Skip to Main Content

概要

Ansys LS-DYNAは、接触、大変形、非線形材料、時刻歴応答に関わる問題や陽解法解析を必要とする問題の解析に役立ちます。LS-DYNAが優れている一般的な適用例として、安全および安定性、衝突テストおよび落下テストのシミュレーション、塑性加工の適用事例があります。

前提条件

  • Ansys Mechanical入門トレーニングコースを完了している必要があります。
  • 有限要素法解析の基礎の学習歴および実務経験があることが推奨されます。また、動力学、材料力学、材料モデリング、および非定常動的事象の物理的性質について予備知識があると、理想的です。工学の学位は必要ありません。

受講対象者

短時間の高速衝撃事象が生じる構造を扱う構造エンジニア、衝撃力学エンジニア、落下テスト担当エンジニアおよび設計者。

学習方法

講義およびコンピュータ上でのワークショップを通じて、学習した内容を独自の設計に適用するのに必要となる知識および自信が得られます。

Learning Path

ansys-workbench-ls-dyna-pathway_18-2.png

学習成果

このコースの完了までに、以下の項目を習得することをめざします。

  • 陽解法解析の手法がAnsysで使用する他の動解析手法とどのように異なっているかを理解する。
  • 精度および効率が高い解析を保証するために、Ansys LS-DYNAに固有の適切な解析パラメータを選択する。
  • モデリング抽象化の一般的な手法(剛体、質点、分散質量)を使用して、効率的かつ実現象に即したシミュレーションを生成する。
  • Ansys LS-DYNAに固有のさまざまな接触条件を理解し、ベストプラクティスのガイドラインに基づいてそれらを適用する。
  • 準静的問題の解析でLS-DYNAのロバストな非線形解析機能を活用する。
  • 精度および効率の高い陽解法解析の生成に必要なメッシュコントロールを割り当てる。
  • 精度と効率間のトレードオフを理解しながら、複数のLS-DYNA要素モデルから選択する。
  • キーワードスニペットを使用して、LS-DYNAの高度な機能にアクセスする。

Available Dates

Currently, no training dates available

Learning Options

Training materials for this course are available with a Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

Agenda 

This is a 2-day classroom course covering both lectures and workshops.  For virtual training, this course is covered over 4 x 2-hour sessions, lectures only.

Virtual Classroom Session 1 / Live Classroom Day 1

  • Module 01: Explicit Theory and Workbench LS-DYNA
  • Module 02: Solution Setup, Boundary Conditions, Rigid Bodies
  • Workshop 01.1: Taylor Impact
  • Workshop 02.1: Rotary Draw Bending
  • Workshop 02.2: Drop Test Wizard

Virtual Classroom Session 2 / Live Classroom Day 1

  • Module 03: LS-DYNA Results and Postprcoessing
  • Module 04: Connections
  • Module 05: Quasi-static Analysis and Result Verification
  • Workshop 03.1:  Postprocessing with LS-PrepPost
  • Workshop 04.1:  Impact on Tubes
  • Workshop 05.1:  Quasi-static

Virtual Classroom Session 3 / Live Classroom Day 2

  • Module 06: Engineering Data and Material Models
  • Module 07: Meshing
  • Workshop 07.1: Meshing

Virtual Classroom Session 4 / Live Classroom Day 2

  • Module 08: Element Formulations
  • Module 09: LS-DYNA Keywords
  • Workshop 08.1: Drop Test
  • Workshop 08.2: Bird Strike
  • Workshop 09.1: Crimping Process

  • What is LS-DYNA
  • Time Integration and Time Step
  • Integration of LS-DYNA in Ansys
  • Analysis Settings
  • Loads and Initial Conditions
  • Rigid Bodies and Point Mass
  • Contact
  • Quasi-static
  • Energy Balance
  • Engineering Data and Material Models
  • Meshing
  • Solid / Shell / Beam Element Formulations
  • Connections
  • Keyword Input Command Snippets