ANSYS SCADE Vision

ANSYS SCADE Vision

自動運転システムに組み込まれた認知ソフトウェアのテストと安全性にかかるコストを削減

ANSYSソリューションは、センサー、ヒューマンマシンインターフェース、自動運転システムソフトウェア、コントロールソフトウェア、コンピューティングプラットフォーム、車両プラットフォームなど、自律走行車(AV)のすべての主要要素に対応しています。ANSYS SCADE Visionは自律走行車用のANSYSソリューションを包括的なものにし、AIベースの自律走行車組込み認知ソフトウェアのテストおよび安全性の取り組みにかかるコストを劇的に削減します。

ANSYS SCADE Vision - AIベースの自律走行車組込み認知ソフトウェア

自律走行センサーシステムは、複雑な環境でも安全な操作が必要
自律走行車システムは、ますます複雑になる環境下でも安全に操作できなくてはなりません。そのため、安全検証にかかるコストが激増しています。自律走行車業界の将来は、市場規模か検証コストのどちらが先に大きくなるかに左右されます。業界には、自動運転システムの「drive-find-fix(運転、特定、修理)」という障壁を打ち破るソリューションが求められています。安全性の観点では、複雑さは自律走行車認知システムに見られる「エッジケース」の件数に関連します(エッジケースとは、障害につながりうるものの、設計段階では予見できなかったケースを指します)。

より安全な認知の実現と、価値を生み出すまでの時間の短縮
SCADE Visionは、自律走行車に組み込まれた認知ソフトウェアでエッジケースに関する弱点を迅速に検出し、その根本原因(「トリガーイベント」とも呼ばれる)の特定を支援します。これは、入力センサーデータを自動的に強化して、AIベースの組込み認知ソフトウェアの脆弱性を特定することで行います。

  • セーフティドライバーは予想に反した挙動を手動で記録し、検出されたエッジケースをデバッグするよう自律システムの開発者に指示しますが、SCADE VisionソリューションはAIベースの自律走行車の認知システムの脆弱性を自動的に特定します。人間による監督は必要ありません。
  • 自動運転システムソフトウェアの弱点を特定するには、高コストなラベル付きデータが大量に必要となりますが、SCADE Visionではラベル付きデータは必要ありません。自律システムが記録した生のセンサーデータを対象に検索を行います。
  • 自律走行車の認知ソフトウェアの新バージョンがリリースされると、実際の道路での「試乗」が必要であるため、事故を引き起こすリスクを伴います。一方でSCADE Visionでは、ソフトウェアが路上に出る前に、認知アルゴリズムのロバスト性をソフトウェアインザループテストで評価します。

SCADE Visionは、自律走行車が組み込まれた認知ソフトウェアのテストと安全性にかかるコストを大幅に削減し、わずかな距離であっても軽視せず、自律走行車データから最大限に価値を引き出します。これにより、次のことが可能になります。

  • 認知の安全性を高める:認知の安全性を高めるということは、既存のAIベースの認知システムの脆弱性を特定することです。SCADE Visionは、認知システムの従来のシミュレーションと路上テストを補完します。
  • 価値を短期間で創出する:手動による分析よりもすばやく、かつ高い費用対効果で、最も関連性の高いデータを見つけます。SCADE Visionは、ペタバイト級のデータを、即時使用可能なメガバイト単位のデータに変換します。このソリューションを初期に導入したユーザーは、手動または半自動のアプローチと比べ、組込み認知ソフトウェアではエッジケースを30倍もの速さで特定できることを報告しています。
  • エンジニアリングリソースを最大限に引き出す:ソフトウェアエンジニアが、ソフトウェアエンジニアリングの作業に集中して取り組めるようにします。自動化を図り、データのレビューとタグ化を可能にして、エッジケースを特定します。
  • シミュレーションの加速化:シミュレーションは自律走行車システムの成熟化を促進しますが、既知の事項しかシミュレーションできません。
  • 最もコストがかかるテストの価値を最大限に高める:路上データの収集にはコストがかかります。また、そのすべてのデータをラベリングするには、さらにコストがかかります。最も関連性が高く、興味深いデータを特定して、それにラベリングの労力を集中させます。

主な機能

自律走行車の認知ソフトウェアのロバスト性テスト

SCADE Visionは、自律走行車の認知システムが持つ潜在的脆弱性を自動的に見つけ出します。システム上、安全ではない動作として示されるエッジケースを特定し、分類します。

Autonomous Vehicle Perception Software Robustness Testing
自律走行車の認知ソフトウェアでトリガーイベントを特定

このWebベースのUIでは、自律走行車認知ソフトウェアで考えられる欠陥を、自律走行車認知システムの脆弱性に関するトリガーイベント(根本原因)に分類します。

Triggering events identification in autonomous vehicle perception software
自動安全レポート生成

SCADE Visionは、認知アルゴリズムの開発と安全チームに関するWeb形式のレポートと印刷可能な形式のレポートを自動的に作成します。

Automatic safety report generation