高速・高帯域幅の通信システムの設計

新しい業界標準は、速度とスループットが向上した通信システムの設計に斬新なアプローチを必要としています。このようなシステムの設計に携わるエンジニアも、サイズ、重量、電力、市場投入までの期間といった制約に直面しています。

ANSYSのシミュレーションソフトウェアによって、エンジニアはマルチフィジックスのアプローチを採用して、このような課題に対処できます。また、従来の逐次的なタスクを並列に実行するとともに、コンポーネントやサブシステム間の相互作用を調査研究することが可能になります。R&Dチームは連成型のマルチフィジックスソフトウェアを使用して、信号品位、パワーインテグリティ、熱性能、およびEMI/ENCの解析を実施できます。

このアプローチによって、製品の信頼性向上と洞察に基づく技術革新が実現するとともに、物理試験の回数や後段階での不具合の減少に加えて、開発の期間短縮やコスト削減も実現します。


High-Speed, High-Bandwidth Communication Systems Design