Skip to Main Content

Ansys Safety Analysis
システムの安全性とサイバーセキュリティを確保

安全でセキュアなシステム

システム、アイテム、ソフトウェア、ハードウェア、およびPCBレベルで品質、安全性、信頼性、およびサイバーセキュリティの分析手法を効率的に適用することで、分析作業を大幅に削減できます。 

2020-12-medini-analyze-medini-trial.jpg

Ansys medini analyzeの無料トライアル

安全分析作業を効率化する準備はできていますか

最先端の安全性とセキュリティ

ハイレベルな機能

Ansysの安全およびサイバーセキュリティ脅威分析ソフトウェアは、セーフティクリティカルな電気/電子(E/E)およびソフトウェア(SW)制御システムに対するモデルベースの安全分析、安全コンセプトの作成、安全管理、サイバーセキュリティ評価を容易にします。 

このソフトウェアを使用することで、エンジニアは安全でセキュアな製品を開発し、市場投入までの時間を短縮して、利益率を最大化しつつ、ISO 26262、IEC 61508、ARP 4754A/ARP 4761、ISO 21448、ISO 21434などの規格に準拠できます。

Safety Analysis製品

すべての製品を見る

January 2024

What's New

In the 2024R1 release, Ansys medini analyze has two brand-new components that augment the current desktop application.

The Digital Safety Manager (DSM), a complete web application, and the Digital Collaboration Server based on the Ansys MBSE platform manage projects in a centralized location.

Ansys Digital Safety Manager (DSM)

  • Multiple projects can be managed centrally, including complex plans involving different timelines
  • Supports project monitoring, product management, dedicated KPIs, dashboards, and reporting

Digital Safety Collaboration Platform

  • Allows the medini desktop application to share and manage safety and cybersecurity projects
  • The centralized project portal provides easy browsing of projects, manages users and access rights, and supports versioning

  Enhancements of Customization Capabilities 

  • Several minor enhancements for custom M2Doc reports and scripting API make data processing easier 
  • Images are accessible for reporting (e.g., SysML, FTA, RBD), guideword analysis, or Rich Text Formatted (RTF) strings 
  • Enhanced scripting API provides reflective access to objects, making specific automation tasks easier
Digital Safety Webinar Series

Webinars

Ansys 2023 R2 Safety Analysis

Ansys 2024 R1: Ansys Safety Product Line What’s New

Get insights into the latest Ansys Safety Analysis features for 2024 R1. The new safety collaboration platform enables seamless teamwork and serves our new web-based Digital Safety Manager (DSM).

機能

Ansys Safety Analysisソフトウェアスイートは、安全とセキュリティの分析を効率化して、労力とコストを削減します。 

  • 機能安全分析の合理化と自動化
  • SOTIFリスクの体系的な特定と考慮
  • 体系的なサイバーセキュリティ脅威分析とリスク評価
  • 半導体の機能安全の評価
  • デジタル安全保護の管理

システム設計時の安全分析(HAZOP、HARA、FHA、FTA、FME(C)A、FMEDAなど)を適用して、設計が安全であることを検証します。これにより、これまでは時間がかかりエラーが発生しやすかった手動タスクの完全なトレーサビリティ、一貫性、自動化が可能になります。セーフティケースに要求されるドキュメントは、ツールによって生成されます。

Ansys medini analyzeは、ハザードおよびリスク分析の段階でSOTIFリスクを体系的に特定し、設計上の制限やトリガー条件を考慮することを可能にします。これらが特定されたら、安全要件を満たすための対策を計画することができます。これらの対策と要件は、Ansys medini analyzeでは、システムの実装中に完了した機能またはアーキテクチャの更新まで追跡されます。Ansys medini analyzeは、原因-影響-ネット、System Weakness Analysisテーブル、イベントツリーなどの分析手法を提供しており、SOTIFハザードの体系的な分析、理解、排除を可能にします。

これにより、システム、エレクトロニクス、組込みソフトウェアなどの分野で機能安全およびSOTIF規格を満たすために作業するさまざまなチームが、簡単かつシームレスにコラボレーションできるようになります。

このモデルベースの統合ツールは、強力なコラボレーション、タスク管理、レポート作成機能とともに、エンドツーエンドのトレーサビリティを提供します。

Ansys mediniによる半導体の解析機能により、半導体設計のブロックをシステムコンポーネントにマッピングするプロセスが容易になります。さらに、チップ設計全体の故障率を算出し、ダイ面積占有率または機能ブロックへのゲート数として、基準に従って分配します。次のステップでは、故障モード影響および診断解析(FMEDA: Failure Mode、Effects and Diagnostics Analysis)を実行して、安全メカニズムによる故障モードのカバレッジ率に対する設計全体の評価を行えます。このようにして、設計ミスや環境条件に起因する半導体の設計上の問題点を迅速に特定し、日常的な安全性能への影響を軽減するために対処することができます。

Ansys Digital Safety Managerは、社内だけでなく、サプライヤー、評価担当者、レビュー担当者とともに、安全担当チームの日々の作業方法を認識し、反映します。トレーサビリティと標準化によって効率が向上し、安全計画と作業成果物の体系的かつ一貫した再利用が可能になります。

2020-11-ansys-stock-20201123_0053.jpg

自動運転システムの開発

Ansysのシミュレーションを使用したモデルベースの安全性とサイバーセキュリティの評価は、自動運転システムの開発と認証を加速させるうえで役立ちます。

2020-11-ansys-stock-20201123_0066.jpg

アビオニクスとフライトコントロール

Ansysのツールは、アビオニクスソフトウェアの解析、開発、認証取得を推進し、市場投入までの時間を短縮するうえで極めて重要です。

2021-01-safety-analysis-gen-app.jpg
エレクトロニクスの信頼性

エレクトロニクスの信頼性

Ansysの統合エレクトロニクス信頼性ツールが、熱的、電気的、機械的信頼性に関する最大の課題の解決にどのように役立つかをご紹介します。

2020-12-battery-simulation.jpg

バッテリマネジメントシステム

Ansysは、バッテリマネジメントシステム(BMS)の設計および開発向けに、リスクフリーの仮想テストを可能にする統合ソリューションを提供しています。

カタログとデータシート

2020-12-brochure-icon-block.jpg

Ansys medini analyze - データシート

このデータシートでは、Ansys medini analyze製品の概要と、技術的な特徴と機能について説明します。

カメラ

意図した機能の安全性とは

自動運転や自動運転車(AV)の登場により、安全工学に大きな課題が生じています。センサーが設計どおりに動作しても、実環境の条件下でパフォーマンス基準に満たない場合はどうなるでしょう。

2020-12-brochure-icon-block.jpg

航空宇宙分野における機能安全のためのAnsys medini analyzeソリューション

Ansys medini analyzeは、航空宇宙分野の電子部品およびシステムのメーカーに、機能安全分析に特化した支援を提供します。このようなシステムの安全分析は、必要な認証を取得するための前提条件であり、開発全体の半分以上を占める可能性があります。


ホワイトペーパー 

ホワイトペーパーのアイコンイメージ
White Paper

Ansys medini analyzeで車載電子システムのサイバーセキュリティを向上

Ansys medini analyzeは、車載電子機器の機能安全を確保するための実証済みソリューションで、システムレベルのセキュリティを検証するための新しい機能が含まれています。 


ケーススタディ

2020-12-case-study-icon-block.jpg

Ansys + Rail-Mil社

Rail-Mil社は、Ansysのモデルベース設計ツールを活用して、安全なオンボードおよびウェイサイド組込みソフトウェアを開発し、鉄道システムの機能安全を確保しています。

2020-12-brochure-icon-block.jpg

Ansys medini solutions for ISO 26262 in Semiconductors

Ansys medini analyze helps semiconductor manufacturers in the automotive domain with dedicated ISO 26262 support.

カメラ

意図した機能の安全性とは

自動運転や自動運転車(AV)の登場により、安全工学に大きな課題が生じています。センサーが設計どおりに動作しても、実環境の条件下でパフォーマンス基準に満たない場合はどうなるでしょう。


ビデオ


ウェビナー

Webinar icon block
MBSEプロセスにおける安全分析の統合

安全性は、多くの製品、特に航空宇宙および防衛業界にとって重要な特性であり、必要な認証を取得するために不可欠です。開発プロセスの初期段階で適切な安全要件を特定し、設計によるその達成を実証できるようにするには、安全分析をすべてのフェーズでシステム開発プロセスに統合する必要があります。モデルベースのアプローチでは、通常、高度に反復的ですが、モデルに基づいて安全分析を行うことは大きなメリットです。これにより、変更に迅速に対応し、常に最新の分析を行い、開発の意思決定を導くことができます。


ウェビナー

Ansys 2023 R2 Safety Analysis

Ansys 2024 R1:Ansys 安全分析の新機能

2024 R1の最新のAnsys安全性分析機能に関する洞察をご確認ください。シームレスなチームワークを可能にし、まったく新しいウェブベースのDigital Safety Manager(DSM)を提供するコラボレーションプラットフォームを備えています。

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

当社はお客様の質問にお答えし、お客様とお話できることを楽しみにしています。Ansysの営業担当が折り返しご連絡いたします。

フッター画像