ANSYSが初のビッグデータ、機械学習システムに対応した エンジニアリングシミュレーションを発表

新しいANSYS SeaHawkにより、モバイル、データセンター、IoT市場向けの低電力、高性能エレクトロニクスを実現

ピッツバーグ、2016年5月19日ANSYS(NASDAQ:ANSS)は、エラスティックコンピューティング、ビッグデータおよび機械学習の高度なコンピュータサイエンスを、フィジカルベースのエンジニアリングシミュレーションの世界と結び付け、製品開発の未来への第一歩を提供しました。本日提供を開始した独自のANSYS® SeaScape™ アーキテクチャにより、これまでにない速さでのイノベーションが可能になります。ANSYS® SeaHawk™ は、この新しいプラットフォームの機能を利用する初めての製品です。これにより、次世代のチップ設計を短期間で最適化できます。

エンジニアリングシミュレーションは、途方もない量のデータを生成しますが、ほとんどの組織は、そのデータを将来の製品設計に効果的に活用しきれずにいます。たとえば、典型的なチップ1つをとってみても、シミュレーション可能な変数は数十億個にも上ります。同時に、高度に専門化されたエンジニアリングスーパーコンピューティングリソースは、複雑さを増す製品に必要とされる精度の高いシミュレーションの需要になかなか追いつきません。エラスティックコンピューティングやMapReduce といったビッグデータテクノロジーを活用することにより、SeaScape は、ほぼすべてのエンジニアリング設計目的の場面で、これらの問題に対応可能なインフラストラクチャを提供します。これらの結果から、製品開発者は設計段階の早期に実態を把握できるため、より短時間でのイノベーションが可能になります。ANSYS は、Intel 社と協力して、メニーコアのIntel® Xeon® プロセッサおよびIntel® Xeon Phi™ プロセッサファミリをフル活用するようにSeaScape を最適化しました。

SeaScape インフラストラクチャの最初の製品であるSeaHawk は、LSI の設計を劇的に変革します。これは、シミュレーションのカバレッジ、所要時間、解析の柔軟性が大きく向上したためです。ビッグデータテクノロジーとANSYS の実績あるシミュレーション機能を組み合わせることにより、SeaHawk ユーザーは多くのことが可能になり、パフォーマンスやスケジュール上の制約を犠牲にすることなく、チップのサイズや消費電力を削減できます。すでに使用しているユーザーは、平均5% のダイサイズ縮小を実現しています。これは、生産時に数百万ドルものコスト削減につながる可能性があります。

「ダイサイズの縮小と開発期間の短縮は、LSI 設計エンジニアが目標としてきたことですが、今日のインデザインソリューションの制限の下では、わずかな成功にとどまっていました。ANSYS SeaHawk は、前例のないシミュレーション性能と設計の実態を見極めることにより、インデザインとサインオフのニーズを結び付けます。サインオフの精度やカバレッジが犠牲になることもありません。本日SeaHawk をEDA 業界に提供できること、また、その他のSeaScape ベースの製品を弊社の今後のシミュレーション製品全体に提供できることを誇りに思います。」(ANSYS、統括マネージャー、John Lee)

柔軟性の高い低メモリコンピューティングインフラストラクチャを使用して、SeaHawk(現在は顧客エンゲージメントに対応可能)は、性能や所要時間を著しく改善してきました。すばやい洞察は、設計内の最適化を推進します。ANSYS は、代表的なサインオフシミュレーションを活用し、今ではチップ開発サイクルの初期段階でもメリットが得られるようになっています。

「ANSYS SeaHawk によってエンジニアリングシミュレーションのパフォーマンスは向上し、ユーザーは制約なしで設計の最適化やイノベーションが自由自在になります。弊社とANSYS の協力によって両社のお客様にイノベーションとパフォーマンスが提供され、より高い価値とパフォーマンスが短時間で実現します。弊社はANSYS と共に、Intel® Scalable System Framework を活用する市場に最先端のシミュレーション機能を提供します。」(Intel 社、高性能コンピューティングプラットフォームグループ、マーケティング担当部長、Hugo Saleh 氏)

ANSYS について

ANSYS は、エンジニアリングシミュレーションの分野で世界をリードしています。ANSYS 製品は、高い速度・精度・信頼性を誇る幅広いシミュレーションツールにより、お客様が直面する非常に複雑な設計問題の明確化と洞察を可能にします。ANSYS の技術は、あらゆる業界の企業が、高品質で革新的かつ持続可能な製品を短期間で設計することを可能にするものです。1970 年に設立されたANSYS は、3,000 人近いプロフェッショナルを擁し、そのうち700 人以上は有限要素解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび電磁気学、組み込みソフトウェア、システムシミュレーション、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYSは、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

また、ANSYS は主要なソーシャルチャネルで確固たる地位を築いています。シミュレーション関連の情報については、 www.ansys.com/Social@ANSYS をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc. のCAE ソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-T

Contact

Media:
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors:
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130430/NE03388LOGO

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ