Facing COVID-19 Challenges With Our Customers and Partners

To support healthcare professionals, policy makers and communities around the world in the fight against COVID-19, Ansys is sharing key insights from our own analyses and those of our partners and collaborators.

当社では日本語による各種無料Webinarを随時開催しています。詳細は こちら をご覧いただき、お気軽にお申し込みください。

 

従業員、お客様、パートナー様、その他大勢の皆様の健康と安全は、常に当社にとって最も重要な事柄です。 COVID-19が大流行している今、Ansysはコロナウイルスとの戦いに積極的に貢献するように努めています。 Ansysは、お客様とパートナー様の継続的な取り組みをサポートしています。 当社は、ソフトウェア、利用可能なリソース、および従業員の集合的な知識を使用して、社会を支援することに全力で取り組んでいます。

ウイルスとの戦いに取り組んでいるお客様やパートナー様の事例と追加の教育リソースについては、以下をご参照ください。


免責事項

これらのシミュレーションは、特定の状況下での物理的な動作を再現するように設計されています。 それらは医学的ガイダンスと見なされるべきではなく、風や湿度などの環境の変化は考慮されていません。

これらのシミュレーションをオンライン、印刷物、またはソーシャルメディアで再公開する場合は、「シミュレーション資料の提供:ANSYS、Inc.」と明記してください。


シミュレーションベースの洞察によって拡散を抑制する

航空機のキャビンを紫外線で消毒

手作業による表面の消毒を自動紫外線(UV)光線処理システムによって補助、または潜在的に代替することで、ウイルスの不活性化の確実性を高めることができます。 シミュレーションを使用して、さまざまな環境用のUV光処理システムを設計し、ウイルスを不活性化するのに十分な量のUV光を確実に供給することができます。


風を考慮したソーシャルディスタンス

オクラホマ州立大学のYu Feng教授が率いるピアレビュー研究では、咳やくしゃみをするときに滲出する液滴に対する風の影響を調査しました。 シミュレーションは、穏やかな、軽くて適度な風が発生した場合に、マスクがある場合とない場合で、人から人へ液滴がどのように移動するかを示しています。


布製マスクで感染のリスクを軽減

COVID-19の感染リスクを軽減するための対策として、手作りの再利用可能な布製フェイスマスクが注目されています。 シミュレーションは、布マスクがくしゃみや咳からの液滴の広がりを制限し、より危険でより大きな液滴の到達を排除する可能性があることを示しています。


コミュニケーションを取る際には距離を維持する

ウイルスの飛沫は空気中に急速に広がります。 咳からの飛沫は、1メートル離れた人の顔、首、衣服に広がります。 2メートルでは、重力によってキャリアの液滴が地面に引き寄せられるため、リスクが大幅に減少します。


運動する際にはスペースを確保する

外で運動するとき、標準的な社会的距離のガイドラインでは不十分です。 AnsysのパートナーであるTUe&KU Leuven社のBert Blocken氏とFabio Malizia氏による解析では、ランナーやサイクリストからの水滴が目の前に出ないようにするには、かなり広いスペースが必要であることが明らかになりました。


マスクを着用する

マスクを使用すると、他の人を汚染するリスクを最大6倍減らすことができます。 マスクを適切に着用して暴露のリスクを減らすには、調節が必要です。


マスクを適切に着用する

マスクを長期間正しく着用することは、不快で、時には炎症を引き起こす可能性がありますが、マスクの効果を確実にするには必要なことです。


陰圧室

今日の非常に伝染性の高い環境では、COVID-19陽性患者を担当する医師や医療スタッフのリスクを最小限に抑えることが非常に重要です。陰圧室(NPR)は、患者の診察中に医療スタッフがウイルスにさらされるのを減らすのに役立ちます。シミュレーションは、NPRのさまざまな部屋のデザインを示し、チームが部屋のデザイン、吸気口の配置、および送風機の容量を最適化して、口腔内および鼻腔のプルームが室内で再循環するのを回避できるようにします。


ウイルスとの戦いをサポートする産業および科学的アプリケーション

AnsysはIIT Kanpur主導コンソーシアムと協力してNocca人工呼吸器を開発

Ansysは、IIT Kanpur主導のコンソーシアムと協力して、インドでのCOVID-19の発生と戦うための国産で信頼性が高く安全な人工呼吸器Noccarc V310の開発を支援しました。 NOCCA Robotics Pvt. LtdはAnsysを使用して、インドのサプライヤーやメーカーが簡単に入手できる材料を使用して、複数のサイトで大規模に製造できる人工呼吸器を設計および最適化しました。Ansys Fluentを使用したCFD調査では、人工呼吸器のフロー回路用にさまざまなセンサータッピングを備えた導管の詳細なフローフィールドが提供されました。 アニメーションは、空気速度と導管内に形成される渦を示し、エンジニアがセンサーの位置を最適化できるようにします。


covid-pitt-exone-no-play-btn.jpg

3Dプリンティングされた金属フィルターを備えた、再利用可能な人工呼吸器を製造したExOne社とPitt社

ExOne社とPitt社は、3Dプリンティングされた金属フィルターを備えた、再利用可能な人工呼吸器を製造しました。 Ansysは、さまざまな金属および多孔度におけるフィルターの性能を解析および最適化するシミュレーションサポートを提供しました。


安全で信頼性の高い人工呼吸器の迅速な設計

Bessel LLCは、エルパソにあるテキサス工科大学健康科学センター(TTUHSC)とテキサス大学エルパソにある(UTEP)の医師とエンジニアのチームと協力して、Texas Power Bag Breather(Texas Breather™)を開発しました。 Ansysシミュレーションソリューションを使用すると、数か月ではなく数週間で、新しい救急医療機器が設計され、広範囲にテストされて、想定されるライフサイクル中に必要な緊急換気サポートのパフォーマンスを安全に満たす性能を実証しました。*

* FDA(アメリカ食品医薬品局)の緊急使用許可は保留中です。 Texas Breather™は、米国FDAまたはその他の規制機関によって認可または承認されていません。 Texas Breather™は現在、緊急使用を許可されていません。


UV-C処理によるマスクの除染

着用済みマスクの時間的効果のあるUV除染は、医療従事者にとってクリーンなマスクの不足を防ぐための有望なソリューションです。 シミュレーションにより、滅菌器の設計者は、汚染される可能性のある個人防護具(PPE)の各表面が必要な量のUV照射を確実に受けることを実現できます。


消毒

部屋や施設の除染は、患者への準備であれ、ウイルスが特定された場所であれ、ウイルスの拡散を抑制し、脆弱な人々の健康を保護するのに役立ちます。 AnsysパートナーのInSilicoTrials Technologies社が実施したシミュレーションは、汚染除去プロセスを最適化してクリーンルームを実現します。


ワクチン製造

ワクチンが特定されると、バイオ医薬品業界が直面する最大の課題の1つは、ワクチンの製造を実験室規模から工業規模に拡大することです。 製薬会社は、仮想環境でシミュレーションを使用することにより、スケールアッププロセスを最初から正しく行う可能性を高めることができます。


人工呼吸器の設計と製造

医療機器業界では、シミュレーションを使用して人工呼吸器の設計を最適化しています。 物理ベースのシミュレーションは、製品開発を加速し、これらの機器を必要な方にできるだけ早く届けるための最も効果的な方法です。 ARELabsによるモデリング作業。


吸入と薬物送達

シミュレーションは、吸入器がどのように薬物を肺に送達するかをモデル化することで、医療機器会社が吸入器の設計を改善することを支援します。さらに、医師が吸入器を使用して最大の効果を得る方法について患者を訓練するのにも役立ちます。 CBBL @ OSUによるモデリング


呼吸療法中の部屋の汚染

Liberty Universityの機械工学教授であるWayne Strasser博士は、呼吸療法製品の開発に焦点を当てた企業から、COVID-19の拡散に関する 研究 の支援を最近依頼されました。チームは、Ansysシミュレーションソリューションを使用して、病室での呼吸療法中に唾液と粘液の霧状の液滴の吐き出しを調査しました。


移動型COVID-19サンプル採取ブース

コミュニティレベルで感染を減らすには、短期間に多数の人をテストすることが重要です。 病院やサンプル採取ラボで新しい施設を構築するのは時間がかかり、大量展開には適さない場合があります。 移動型COVID-19サンプル採取ブースはすばやく組み立てることができ、さまざまな地域に移動でき、大量のサンプル採取を容易にします。 設計者は、Ansysシミュレーションを使用して、必要なBSL-2基準を満たすように移動型サンプル採取ブースの設計をすばやく最適化できます。


Ansysについて

過去50年間、Ansysは世界中のお客様が地球上で最も素晴らしい製品を開発するのを支援してきました。ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、Ansysのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。今日ほどその取り組みが強くなっていることはありません。

Media Contact: Mary Kate Joyce at MaryKate.Joyce@ansys.com

Ansys and any and all ANSYS, Inc. brand, product, service and feature names, logos and slogans are registered trademarks or trademarks of ANSYS, Inc. or its subsidiaries in the United States or other countries. All other brand, product, service and feature names or trademarks are the property of their respective owners.

不可能を可能にする準備は整っていますか?

お問い合わせ

* = Required Field

Thank you for reaching out!

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.