エンジニアリングシミュレーションの可能性を探る

開発初期のシミュレーションから、仮想プロトタイピング、さらに、デジタルツインを用いた運用と保守に至るまで、シミュレーションは、すべてのエンジニアリング分野のすべての局面に広がりつつあります。

右側のアイコンをクリックして、ANSYS 製品と他のエンジニアリングシミュレーションツールとの違いをお確かめください。

2018年6月18日
【大阪開催トレーニング中止のご案内】
大阪北部地震のため、交通機関が一部停止しており、本日開催を予定していたセミナーは中止とさせていただきます。
お申し込みいただきましたお客様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
安全第一にお過ごし下さい。
<開催中止のトレーニング>
・ANSYS Fluent Meshing 初級トレーニング (大阪)

Realize Your Product Promise

その可能性を、確かな約束に。

製品を提供するということは、その製品が広告どおりに動作し、何らかの形で、顧客の生活を快適にするという約束を交すことです。ANSYSのエンジニアリングシミュレーションソフトウェアを使用して製品を設計すれば、あらゆる製品、あらゆる注文、あらゆる顧客に対して、確実に約束を果たすことができます。

ANSYSは、メーカー、医療従事者、教師、研究者などが日々直面する課題に確信を持って取り組めるよう多くの方法で支援してきました。このビデオでは、そのいくつかをご紹介します。