有限要素法解析のフラグシップツール

ANSYS Mechanical Enterpriseは、ANSYS Mechanicalインターフェースを使用し、構造解析に有限要素法解析(FEA)を用いる、機械工学のフラッグシップソフトウェアソリューションです。非常に幅広いアプリケーションが含まれ、形状準備から最適化まで、また、その間のあらゆるステップをはじめ、必要なものがすべて揃います。Mechanical Enterpriseをご利用いただくと、オフショア水力学、層状複合体材料などの分野で、先端材料、複雑な環境荷重、および業界固有の要件をモデル化できます。

材料
超弾性、形状記憶合金、土壌、コンクリート、プラスチック、および金属構造のあらゆるものを対象とする、全範囲の材料モデルを正確にモデル化できます。必要に応じて、ユーザーが定義した材料モデルを追加することもできます。

Material Designerを使用すると、格子、繊維、織り方、またはユーザーが作成した形状に基づいた代表的な体積要素(RVE)を簡単に作成できるので、複雑な材料構造のマルチスケールモデリングが可能になります。

力学
Mechanical Enterpriseは、線形力学のモーダル、調波、スペクトル反応、事前応力によるランダム振動を含め、動的解析のあらゆるニーズに対応できます。また、先進的なソルバーオプションがあり、迅速な解決が可能です。過渡領域では、陰解法ソルバーと陽解法ソルバーのどちらも、時間に依存するシナリオをモデル化できます。Rigid Body Dynamics(剛体力学)機能により、機構を迅速に解決できます。Component Mode Synthesis(CMS、コンポーネントモード合成)パーツを組み込み、モデルに柔軟性を加えながら、シミュレーションの高速化を図ることもできます。

音響シミュレーションを実行すると、構造事前荷重を含めた、または含めない、システムの振動音響動作を理解できます。滝プロット(waterfall plot)を作成することによって、さまざまな周波数で結果を容易に理解することもできます。

その他の特長
Mechanical Enterpriseには、ワークフローをカスタマイズし、機能を追加し、シミュレーションプロセスを高速化するANSYS ACT、これまでで最短の時間で最善の回答が得られる最適化テクノロジーが組み込まれたANSYS DesignXplorerなどのツールがあります。ANSYS SpaceClaimを追加することによって、解析用の形状(ミッドサーフェシング、ビーム抽出、単純化)準備、プロトタイプモデルの作成、または設計変更時の形状操作を直感的かつ迅速に行うことができます。

シェア:

Ansys 2020 R2: Structures Update

Attend this webinar to learn how Ansys Mechanical offers enhanced intelligent and advanced nonlinear structural solvers, improved workflows and more.

Learn More