の目標達成を支援します。ANSYSのチームは設計レビュー、破壊評価、試験を通じて、製品にバッテリーを安全に組み込むために必要な情報を提供します。

詳細

教育およびトレーニング

信頼性物理の科学および応用に関するトレーニングを、お客様のニーズに応じて提供します。ANSYS信頼性エンジニアリングサービスチームが、電子コンポーネントのメーカーおよびユーザーを対象に、生産効率の改善、保証コストの削減、製品の信頼性・耐久性・安全性の向上につながる信頼性物理原則の応用方法について熱意を持って教育します。

詳細