Skip to Main Content

Ansys Fluent 混相流モデリング (Self-paced Learning Available)

概要

混相流はしばしば産業プロセスにおいて主要な役割を果たし、混相流現象を理解することがプロセスまたは製品の最適化で重要となる場合があります。 Ansys Fluentには一連の混相流解析モデルが用意されており、これらは適用事例での混相流現象を理解するのに役立ちます。

前提条件

  • このコースは、Fluent入門トレーニングを完了し、すでにAnsys Fluentで単相流に精通していることが前提となります。

受講対象者

機械、化学、航空宇宙、プロセス、またはコンサルティングのエンジニア、あるいはAnsys Fluentで混相流の問題を解析したいすべての分野のエンジニア。

学習方法

講義、および学習内容を確認するためのコンピュータ上の実習。

Learning Path

ansys-fluent-multiphase-flow-modeling-pathway.png

学習成果

このトレーニングで、以下ができるようになります。

  • 相の定義および流れの分類など、混相流理論の基本概念を理解する。
  • Ansys CFDソフトウェアで使用可能ないずれかの混相流モデルを使用して、問題をセットアップして解析を実行する。
  • Ansys CFDの適用事例に適切な混相流モデルを選択する。

 Available Dates

Date / Time Duration Event Type Location Language Course cost Registration

Learning Options

Training materials for this course are available with an Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. 

Self-paced Learning 

Complete a class on your own schedule at your own pace. Scope is equivalent to Instructor led classes. Includes video lecture, workshops and input files. All our Self-Paced video courses are only available with an Ansys Learning Hub subscription.

Agenda

This is a 1 day classroom course covering both lectures and workshops. For virtual training, this course is covered over 4 x 2 hour sessions, lectures only. 

Virtual Classroom Session 1

  • Multiphase Introduction

Virtual Classroom Session 2

  • Volume of Fluid Model (VOF)
  • Workshop: Tank Flush

Virtual Classroom Session 3

  • Discrete Phase Model (DPM)
  • Workshop: Using the Discrete Phase Model
  • Workshop: Evaporating Liquid Spray

Virtual Classroom Session 4

  • Eulerian Model
  • Workshop: Bubble Column
  • Workshop: Fluidized Bed
  • Workshop: Gas Bubble Rising in a Slurry