PRATT & WHITNEY社、ANSYSのエンジニアリングシミュレーションを標準として採用

ANSYSの先進マルチフィジックスプラットフォームへの広範なアクセスにより、次世代航空機および補助動力装置の開発が推進される

ピッツバーグ、2017年5月2日 – エンジニアリングシミュレーションソフトウェアの世界的リーダーであるANSYS(NASDAQ:ANSS)は、ANSYSの先進エンジニアリングシミュレーションとサービスへのアクセスを可能にする新たな契約をPratt & Whitney社と締結しました。

United Technologies Corporation(NYSE:UTX)の一部門であるPratt & Whitney社は、航空機エンジンと補助動力装置(APU)の設計、製造およびサービスに関する世界的リーダー企業です。

「このANSYSとの新しい契約により、Pratt & Whitney社の世界各地のチーム間の連携が強化され、我々が抱える非常に複雑なエンジニアリング課題をより効率的に解決することができるようになります。これにより、コストのかかる物理テストを削減し、製品の開発を加速させることができます。」(Pratt & Whitney社、Core Systems Engineering、Vice President、Steve Morford氏)

「ほぼ一世紀の間、Pratt & Whiney社は最先端の航空機エンジンで業界をリードしてきました。私たちは、長年にわたり、この真の革新的企業と一緒に仕事をしてきたことを光栄に思うとともに、エンジニアリングシミュレーションの力を通じてこの関係を強化していきたいと考えています。」(ANSYS、製品開発部門担当Vice President、Shane Emswiler)

ANSYS について

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PC を使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYS のソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYS は、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYS は、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、www.ansys.com/About-ANSYS/social-media をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-T

Contact

Media:
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ