Skip to Main Content

Ansys AVxcelerate Sensors
自動運転車用センサーのテストと妥当性確認

Ansys AVxcelerateが備える現実的なセンサーテストと妥当性確認機能により、自動運転車、ADAS、センサーを物理プロトタイプよりも迅速にテストできます。

Ansys AVxcelerate Sensors

お使いの運転シミュレータを使用した現実に即した運転シナリオ

コストのかかる物理プロトタイプの必要性を減らし、設計プロセスを高速化するために、Ansys AVxcelerate Sensorsソリューションはセンサーを仮想的に体験して性能をテストおよび解析する機会を提供します。仮想世界では、現実的な運転シナリオを使用して、MiL、SiL、またはHiLコンテキストでのレーダー、LiDAR、カメラセンサーの認識を調査します。

  • 現実的な運転シナリオ
    現実的な運転シナリオ
  • HiL、MiL、SiLとの接続性
    HiL、MiL、SiLとの接続性
  • レーダー、LiDAR、カメラセンサー
    レーダー、LiDAR、カメラセンサー
Ansys AVxcelerate Sensors

主な機能

自動運転車のグラウンドトゥルース情報を使用した、物理場ベースの高忠実度センサーシミュレーションを提供します。現実的な運転シナリオの中で複数のセンサーシミュレーションを使用して、物理プロトタイプが期待どおりに動作するようにします。

  • 運転シナリオ
  • レーダーセンサー
  • HiLとの接続性
  • GPUレーダー
  • グラウンドトゥルースセンサー
  • マルチセンサーシミュレーション
  • MiLとの接続性
  • カメラセンサー
  • LiDARセンサー
  • SiLとの接続性

自動運転車の安全性の妥当性確認

統合されたシミュレーションシナリオにより、自動運転車を含む車両作成全体にわたって安全機能を迅速に確認し、改善することができます。

自動運転車は、センサーとソフトウェアを組み合わせて安全に制御、ナビゲート、運転を行います。プロトタイプ車両が実際の環境に対応できるようにするためには、非常に多様なテストケースでセンサーを設計する必要があります。

自動運転システムは、ローカライズ、認識、運動の計画と実行のためにセンサーと組込みソフトウェアを使用しています。それらが高いレベルの安全性を達成することが開発者によって実証された後にのみ、市場に出すことができます。 

今日のハンズオフ機能による自動運転システムは、ほとんどすべての運転状況に適切な判断を下すようにトレーニングできるディープラーニングアルゴリズムを使用して構築されています。しかし、これらのシステムには、民間航空機を制御するようなセーフティクリティカルなソフトウェアの妥当性を確認するためにこれまで使用されてきた詳細な要件とアーキテクチャがありません。ロードテストは明らかに開発プロセスの不可欠な部分ですが、自動運転システムとソフトウェアの安全性の妥当性確認を行うには、何十億マイルものロードテストが必要になります。シミュレーションは、自動運転車の動作の検証と妥当性確認を実用的な取り組みとして導入するうえで役立ちます。 

January 2023

What's New

The 2023 R1 release brings enhancements on all four fronts - pre & post-processing phase, sensors V&V (radar & lidar), backend processing platform, and seamless ecosystem integration into a third-party driving simulator. These innovations collectively contribute to a well-rounded, simplified, and streamlined user experience.

Learn More about Ansys
avx-customizable-pixel-segmentation-labelling-1.png
Customize Pixel Segmentation Labeling to Aid AI Training

Easily customize tags to identify assets via unique color mapping. Data tagging and labeling enabled by this feature immensely simplify and automate the AI training exercise by helping to compare the results with ground truth information quickly. 

generate-accurate-radar-signal.jpg
Generate Accurate Radar Signal to Inject Into Processing Algorithms

Users can now validate the robustness of their radar digital signal processing (DSP) by artificially inducing gain and noise in the radar sensor model to enhance the quality of simulation results that mimic real-world behavior.  

2021-05-ansys-rocky-multi-gpu.jpg
Create Scalable Sensor Simulations Distributed Across Nodes & GPUs

Simultaneously process the workload over multiple nodes & GPUs to significantly reduce the simulation runtime while isolating the sensor output and perception signals. 

AV Simulation R1 2023 Images & Graphics
Seamlessly Create a Physics-Based Track From IPG CarMaker

Users can ease the workflow and reduce the time between world creation and actual simulation. AVxcelerate now offers the capability to create a physics-based track from IPG CarMaker seamlessly- a road network creation tool with all optical and dielectric properties automatically applied to objects.

high-fidelity-physics-based-lidar.png
Use Custom Photodiode and Signal Processing to Optimize LiDAR Model

Users can challenge and optimize the signal processing of their LiDAR models in real-life conditions. Through an API, users can now customize their LiDAR models to simulate their output.

2021-01-fusa-window.jpg

自律システム開発

Ansysのシミュレーションを使用したモデルベースの安全性とサイバーセキュリティの評価は、自動運転システムの開発と認証を加速させるうえで役立ちます。

Autonomous vehicle sensor simulation including lidar, radar and camera design

自律センサー

Ansysは、LiDAR、レーダー、カメラの設計および開発を含む、包括的な自動運転車センサーシミュレーション機能を提供しています。

2020-11-ansys-stock-20201123_0076.jpg

現実に即したセンサーのテストと妥当性確認のための高性能シミュレーションソリューション

AVxcelerate Sensorsでは、IPG Automotive社のCarMakerまたはCarlaなど、お使いの運転シミュレータに認識、フュージョン、制御機能を接続することで、グラウンドトゥルースセンサー、カメラ、レーダー、LiDAR、超音波センサータイプのシミュレーションを容易に統合しながら、正確な出力を用いて複雑なADASシステムや自動運転車を仮想的に評価できるようになります。

 

主な機能

強力なレイトレーシング機能を活用して、センサーの振る舞いを再現し、専用のインターフェースを使用してセンサー出力を簡単に取得できます。

  • お使いの運転シミュレータを使用した運転シナリオ
  • レイキャスティングによる理想センサーモデル
  • カメラセンサー
  • LiDARセンサー
  • レーダーセンサー
  • HiL、SiL、MiLとの接続性 

シナリオでセンサーをテストするには、複数の車両を追加して、車両を追従したり、横切る車両の経路を同時に監視したりするなど、複雑な状況を作成します。シナリオ内の各車両は、静止または自動のいずれかに設定できるため、関心のある特定のポイントにおいて、または事前定義された経路に沿って評価できます。センサーシミュレーションは、車両固有の動的運動に従います。

落雷点や材料特性などのセンサーデータ出力、さらには位置、向き、速度、ハンドルなどの車両パラメータの入力または出力など、すべて利用可能です。複数のセンサーからのデータの一貫した組み合わせにより、シミュレーションを使用してスマートセンサーの振る舞いや、そのフュージョンアルゴリズムのモデルの妥当性を確認できます。決定論的モードとリアルタイムモードのどちらもサポートされています。

このソフトウェアでは、エッジケースの運転状況で実際のカメラモデルをシミュレーションできます。レンズシステム、イメージャ、プリプロセッサなど、カメラのすべてのコンポーネントのシミュレーションが可能です。車載前面カメラの場合、フロントガラスもシミュレーションで考慮されます。レンズシステムの光学特性、イメージャの光電子特性とともに、可視領域における環境の光学特性とスペクトル特性を考慮します。プラグインを追加することで、シミュレーションで動的アダプションを管理できます。カメラシミュレーションでは、未処理のイメージが作成されます。これらを使用して、モデルインザループ、ソフトウェアインザループ、ハードウェアインザループのいずれかとして認識アルゴリズムをテストし、妥当性を確認できます。 

強力なレイトレーシング機能を使用してセンサーの振る舞いを再現し、専用のインターフェースを使用してセンサーの結果を簡単に取得できます。赤外線エミッタの世界モデルでは、赤外線特性がモデル化されます(これは「赤外線エミッタが赤外線特性をモデル化するか?」という意味ですか?)。また、シミュレーションでは受信機の電子回路が考慮されており、未処理の信号(波形)から点群に出力できます。このソリューションは、リアルタイムでの運転中に仮想センサー情報を収集し、その情報を使用して自動操縦コードを開発する独自の方法を提供します。 

VRXPERIENCEのGPUレーダー機能は、1秒あたり30フレームを超えるフレームレートで、物理場ベースのレーダーシナリオシミュレーションをリアルタイムで完全に実行できます。シミュレーションでは、誘電体表面からのマルチバウンス反射と透過が考慮されます。マルチチャネルレーダーとMIMOレーダーは、GPUレーダー機能のリニアな拡張性を用いてシミュレーションできます。GPUレーダーの追加により、VRXPERIENCEはすべての主要センサー(カメラ、レーダー、LiDAR)の完全な物理場モデルを使用してADASおよび自律シナリオシミュレーションを実行できるようになりました。レーダーモデルから収集されたデータは、レーダーECUデジタル信号処理のアルゴリズムを効率的にシミュレーションするために使用され、エッジケースにおける車載レーダーの精度と堅牢性を迅速に向上させます。Ansys VRXPERIENCEには、誘電特性が定義されたオブジェクトのライブラリが付属しています。

モデルインザループ(MIL)とソフトウェアインザループ(SIL):オンプレミスとクラウド上の最先端のテストを活用して、大規模なシナリオのバリエーションを扱えます。無数の運転シナリオでパラメータを変化させて、認識性能を評価します。

AVxcelerate Sensorsのリソースおよびイベント

注目のウェビナー

On Demand Webinar
Ansysウェビナー
信頼性の高い革新的な自動車ライティング設計のためのリアルタイム光学シミュレーション

SPEOS光学ライブラリによって、自動運転のための物理場ベースのシミュレーションモデリングのリアルさと精度をどのように向上させるかについて、エキスパートのインサイト(洞察)を得られます。

On Demand Webinar
Ansysウェビナー
自動車外装照明業界のベストプラクティス

このウェビナーでは、自動車外装照明業界のベストプラクティスを取り上げ、Ansys SPEOSとAnsys VRXPERIENCEのシミュレーションの主なメリットと、これらのメリットを実現するために必要な機能の概要を紹介します。

On Demand Webinar
Ansysオンデマンドウェビナー
高度運転支援システム/自動運転機能用シミュレーションツールチェーン

このウェビナーでは、Ansys AVxcelerateを使用してADASおよびAV製品を効率的かつコスト効率よく開発し、これまで以上に迅速に市場投入できるようにする方法について説明します。


ホワイトペーパー & 記事

Ansysホワイトペーパー、自動運転車の安全性

自動運転車の安全性の妥当性を確認する統合シミュレーションプラットフォーム

自動運転システムは、ローカライズ、認識、運動の計画と実行のためにセンサーと組込みソフトウェアを使用しています。 


ビデオ


アクセシビリティに優れたAnsysソフトウェア

Ansysは、障がいを持つユーザーを含め、すべてのユーザーが当社製品にアクセスできることはきわめて重要であると考えています。そのため、US Access Board(第508条)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)、およびVoluntary Product Accessibility Template(VPAT)の最新フォーマットに基づくアクセシビリティ要件に準拠するよう努めています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像