ANSYS Electronics Desktopの特長

The ANSYS Electronics Desktop environment houses the ANSYS gold-standard electromagnetics simulation applications. Tight integration among the simulators yields unprecedented ease of use for setup and solution of complex simulations for design and optimization. It is the native desktop for HFSS, Maxwell, Q3D Extractor, Twin Builder and other simulators.

設計およびシミュレーション管理

ANSYS Electronics Desktopでは、単一の枠組の中で共通のユーザーインターフェース、モデル入力および設定、シミュレーション制御およびポスト処理が提供されます。代表的な電磁界シミュレーターであるANSYS HFSS、MaxwellおよびQ3D Extractorによってこのデスクトップ環境が共有され、使用可能なすべての解析が単一の設計に組み込まれます。電磁界シミュレーションは、回路図入力および回路とシステムシミュレーターとのリンクによって補完されます。この単一プラットフォームを使用して、電磁界、電気回路およびシステムシミュレーションと動的にリンクする総合的なシミュレーションを用いて電子および電気機設計を開発することが可能です。

ANSYS Electronics Desktopで統合されている複数のシミュレーション
ANSYS Electronics Desktopで統合されている複数のシミュレーション

ANSYS HFSS 3-D Layout

ANSYS Electronics Desktopには、従来の任意の3次元CADに基づくモデリングインターフェースを補完する高性能な3次元レイアウトインターフェースがあります。ANSYS HFSS 3D Layoutインターフェースでは、ICパッケージおよびプリント基板(PCB)の設計者の生産性が向上します。これは、設計者がANSYS HFSS解析用の完全なパラメトリックレイアウトに基づくモデルを容易に作成することが可能になるためです。電磁界解析は完全に3次元であり、形状のみがレイヤーに基づいています。PCB、電子パッケージおよびカスタム集積回路のモデルを一般的な電子設計自動化(EDA)ツールからインポートすることが可能です。ANSYS HFSS 3D Layoutは特殊なHFSSメッシュ生成エンジンとインターフェースで接続され、解析を迅速化します。ANSYS HFSS 3D Layoutの詳細については、こちらをご確認ください。

ANSYS HFSS 3D Layout
ANSYS HFSS 3D LayoutによるXilinx Vertex 6プリント基板

設計自動化およびスクリプト

ANSYS Electronics Desktopでは、PythonスクリプトとVisual Basicスクリプトが両方ともサポートされています。モデルの作成、境界条件の設定、シミュレーションパラメータの決定、ポスト処理の実行の間に行ったキーボードおよびマウスによる入力を記録することができます。

eDesktop Design Automation Scripting
自動化されたシグナルインテグリティ設計フローでは、ECAD形状が読み込まれ、システムが組み立てられた後、コンプライアンステストが実施される。

コンポーネントライブラリおよびモデルサポート

RF/マイクロ波コンポーネント、アンテナおよび内蔵の受動および高速インターフェースが組み込まれている接続電子機器は、設計組織に新たな課題をもたらします。ANSYS Electronic Desktopでは、ベンダーコンポーネントライブラリと多数のモデル化テクノロジーがサポートされています。

ANSYS HFSS の各種機能により、エンジニアリング部門全体とサプライチェーンの最初から最後までで高周波コンポーネントの設計、最適化および共有が可能になり、統合の上位でコンポーネントIPが活用されます。Sパラメータによって高周波コンポーネントのブラックボックスによる電気的表現からマイクロ波の設計に革命がもたらされたのと同様に、HFSSではマルチスケールアセンブリーに3次元の完全な精度を提供することによって設計が合理化されます。これにより、製造に向けた配置検討やロバスト設計が迅速化され、コンポーネントの共有による協力がサポートされます。

eDesktop Component Libraries Model
プリント基板はチップアンテナおよびコネクターの3次元コンポーネントと組み立てられ、シミュレーション用の完全なアセンブリーになる。

eDesktop Component Libraries Model Antenna
アンテナアレイコンポーネントは、完全な3次元電磁界シミュレーションのために航空機のモデルと組み合わされる。

ANSYS Electronics Desktopプロダクトの提供内容

ANSYS Electronics Desktopは次の2つの構成で入手可能です。

  • すべての3次元および2次元回路およびシステム用のフルバージョン
  • 2次元回路およびシステム用のコアバージョン

大半の用途ではフルバージョンが必要です。しかし、コアバージョンは事前に計算した電磁界コンポーネントの結果を使用して大量の回路シミュレーションを実行する組織の場合に有益です。コアバージョンのすべての機能はフルバージョンで使用可能です。

機能 Electronics
Desktop
Electronics
Desktop コアバージョン
2-D Extractor GUI
Maxwell 2-D GUI
回路図 GUI
回路ネットリスト GUI
Twin Builder GUI
Maxwell 回路GUI
RMxprt GUI
フィルター設計 GUI
Network Data Explorer
XY長方形プロット(アイダイアグラム、挿入損失、反射損失など)
スミスチャート
HFSS GUI(固有モード、駆動モーダル、駆動伝熱、3次元非定常)  
HFSS 3-D Layout GUI (HFSS, PlanarEM, SIwave)  
HFSS-IE GUI  
Maxwell 3-D GUI  
Q3D Extractor GUI  
3次元電磁界ポスト処理  
3次元レイアウト電磁界ポスト処理  
3次元電磁界計算機