ANSYSスタートアッププログラム

ANSYSスタートアッププログラムでは、起業家の皆様を支援するために構成されたシミュレーションソフトウェアバンドルを特別価格で提供しています。ビジネスを迅速に、コスト効率よく成長させるためにお役立ていただけます。起業当初は資金が限られるうえ、収益がほとんど得られないものです。このプログラムは、ANSYSという最高のシミュレーションツールを最小限の初期投資で導入し、それを糧に最大限の成長を遂げていただくことが狙いです。世界屈指の大手企業も、多くはスタートアップ企業から始まりました。ANSYSは、パートナーシップを通して、未来の業界リーダーを目指す現在のスタートアップ企業を応援します。

スタートアッププログラムのパートナーになると、その直後からANSYSのソリューションにアクセスし、新製品の仮想プロトタイプを構築できます。シミュレーションを利用すれば、1つの物理プロトタイプを作成してテストする時間で、仮想プロトタイプを何百回も変更してテストできるため、製品設計完成までの時間とコストを大幅に節約できます。このパートナーシップを通して、構造および流体、電磁界、および組込みソフトウェアの各バンドルを含むANSYSのマルチフィジックスシミュレーションバンドルをすべてご利用いただけます。また、ANSYSとの共同マーケティングの機会、当社カスタマーポータルでのセルフガイド式サポートや技術サポート依頼などの利点も得られます。

スタートアップ企業の方も、多様なスタートアップ企業を支援しているインキュベーターの場合も、またエコシステムの一翼を担っている方も、ANSYSでどんな利点がもたらされるのかを以下のリンクよりぜひご覧ください。

 
スタートアップ企業向けカタログをダウンロード

インキュベーター向けカタログをダウンロード
スタートアップ企業
インキュベーター&アクセラレーター

Startup Program Spotlight

PLD Space Leverages ANSYS Startup Program

PLD Space社、ANSYS Startup Programを有効活用

スペインの航空宇宙関連のスタートアップ企業であるPLD Space社は、ANSY Startup Programのツールを有効活用して小型の衛星発射装置を開発しています。ANSYSのシミュレーションソフトウェアを使用してアイデアの実現性を確認し、コストを削減し、スケジュールに沿った開発を進めています。PLD Space社はANSYSとともに歩み始めた若い企業で、ソフトウェアを有効に活用して成長し、将来に向けてANSYSと強固な絆を保っていきます。

ビデオを見る

Vector and ANSYS

Vector社

Vector社は、打ち上げロケット用小型宇宙船市場への参入に取り組むスタートアップ企業です。ナノサテライト打ち上げロケットの作成時にはすべてを縮小する必要があるため、より小型のペイロードに最適化しながらすべてをスケーリングすることがエンジニアに要求されました。ロケットエンジンのあらゆる流体とそれを取り囲む材料との相互作用を理解するため、エンジン内の高温燃焼ガスやエンジンに流れ込むさまざまな極低温液体などの解析にANSYSが活用されました。ANSYSスタートアッププログラムを通して提供されたのは、この新企業にとってまさに格好のシミュレーションツール群でした。おかげで、同社は必要なツールを1か所で揃え、すばやく解析を実行し、その結果を設計に直接反映させることができました。

ビデオを見る

ARC

ARC社

ARC社は、3Dプリンティングテクノロジーを駆使してロケットエンジンを従来の1/10の時間と半分のコストで作成し、より信頼性の高い推進ソリューションをより低価格で提供することにより、宇宙をより身近なものにすることを目指しています。ANSYSのソフトウェアにより、きわめて正確かつ有益なデータが得られ、テクノロジーの変更および開発が効率化されました。

ケーススタディを見る

Autorient

Autorient社

Autorient社は、自律機械、自律ロボットおよび自動運転車の位置決めと制御に関するソリューションの提供を目標としています。この市場で勝者となるためには、計測システムの小型化と性能向上が必要不可欠です。このケーススタディを読むと、モデリングとシミュレーションによりシステムの挙動や機械的、熱的および電気的な特性を十分に把握できることが分かるでしょう。

ケーススタディを見る

Polytenna

Polytenna社

Polytenna Technologies社は、アンテナにプラスチックを用いることによりミリ波アンテナに革新をもたらしました。同社のエンジニアは、ANSYS HFSSを用いて複雑なEM構造を実現し、ミリ波のような高周波では大きく劣化してしまうことがあるアンテナの性能を予測しました。人的リソース面で時間と費用を削減することが可能となったと同時に、作業の繰り返しを無くすことによってコスト削減が可能となりました。

ケーススタディを見る

Edisun and ANSYS

Edisun社

スタートアップ企業であるEdisun社は、同社初の製品PV Boosterの設計とテストに、ANSYSスタートアッププログラムで提供されるソフトウェアを活用しました。PV Boosterは、商業市場および産業市場で唯一の2軸ルーフトップトラッカーで、ソーラーパネルの利用効率を高めることで経済性を20%向上します。ANSYSを利用することにより、Edisun社は設計サイクルを加速し、製品化までの時間を短縮し、作業効率を高めることができました。

ビデオを見る

General Fusion

General Fusion社

General Fusion社は、50人以上の研究開発の専門家チーム体制でワールドクラスの磁化標的核融合の研究開発を進めており、迅速にかつ低コストで先進の核融合システムの設計、シミュレート、プロトタイプ作成、試験を行っています。

ケーススタディを見る

Bioana stent

Bioana社

Bioana社は、医療技術の設計および開発を専門としています。医療機器は、患者体内への移植前に、試験によって機器の寿命、作製に最適な材料、必要とされる耐久応力などを確認する必要があります。シミュレーションにより、複数の機器を同時に試験して改善し、ソリューションを最適化できるようになりました。

ケーススタディを見る

 HuMoTech Case Study

HuMoTech

HuMoTech社のエンジニアはANSYS Mechanicalを使用してプロテーゼエンドエフェクタを25%軽量化しました。これにより、より多くの人工器官をより正確にエミュレーションすることができます。 さらに、人工器官の設計および試験時間が短縮され、より良いフィット感が得られるようになることから、患者のQOL(生活の質)が向上し、臨床医および研究者がより効果的になるのに役立ちます。

ケーススタディを見る

Auto Drive Solutions社

Auto Drive Solutions社は、スペインのマドリードにあるスタートアップ企業で、これまでに無い精度が1cm以下の鉄道や自動車用のレーダー位置検出システムの開発に注力しています。ANSYS SCADEを用いて安全度水準レベル4(SIL 4)に適合する安全で高精度のソフトウェアの開発と認証を行い、ベストな製品開発に注力して、投資に見合った大きな成果を得ています。

ビデオを見る

LACI

Los Angeles Cleantech Incubator (LACI)

Los Angeles Cleantech Incubator(LACI)は、クリーンテクノロジーの商品化とスタートアップ企業への技術リソースの提供を目的に設立されました。LACIがANSYSスタートアッププログラムのパートナーになったことで、ANSYSのシミュレーションツールへのオンサイトアクセスを通してスタートアップ企業に多大な価値がもたらされています。スタートアップ企業は、時間を節約し、変更に伴うリスクを低減し、コストを節約しながら製品開発プロセスを加速できるようになりました。

ビデオを見る

SafespillCaseStudy

Safespill Systems社

Safespill Systems社は、こぼれた液体を吸収し指定の閉じ込め容器に汲み出す上面に穴の開いたモジュール型中空アルミ床を製造しています。同社のエンジニアは、ANSYS Mechanicalシミュレーションを用いてコンピュータ上でマルチプルイテレーションを行い、初期の設計に比べて圧縮力が75%も高い製品開発が可能となりました。

ケーススタディを見る

BoroniteCaseStudy

American Boronite社

American Boronite社は、独自の化学蒸着(CVD)システムを用いて窒化ホウ素のナノチューブを製造しています。ANSYSの数値流体力学(CFD)シミュレーションソフトウェアを使用して製造中にCVD反応器内で生じる熱と物質の移動を把握し、連続製造システムの効率を高めています。

ケーススタディを見る

First Water Case Study

First Water社

First Water社は、いかだに代わる革新的な一連のカヤックやカヌーを開発しています。ANSYS Startup Programを介してエンジニアリングシミュレーションソフトウェアを使用し、許容される時間と予算内で個々のボートのモデルデザインを最適化しています。さらに、ANSYSのツールを用いて、ボートが重要な安全パラメータと基準を満たすことを確認しています。

ケーススタディを見る