RFおよび無線設計のための3次元電磁界シミュレータ

日本で開催されるセミナー・トレーニングはこちら
無料日本語Webinarのお申し込みはこちら
日本のお客様のAnsys活用事例はこちら

Ansys HFSSは、3次元電磁界(EM)シミュレーションソフトウェアです。アンテナ、アンテナアレイ、RF、マイクロ波部品、高速配線、フィルター、コネクター、ICパッケージ、プリント回路基板など、高周波電子製品の設計とシミュレーションに対応しています。通信システム、レーダーシステム、先進運転支援システム(ADAS)、衛星、モノのインターネット(IoT)製品、各種の高速RFデバイスやデジタルデバイスなど、高周波かつ高速な電子機器を設計するために、世界中のエンジニアがAnsys HFSSを使用しています。

HFSS(高周波構造シミュレータ)は、豊富なソルバーと直感的なGUIを搭載しており、圧倒的な性能に加え、3次元EM問題に対する深い洞察力を提供します。Ansysの熱、構造、流体力学ツールと統合されているため、エレクトロニクス製品の強力かつ総合的なマルチフィジックス解析により、製品の熱および構造面の信頼性確保を図れます。HFSSは3次元EMの難題に対し、強みである自動アダプティブメッシュ生成技術と高度なソルバーを活用することで、絶対的な正確さと信頼性を実現しています。この処理は、 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)技術により、高速化することもできます。

Ansys HFSSのシミュレーションスイートには豊富なソルバーが搭載されており、受動素子ICのような細かいものから、ADASシステムの自動車レーダーシーンなど大規模なEM解析まで、多様な電磁問題に対応します。信頼性の高い自動アダプティブメッシュ生成の精緻化により、最適なメッシュを割り出して生成することに時間を割くのではなく、設計に集中することができます。この自動化と精度の保証が、HFSSと他のあらゆるEMシミュレータとの違いです。他のEMシミュレータは、最適で正確なメッシュを生成するために、ユーザーによる手動操作と複数回の解析を必要とします。ANSYS HFSSでは、メッシュによって物理特性が決まるのではなく、物理特性によってメッシュが決まります。

Ansys HFSSは、研究開発や仮想設計プロトタイピングにおける最高のEMツールです。設計サイクルを短縮し、製品の信頼性と性能を引き上げます。Ansys HFSSを利用して、競合他社に勝ち、市場をつかんでください。

シェア:

主な機能

  • 高周波電磁界ソルバー

    主要な電磁界ソルバー技術を用いて製品の電磁挙動をシミュレーションします。

  • 信頼性と自動アダプティブメッシング

    HFSSではメッシュが自動的に生成されるため、効率的にシミュレーションができ、精度の高い結果が得られます。

  • 3Dコンポーネント

    IPを保護しつつ、サプライチェーンを通じて3次元のシミュレーションにすぐに利用可能なコンポーネントを共有します。

Platforms

  • ハイパフォーマンスコンピューティング

    単一のマルチコアマシンに対して最適化され、さらにクラスターの全能力を活用するようにスケールすることが可能な、画期的な HPC手法によって、規模、速度、忠実度の増したシミュレーションを実行します。

  • Electronics Desktop

    電磁界、電気機械、回路、システムをシミュレーションする統合プラットフォームです。HFSS、Maxwell、Q3D Extractor、Icepak、SimplorerはElectronics Desktopに組み込まれ、これらのツールのプリ/ポストプロセッサとしても機能します。

See how our customers are using our software:

Hanyang University

漢陽大学校、電子・コンピュータ工学科(韓国、ソウル)

研究者チームは機器、科学および測定帯域をカバーする小型のウェアラブルアンテナを設計しました。チームの課題は、反射損失および軸率帯域幅の設計目標を達成する複数の設計パラメータを設定することでした。 ケーススタディを見る
Chemring Technology Solutions

Chemring Technology Solutions社

Chemring社のコンサルティングエンジニアは、ANSYS HFSSを活用して、ワイヤレス補聴器、ボディネットワーキングテクノロジー、自動車衝突回避レーダーなどのさまざまな産業にわたる解析を提供しています。Chemring社では、機器の性能を正確に予測し、顧客に優れた性能の製品を提供するために設計トレードオフについて提案することができました。 ケーススタディを見る