Skip to Main Content

Ansys medini analyzeのトライアル

Ansys medini analyzeのモデルベース環境で、安全性とセキュリティの分析作業を大幅に削減し、最先端の手法を使用して市場投入までの時間を短縮します。 

トライアルをリクエスト


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

品質、安全性、信頼性エンジニアリング

Ansys medini analyzeは、システム、アイテム、ソフトウェア、ハードウェア、PCBレベルでの品質、安全性、信頼性、サイバーセキュリティ分析エンジニアリング手法の効率的な適用をサポートしています。ISO 26262、IEC 61508、ARP 4754A/ARP 4761、ISO 21448、ISO 21434などの基準に準拠する安全でセキュアな製品の開発が可能になります。

より短い時間で結果の向上を実現 

Ansys medini analyzeを使用すると、安全分析の不整合が解消され、認証プロセスが加速されます。Ansys medini analyzeを使用しているお客様は、安全分析の作業が最大50%減少し、市場投入までの時間も同様に減少していると報告しています。

セーフティケースを次のレベルに引き上げる 

主要な機能安全分析手法(HAZOP、HARA、FHA、FTA、FME(C)A、 FMEDA、HARAなど)、意図された機能の安全性(SOTIF)、サイバーセキュリティ脅威分析、およびその中間にあるすべての手法を対象としています。

30日間の無料トライアルをリクエストしてください。Ansysのエキスパートがチームの生産性を高め、競争力を維持する方法をご紹介します。


ケーススタディ

Ansys + Rail-Mil社

Ansysのモデルベースのソフトウェアソリューションを使用して、CBTC クラスの自動列車制御システムを EN 50128 SIL 4 に従って制御するために必要な組込みソフトウェアの開発と、鉄道安全規格 EN 50129 を満たす安全な動作の検証に成功しました。」

 

—Wawrzyniec Wychowanski氏(Rail-Mil社、ソフトウェアセールスディレクター、

BEng、PhD)

Ansys NXPロゴ

「NXP では、定量的な安全分析を実行するための推奨ツールとして medini を社内で導入しています。過去数年間のコラボレーションで、いくつかの貴重なツール改善が特定され、実装されてきました。たとえば、過渡障害と永久障害の区別、設計データのインポートと割り当てに関連しています。mediniを使用する NXP プロジェクトの数は増加しています。」

—Rolf Schlagenhaft博士 (NXP Semiconductors Germany GmbH社、シニア自動車機能安全プロフェッショナルおよび評価担当者)/ 

Ansys LiTHIUMロゴ

当社のバッテリーマネジメントシステムの認証プロセスの管理と自動化に、Ansys medini analyzeを使用しています。 medini analyzeは、開発サイクルの時間とコストを大幅に削減することで、世界の自動車用バッテリー市場において、LiTHIUM BALANCE社を競争力のある企業として位置付けます。当社の安全目標を分析し、定量化するために絶対に不可欠なものです。」 

—Claus Friis Pederson氏(LiTHIUM BALANCE A/S社、R&Dディレクター)

2020-11-ansys-stock-20201123_0066.jpg

Ansysは、最高レベルの安全性を満たす制御システムを設計および検証するための効率的なプロセスをサポートします。

モータの制御コードにAnsys組込みソフトウェア開発ツールを使用することで、エンジニアは認定作業が合理化されるという最大限の自信を得ることができます。


ビデオ

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像