Skip to Main Content

Ansys Fluent 
ユーザー定義関数 (UDF) 
(Self-paced Learning Available)

概要

ユーザー定義関数(UDF)を使用すると、Ansys Fluentをカスタマイズすることができ、その機能を大幅に拡張できます。Ansys Fluent UDFトレーニングでは、この強力な機能を活用するスキルを学びます。

前提条件

  • 流体工学および伝熱工学の学習歴および実務経験があれば理想的ですが、必須ではありません。工学の学位は必要ありません。
  • Ansys Fluent 入門コースを完了している必要があります。
  • Ansys Fluentの使用経験が強く望まれます。
  • Ansys Fluentの使用経験に加え、プログラミング言語の使用経験(Cベースの言語なら尚可)が不可欠です。C自体の紹介は、このコースでしっかりと行います。Cプログラムに組み込まれるFluentマクロの使用に焦点を置きます。UDFはC90で記述します。
  • ワークショップでは、サポートされているCコンパイラが必要となります。ユーザー定義の構文を強調表示するテキストエディタが推奨されますが、必須ではありません。

受講対象者

流体エンジニア、燃焼エンジニア、熱力学エンジニア、空力エンジニア

学習方法

講義、および学習内容を確認するためのコンピュータ上の実習。

Learning Path

ansys-fluent-using-user-defined-functions.png

学習成果

このコースの完了までに、以下の項目を習得することをめざします。

  • UDFの基本構造を学ぶ。 
  • ソルバー変数のアクセスに使用するさまざまなマクロを理解する。 
  • Ansys Fluentで使用可能なほとんどのモデルにUDFをフックできる。
  • カスタム境界条件、ソース項、および材料物性のUDFを作成できる。
  • 入出力パラメータを定義し、定義をリポートするためのUDFの使用法を学ぶ。
  • 正しく並列で実行されるようUDFを作成するのに必要なことを学ぶ。
  • 分散相モデル(DPM)でのUDFを含め、混相流でUDFを適用するのに必要な概念およびマクロを学習する。

 Available Dates

Currently, no training dates available

Learning Options

Training materials for this course are available with a Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

Self-paced Learning

Complete a class on your own schedule at your own pace. Scope is equivalent to Instructor led classes. Includes video lecture, workshops and input files. All our Self-Paced video courses are only available with an Ansys Learning Hub subscription.

Agenda

This course is a 1 day classroom covering both tutorials and workshops. For virtual training, this course is covered over 4 x 2 hour sessions, lectures only.

Virtual Classroom Session 1

  • Lecture 01 - Introduction to Fluent UDF  and Fluent Data Structure

Virtual Classroom Session 2

  • Lecture 02 - Compiling and Interpreting UDFs
  • Lecture 03 - Composing UDFs - DEFINE and Data Access Macros
  • Workshop 03.1 – UDF Basics:
  • Part 1: Wall temperature profile
  • Part 2: Energy source 
  • Part 3: Derived post-processing, 
  • Part 4: Output to text files

Virtual Classroom Session 3

  • Lecture 04 - User-Defined Memories and User-Defined Scalars
  • Workshop 04.1 - UDFs for a User-Defined Scalar
  • Lecture 05  Parallelizing Your UDFs
  • Workshop 05.1: Parallelization

Virtual Classroom Session 4

  • Lecture 06 - Workbench Parameters and UDFs
  • Lecture 07 - UDFs for Eulerian Multiphase Flows
  • Workshop 07.1: Modeling Uniform Fluidization in 2D Fluidized Bed
  • Lecture 08  - UDFs for the Discrete Phase Model (Optional)

For module 03

  • Position Dependent Porous Media
  • Sinusoidal Wall Temperature Variation
  • Temperature Dependent Viscosity

For module 04

  • Calculation of Flow Uniformity
  • Modeling Effect of Sedimentation Concentration in a Secondary Clarifier using a UDF

For module 08

  • Using a UDF to Control the Dynamic Mesh of a Flexible Oscillating Membrane