HPC - 構造

例えば、メッシュサイズが50万自由度(DOF)を超える比較的詳細な構造解析モデルは、単一CPUコアで解析すると非常に長い時間を要します。ANSYS HPCは、解を得るまでの時間を大幅に短縮します。さらに大規模なモデル(1,000万自由度以上)の場合、シミュレーションを可能にするためにはANSYS HPCによる並列処理が必要です。単一CPUコアでは通常、そのようなモデルを処理するのに十分なコンピュータメモリにアクセスすることができません。

設計への影響

  • ターンアラウンドタイムの短縮
  • 1日あたりの設計評価回数の増加
  • より大規模な、またはより複雑なモデルのシミュレーション

ANSYS HPCの利点

  • 128以上のコア数に対応する分散ソルバーの優れたスケーラビリティ
  • さまざまな構造解析問題でハードウェアアクセラレーター(例:NVIDIA GPUおよびIntel Xeon Phiコプロセッサ)を有効に利用できます。スパース直接法ソルバーに加えて、例えば前処理付き共役勾配(PCG)反復法ソルバーもGPUをサポートします。
  • ハードウェアアクセラレーターは、(大規模な)3次元アセンブリーを含むこともある大規模な3次元線形モデルおよび固着接触(溶接、接着またはボルト締結による接続)に大幅な速度向上をもたらします。
  • 各HPCライセンスにより、CPUコアまたはGPUソケット(またはコプロセッサ)を有効化できます。これにより、柔軟性とスピードというHPCの価値が大いに高まります。すなわち、CPUとハードウェアアクセラレーターの利用可能な組み合わせで最大のスピードアップが得られます。
  • • ANSYSはフレキシブルかつスケーラブルなHPCライセンスをご提供しています。
HPC