ANSYS RMxprt

ANSYS RMxprt

電気機械および発電機の設計者は、テンプレートベースの設計ツールであるANSYS RMxprtを使用してANSYS Maxwellの解析機能を強化することができます。ANSYS MaxwellとANSYS RMxprtを併用して真にカスタマイズされた機械設計フローを作成し、高効率で低コストな機械に対する市場の要求を満たすことができます。従来の解析的モータ理論と等価磁気回路法を使用して、ANSYS RMxprtでは機械の性能を計算し、初期サイズを決定して、数百回のwhat-if分析をほんの数秒間で実行することができます。

ANSYS RMxprtの主なメリットの1つは、形状、材料および境界条件を含めた完全なANSYS Maxwellプロジェクト(2D/3D)を自動的に設定できる能力です。この設定には、厳密な電磁界非定常解析のための連成回路トポロジーを備えた適切な対称性と励起が含まれています。ANSYS RMxprtでは、非線形および渦電流効果を考慮した低次元モデルが自動的に生成され、そのモデルがANSYS Simplorerに送られます。ANSYS Simplorerでは、追加の電気駆動解析を実行できます。同様な方法で、ANSYS RMxprtでは、対応する電気機械の低次元モデルと連成させるために、ANSYS Simplorer内の独立したコンポーネントとしてカスタマイズされた駆動回路トポロジーが設定されます。