Skip to Main Content

Ansys Q3D 
シグナルインテグリティ入門

概要

Ansys Q3D SI(シグナルインテグリティ)入門コースでは、ネットをグラウンドまたはフローティングに設定したり、帰路を指定したりする際に使用するマトリクス縮合を焦点に置きます。  このコースは新規ユーザーを対象に、Q3Dワークフロー、ソルバー、および解析のセットアップ、ならびにキャパシタンスおよびインダクタンスのマトリックス縮合を扱います。  このコースでは3Dモデリングは扱いません。  Q3DはAnsys Electronics Desktop(AEDT)環境で実行されるため、「HFSS入門」の自己学習コースのリソースとビデオを活用して、AEDT、レポートの生成、および3次元ジオメトリの構築について学習することをお勧めします。  ワークショップは、個人で自己学習に取り組めるようにわかりやすく、役立つ内容になっています。 

前提条件

  • 集中素子電気回路論、つまり、キャパシタンスおよびインダクタンスの知識が必要不可欠です。 
  • 電磁界(EM)シミュレーションの経験は必要ありませんが、電磁界シミュレーションまたはAnsys Electronics Desktop の経験があれば役立ちます。  
  • 準静的解析を含む電磁界の知識が強く推奨されます。 

受講対象者

準静的解析が適用可能なシグナルインテグリティのプリント基板(PCB)および構造を扱っている電子エンジニア。

学習方法

Q3Dの使用に精通し、生産スキルを伸ばすための講義スライドファイルおよびハンズオンシミュレーションワークショップ。コースの完了時にトレーニング修了書が授与されます。

 

Learning Path

ansys-q3d-signal-integrity-getting-started.png

学習成果

このコースの完了までに、以下の項目を習得することをめざします。

  • Q3Dシミュレーション構造で境界およびネットを指定する。  
  • Q3Dシミュレーションのためにソースおよびシンクを指定する。    
  • 解析をセットアップするとともに、3つの異なるQ3Dソルバーの中から選択したものをセットアップする。  
  • 周波数Sweepをセットアップし、対数周波数で結果をプロットする。  
  • キャパシタンスおよびインダクタンスのマトリックス縮合を実行し、結果を解釈する。

 

 Available Dates

Date / Time Duration Event Type Location Language Course Cost Registration

Learning Options

Training materials for this course are available with a Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

 

Agenda

This is a 1-day classroom course covering both lectures and workshops. For virtual training, this course is covered over 3 x 2 hour sessions lectures only.

Module 1 - Introduction

  • Lecture: Introduction to Q3D 
  • Workshop 1.1: BGA Package

Module 2 – Q3D Workflow 

  • Lecture: Q3D Workflow and Simulation Setup Steps 
  • Workshop 2.1: Metal Plates over Ground CG Solver  
  • Workshop 2.2: Metal Bars Inductance  
  • Workshop 2.3: Microstrip Traces and Circuit Export

Module 3 - Solution Setup

  • Lecture: Q3D Solvers and Solution Setup 
  • Workshop 3.1: Touchscreen Length Based Meshing 
  • Workshop 3.2: CG Solve with Higher Accuracy 
  • Workshop 3.3: Lossy Material Frequency Sweep 

Module 4 – Capacitance Matrix Reduction 

  • Lecture: Capacitance Matrix Reduction 
  • Workshop 4.1: CG Join Series Return Path Matrix Reduction 
  • Workshop 4.2: Touchscreen Float Infinity Ground Net  

Module 5 – Inductance Matrix Reduction

  • Lecture: Inducatnce Matrix Reduction  
  • Workshop 5.1: Parallel Microstrip Return Path 
  • Workshop 5.2: Return Path and Ground Net Comparison