新しい製造方法と材料を実装すると、製品は複雑になります。製品はかつてないほど軽量、小型、かつ働きを高める必要があります。マルチフィジックスシミュレーションでは、複雑な製品で使用中に発生する可能性がある、すべての実世界の物理的な相互作用を調べることができます。このような相互作用は、製品の性能、安全性、寿命に影響する場合があります。流体力、熱効果、構造的統合性、電磁放射はすべて性能に影響する場合があります。これらの力を分離して個別に検討しても、製品の動作を正確には予測できません。ANSYS Multiphysicsソリューションでは、これらの効果をどのような組み合わせでも検討できるため、最高に忠実なソリューションとなり、信頼性の問題は解消し、安全で効果的な製品を設計できます。

システムカップリングを有効利用する

システムカップリングでは、データのやり取りを管理し、複数のソフトウェアシステム間で独立したソルバー実行を調整して、マルチフィジックスシミュレーションを可能にします。

詳細

ニーズと経験レベルに合ったソリューション
ANSYS Multiphysicsソリューションは、アップフロントシミュレーションを実行していて使いやすいシミュレーションソリューションを必要としている設計エンジニアから、複雑なマルチフィジックス調査を実行していて複雑で詳細な物理モデリング機能を必要とする上級解析者まで、エンジニアリング組織のニーズと経験レベルに適合します。

ドラッグアンドドロップによる設定
ANSYSのドラッグアンドドロップ技術では、物理ソリューション間でシームレスにデータを転送し、統合プラットフォームの一部としてソルバーの相互作用を処理できます。

実証済みのソルバーテクノロジーに基づく
マルチフィジックスシミュレーションの精度は、個別の物理モデルおよび数値と同じくらい良くなっています。ANSYSが信頼を勝ち取っているソルバーテクノロジーは、ハイパフォーマンスコンピューティングと組み合わせると、すべてのマルチフィジックスシミュレーションの高速で正確な解析の基礎となります。

多目的な最適化
ANSYS Workbench内でマルチフィジックスシミュレーションを設計の最適化と組み合わせて最適な設計を迅速に見つけて、すべての競合する製品要件を満たします。

高度なマルチソルバーカップリング機能
システムカップリングでは、別の状況では独立したソルバーを統合してその相互作用を管理し、データのやり取りを調整して、エンジニアリング結果に影響する、厳重な物理的相互作用を取得します。複雑なマルチフィジックスの問題でも、設定は簡単で、専用の使いやすいマルチフィジックスシステムカップリングのグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)で動作します。

シェア:

  • 航空宇宙産業用マルチフィジックスシミュレーション

    A&D業界および流体-構造連成(FSI)のケーススタディの例を使用し、ANSYSマルチフィジックスソリューションの動作方法について説明します。

    詳細

  • ANSYSのマルチフィジックスによる仮想プロトタイプ

    ANSYS固有のマルチフィジックスシミュレーション環境を使用し、関連するすべての力(機械、流体、電磁界)を簡単にモデル化できることについて説明します。

    詳細

  • 熱管理の課題を解決

    最新式のマルチフィジックスシミュレーションツールにより、温度管理設計をマスターし、システムの温度特性を理解します。

    詳細