Additive Prep

ANSYS Additive Prep

ANSYS Additive Prepは、ANSYS SpaceClaimに組み込まれており、3Dプリンティングのワークフローに密接に統合されています。ユーザーは、サポート要件、ビルド時間および予想される歪み傾向に関して、様々なビルド方向を簡単に調べることができます。

ヒートマップ 

素早く生成されたヒートマップで、部品の方向をガイドするフィードバックを即時に行います。

部品の方向を最適化し、サポート領域を自動検出して、個々の領域を設定してそれぞれのサポートタイプを生成します。数秒後にAdditive Prepによって、サポート形状の複雑なセットが生成されます。生成したセットをエクスポートしてシミュレーションを行い、障害モードを特定するとともに、マシン時間やプリント出力することなく、予想される歪みと応力を判断できます。

Additive Prep Support 

ANSYS Additive Prepによって生成されるサポート形状

Additive Prep機能:

  • ビルド容量の生成
  • 部品の方向付け
  • サポート領域の生成
  • サポートの生成
  • 形状をエクスポートしてシミュレーションを実行

Additive Prepは、ANSYS Additive SuiteとANSYS Additive Printに含まれるほか、SpaceClaimへのアドオンとしても利用可能です。