Skip to Main Content

Ansys SIwave アドバンスト

概要

Ansys SIwave アドバンストコースでは、EMI(電磁干渉)、DDR4、およびPSI/CPA/CPMモジュールを扱います。このコースでは、SIwaveに組み込まれているメモリーインターフェース設計の物理的抽出およびシステムコンプライアンスの自動検証などの電磁界解析機能を使用して、DDR4の厳格な電気規格を満たすためにEMI試験を行い、基準違反を解決する方法、ならびにPSIソルバー、およびICパッケージおよびPCBのRLCGモデルの抽出を使用したパッケージおよびPCBのパワーインテグリティ解析について学習します。

前提条件

  • 伝送線特性インピーダンス、差動ペア、S パラメータなど、高速デジタル信号電子工学の知識。
  • プリント回路基板(PCB)のレイアウト、ワークフロー(インポートおよびエクスポートの形式)、および標準(例:DDR)についての知識。
  • フルウェーブ電磁界シミュレーションの経験が役立ちますが、必須ではありません。

受講対象者

シグナルインテグリティとパワーインテグリティの両方を含む、高速PCBの設計および検証に従事している電子エンジニア

学習方法

レクチャーモジュール、ワークショップ、および入力ファイル

 

Learning Path

introduction-to-ansys-siwave-pathway.png

学習成果

このコースの完了までに、以下の項目を習得することをめざします。

  • SIwaveでEMI Scannerを設定し、基準違反を評価する方法を設定する。
  • SIwave EMベースの機能(Resonant Mode、Induced Voltage、Near Field、Far Fieldなど)を使用して、EMI Scanner違反を調査および探索する。
  • メモリーインターフェース設計の物理的抽出およびシステムコンプライアンスの自動検証を実施する。
  • 最適なメモリーインターフェース設計のために、詳細かつ精度の高いシステムシミュレーションを実行してプリおよびポストレイアウト検証を調査する。
  • パッケージおよびPCBのパワーインテグリティ解析から最良の結果が得られるようPSIソルバーをセットアップする。
  • SIwave-CPA(チップパッケージ解析)使用してICパッケージおよびPCBのRLCGモデルを抽出する。
  • CPMモデルを読み込んだSIwaveパッケージをCircuit Simulatorに動的にリンクして過渡ノイズをシミュレーションする

 

 Available Dates

Date / Time Duration Event Type Location Language cost Registration

Learning Options

Training materials for this course are available with an Ansys Learning Hub Subscription. If there is no active public schedule available, private training can be arranged. Please contact us.

 

Agenda

This is a 1-day classroom course covering both tutorials and workshops. For virtual training, this course is covered over 2 x 2-hour sessions, tutorials only.

Virtual Classroom Session 1

  • Lecture 1: Introduction to Electromagnetic Interference 
  • Workshop 1: EMI Scanner
  • Workshop 2A: EMI Workflow (Induced Voltage, Resonant Mode)
  • Workshop 2B: EMI Workflow (Near Field, Far Field)
  • Workshop 3: DDR4 Channel Compliance 

Virtual Classroom Session 2

  • Lecture 2: Introduction to Chip-Package-System Analysis
  • Workshop 4: SIwave_PSI 
  • Workshop 5: SIwave_CPA
  • Workshop 6: Transient Analysis Using Chip Power Model (CPM) 
  • Basics: Importing 3rd party files, Layout operations, Component configuration, etc.
  • Signal Integrity
  • Power Integrity
  • EMI Scanner and EMI Xplorer
  • Induced Voltage, Resonant Mode, Near Field, and Far Field Simulations
  • Virtual Compliance
  • PSI, CPA, CPM transient