Skip to Main Content

概要

このコースでは、最初の光学シミュレーションを準備し実行するために、ジオメトリ上に光学特性を設定する方法、光源および受光面を作成する方法、そして、測光、および/または、放射測定解析用のシミュレーションを作成する方法までを学びます。

前提条件

  • 光学の初心者のみ: 光学理論コースの完了(推奨)
  • Ansys SpaceClaimの新規ユーザー: Ansys SpaceClaim Direct Modeler入門の完了

受講対象者

自動車または照明業界の光学または構造エンジニアおよび設計者 

学習方法

講義、および学習内容を確認するためのコンピュータ上の実習

Learning Path

学習成果

このトレーニングで、以下ができるようになります。

  • 完全な光学モックを設定する。
  • 測光および放射シミュレーションを実行する。
  • 知的財産を保持しながら第三者機関へ光学要素を準備し共有する。
  • 光学シミュレーション結果を表示し解析する。

Available Dates

Time Duration Event Type Location Language Course Cost Registration

Learning Options

Training materials for this course are available with a Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

Agenda

This is a 2-day classroom course covering both lectures and workshops. For virtual training, this course is covered over 4 x 2-hour sessions lectures only.

Virtual Classroom Session 1

  • Module 01: Software Overview
  • Workshop 01.1: Importing Data
  • Workshop 01.2: Basic Sketching Features for a Speos User

Virtual Classroom Session 2

  • Module 02: Optical Properties Overview
  • Workshop 02: Optical Properties

Virtual Classroom Session 3

  • Module 03: Sources Definition
  • Workshop 03: Defining a Lighting Unit
  • Module 04: Sensors Definition
  • Workshop 04: Sensors Definition
  • Module 05: Simulations Definition

Virtual Classroom Session 4

  • Module 06: SPEOS Light Box
  • Module 07: Results Analysis
  • Workshop 07.1: Results Analysis
  • Workshop 07.2: Designing an Optical System