Skip to Main Content

概要

このコースを受講すると、Ansys Mechanicalでの陽解法動解析の完全な手順を実行するのに必要な基本スキルを向上させることができます。陽解法動解析は、落下テストや高速衝撃など、非定常性および非線形性が強い物理事象の動的応答をシミュレーションする場合に推奨されます。非線形材料モデルの広範囲にわたるライブラリーおよびボディ同士の接触を使用して、実世界の物理系を忠実に表現します。

前提条件

  • Ansys Mechanical入門トレーニングコースを完了している必要があります。
  • 有限要素法解析の基礎の学習歴および実務経験があることが推奨されます。また、動力学、材料力学、材料モデリング、および非定常動的事象の物理的性質について予備知識があると、理想的です。工学の学位は必要ありません。

受講対象者

短時間の高速衝撃事象が生じる構造を扱う構造エンジニア、衝撃力学エンジニア、落下テスト担当エンジニアおよび設計者。

学習方法

講義およびコンピュータ上でのワークショップを通じて、学習した内容を独自の設計に適用するのに必要となる知識および自信が得られます。

Learning Path

ansys-explicit-dynamics-pathway_r19-2.png

学習成果

このコースの完了までに、以下の項目を習得することをめざします。

  • 陽解法解析の手法がAnsysで使用する他の動解析手法とどのように異なっているかを理解する。
  • 陽解法解析をセットアップする際に適切なワークフローを適用し、ワークフローを自動化するために落下テストウィザードの利点を使用する。
  • 陽解法解析の手法によって可能な計算速度を発揮できる効率的なメッシュを構築する。
  • 設計における破壊および破壊後の挙動を予測するのに適した材料モデルの広範囲にわたるライブラリーにアクセスする。
  • より大規模な、システムレベルのモデル内のコンポーネントパーツ間の広範囲にわたる忠実度の高い相互作用をモデリングし、シミュレーションする。
  • 速度および精度を保証するために適切な解析設定を陽解法解析に適用する。

 Available Dates

Currently, no training dates available

Learning Options

Training materials for this course are available with a Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

Agenda

This course is a 2 day classroom covering both lectures and workshops. For virtual training, this course is covered over 3 x 2 hour sessions, lectures only.

Virtual Classroom Session 1

  • Module 01: Explicit Dynamics Setup and Workflow
  • Workshop 01.1: Cylinder Impact
  • Workshop 01.2: Can Crush
  • Workshop 01.3: Drop Test Wizard Circuit Board
  • Module 02: Introduction to Explicit Dynamics
  • Workshop 02.1: Impact of a Projectile on a Prestressed Container
  • Workshop 02.2: Drop Test of a Pressurized Gas Bott

Virtual Classroom Session 2

  • Module 03: Meshing
  • Workshop 03.1: Mesh Study
  • Workshop 03.2: 2D Axisymmetric Impact
  • Module 04: Material Models
  • Workshop 04.1: 1D Shock Propagation
  • Workshop 04.2: Turbine Blade Failure

Virtual Classroom Session 3

  • Module 05: Connections
  • Workshop 05.1: Oblique Impact
  • Workshop 05.2: Drop Test on Reinforced Concrete
  • Workshop 05.3: KEP Impact on Reinforced Concrete
  • Module 06: Analysis Settings and Parameters
  • Workshop 06.1: Can Crush with Mass Scaling
  • Workshop 06.2: Drop Test of a Bottle
  • Workshop 06.3: Prestressed Beam with Static Damping
  • Workshop 06.4: Cylinder Impact What-if Study
  • Workshop 06.5: Filled Can Crush

Day 1

  • Module 01: Explicit Dynamics Setup and Workflow
  • Workshop 01.1: Cylinder Impact
  • Workshop 01.2: Can Crush
  • Workshop 01.3: Drop Test Wizard Circuit Board
  • Module 02: Introduction to Explicit Dynamics
  • Workshop 02.1: Impact of a Projectile on a Prestressed Container
  • Workshop 02.2: Drop Test of a Pressurized Gas Bottle
  • Module 03: Meshing
  • Workshop 03.1: Mesh Study
  • Workshop 03.2: 2D Axisymmetric Impact

Day 2

  • Module 04: Material Models
  • Workshop 04.1: 1D Shock Propagation
  • Workshop 04.2: Turbine Blade Failure
  • Module 05: Connections
  • Workshop 05.1: Oblique Impact
  • Workshop 05.2: Drop Test on Reinforced Concrete
  • Workshop 05.3: KEP Impact on Reinforced Concrete
  • Module 06: Analysis Settings and Parameters
  • Workshop 06.1: Can Crush with Mass Scaling
  • Workshop 06.2: Drop Test of a Bottle
  • Workshop 06.3: Prestressed Beam with Static Damping
  • Workshop 06.4: Cylinder Impact What-if Study
  • Workshop 06.5: Filled Can Crush
 
  • Explicit Dynamics Setup and Workflow
  • Drop Test Wizard
  • Introduction to Explicit
  • Preprocessing
  • Element Formulations
  • Meshing
  • Material Models
  • Connections (Body Interactions, Contact, Spot Welds, Springs/Dampers, Joints)
  • Analysis Settings and Parameters