Skip to Main Content


Ansys Fluent 入門(新しい Fluent 体験)(Self-paced Learning Available)

概要

このコースでは、Ansys Fluentソフトウェアを使用して基本的な数値流体力学(CFD:computational fluid dynamics)シミュレーションを始めるために必要なスキルを学びます。

インストラクターによる操作デモおよびハンズオンワークショップを通じて、Ansys SpaceClaimで漏れのないCADモデル(Watertight Geometry)を準備し、Ansys Fluentのシングルウィンドウユーザーインターフェースから、タスクベースの案内付きワークフローに従って、漏れのないCAD形状(Watertight Geometry)をインポートし、メッシュ生成から解析までを実行する全プロセスを習得できます。  

すべてのワークショップは、CADモデルをFluentにインポートすることから始まり、シングルウィンドウワークフローに従って、メッシュ生成、解析、ポスト処理というプロセスをたどります。

このコースは、Ansys Fluent 2019 Release 1より前のバージョンでは提供されていない機能を説明しています。Ansys Fluent 2019 Release 1以降のバージョンをご利用になれない場合は、Ansys Fluent Getting Started - Classic Workflowを履修してください。

前提条件

  • 流体工学および伝熱工学の学習歴および実務経験があれば理想的ですが、必須ではありません。
  • 工学の学位は必要ありません。

受講対象者

流体エンジニア、燃焼エンジニア、熱工学エンジニア、空力エンジニア

学習方法

講義、および学習内容を確認するためのコンピュータ上の実習。ソフトウェアの操作デモを通じて学習し、設計問題の解決策を構築するプロセス全体に習熟することに力を入れます。

Learning Path

ansys-fluent-getting-started-new-experience-pathway-2019r1.png

Learning Outcome

このトレーニングで、以下ができるようになります。

  • Ansys SpaceClaimを使用してAnsys Fluentで名前選択の定義および共有トポロジーの適用を通じてCADモデルを使用する準備をする。
  • Ansys Fluentで直感的な操作が可能なWatertight Geometryワークフローを使用し、インポートしたCFD形状から高品質のCFDメッシュを作成する。
  • Ansys Fluentで問題の定義、解の計算、および結果のポスト処理を含む基本的なCFDシミュレーションを設定し、実行する。
  • CADのインポートからメッシュ生成、解析、結果までCFDシミュレーションの全手順を、Ansys Fluent環境の同じ単一のウィンドウ内で実行する。
  • Ansys WorkbenchのAnsys Fluentで複数のCFD設計ポイントのパラメトリックワークフローを実行する。

 Available Dates

Date / Time Duration Event Type Location Language Class cost Registration

Learning Options

Training materials for this course are available with an Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. 

Self-paced Learning 

Complete a class on your own schedule at your own pace. Scope is equivalent to Instructor led classes. Includes video lecture, workshops and input files. All our Self-Paced video courses are only available with an Ansys Learning Hub subscription.

Agenda

This is a 3 day classroom course covering both lectures and workshops. For virtual training, this course is covered over 6 x 2 hour sessions lectures only.

Virtual Classroom Session 1

  • Module 1.0 - Introduction to Ansys
  • Lecture 1.0: Introduction to Ansys
  • Module 1.1 - Introduction to Ansys Workbench 
  • Lecture 1.1: SpaceClaim User Interface and Basic Operations
  • Workshop 1.1: Extracting a Fluid Volume in SpaceClaim
  • Workshop 1.2: Repairing Geometry in SpaceClaim
  • Module 1.2 - Creating Geometry in SpaceClaim
  • Lecture 1.2: Creating Geometry in SpaceClaim
  • Workshop 1.3: Creating Mixing Tee Geometry
  • Workshop 1.4: Named Selections and BOIs

Virtual Classroom Session 2

  • Module 02 - CFD Overview
  • Lecture 2.1: CFD Overview
  • Lecture 2.2: Ansys Fluent Single Workflow Demo
  • Workshop 02: Mixing Tee
  • Module 03 - Watertight Geometry Workflow Overview and Surface Meshing
  • Lecture 3.1: Watertight Geometry Workflow Overview and Surface Meshing
  • Workshop 03: Static Mixer

Virtual Classroom Session 3

  • Module 04 - Geometry Description and Volume Meshing
  • Lecture 04: Geometry Description and Volume Meshing
  • Workshop 4.1: Heat Sink1
  • Workshop 4.2: Arcjet1
  • Module 05 - Solution Mode User Interface and Domain Tab
  • Lecture 05: Solution Mode User Interface and Domain Tab 
  • Workshop 05: Manifold
  • Module 4 and associated lectures and workshops are part of Virtual 

Virtual Classroom Session 4

  • Module 06 - Physics Tab
  • Lecture 06: Physics Tab
  • Workshop 06: Addition of Turning Vanes to a Rectangular Duct
  • Module 08 - Parametric Workflow
  • Lecture 08: Parametric Workflow
  • Workshop 08: Parametric Study of a Ball Valve2
  • Module 8 is presented before Module 7 in the Virtual Classroom Session as it fits better with Module 6 into the available two-hour Webex time slot.

Virtual Classroom Session 5

  • Module 07 - Results Tab
  • Lecture 07: Results Tab
  • Workshop 07: Flow Over Heated Obstacles
  • Module 09 - Solution Tab
  • Lecture 09: Solution Tab
  • Workshop 09: Solving
  • Module 10 - Best Practice Guidelines
  • Lecture 10: Best Practice Guidelines
  • Workshop 10: Transonic Flow over an Airfoil
  • Module 7 is presented on Live Classroom Day 2 but has been moved to Virtual Classroom Session 5 as it fits better with Modules 9 and 10 into the available two-hour Webex time slot

Virtual Classroom Session 6

  • Module 11 - Turbulence
  • Lecture 11: Turbulence
  • Workshop 11: Backward Facing Step
  • Module 12 - Heat Transfer
  • Lecture 12: Heat Transfer
  • Workshop 12: Electronics Cooling
  • Module 13 - Transient Flow
  • Lecture 13: Transient Flow
  • Workshop 13: Vortex Shedding