3Dプリンティング

ファセットデータを完全な状態に復元
SpaceClaimの直感的なインターフェースにより、従来よりもスピーディに効率よく、3Dプリンティング用のモデルを作成、編集、準備できます。STL Prepモジュール(ファセットデータツールキット)を使用すれば、STLファイルを直接編集できるだけでなく、自動化された多数の準備ツールを3Dプリンティングに役立てることができます。

直感的なワークフローでは、ファセットファイルに欠陥がないか調べ、さらにファイルをプリント可能なモデルに修復します。オーバーラップや交差部分、過剰に接続された三角形要素など不完全な箇所があっても、SpaceClaimのツールが素早く自動的にすべてのSTLボディを修復し、プリントできる状態にします。

完全なSTL編集機能
SpaceClaimでは、ソリッドと同様の操作によって、ファセットデータを思いどおりに編集できます。ファセットの集合体を編集したり、モデルを変形する場合には、使い慣れたPullMoveなどの操作ツールを使用します。また、ブーリアン演算ツールにより、ファセットモデルのサーフェスデータやソリッドデータを増減できるため、変更をさらに自在に、素早く行えます。

最適化ツールでは、オブジェクトのコーススキャンで取り込んだファセットをスムージング(平滑化)し、ノイズを低減できます。シェル化およびインフィル(充填)は、消費材料を最小限に抑えながら、強度と重量のバランスを取るうえで役立ちます。さらに、一連の解析ツールを使用することで、モデルで適切な壁厚さを確保し、重要な領域のオーバーハングを防ぐことができます。

SpaceClaimSTL Prepモジュールが持つハイブリッドな性質により、最高のソリッドモデリング手法とその柔軟なSTL編集ツールを組み合わせて利用できます。必要なツールを選んでモデルを最適化し、望みどおりの結果が得られます。

ファセットデータ機能:

  • シュリンクラップ機能により、不完全なCADやファセットモデルからプリント可能なファイルを素早く作成
  • 不完全なSTLファイルを自動修復して、欠陥のないモデルを作成
  • モデルのシェル化とインフィルにより、無駄をなくしながら強度を向上
  • 間引き、サイズの正規化、ファセットのスムージングにより、プリント品質を向上
  • 大規模モデルのプリント用の重ね継手を素早く作成

デモのご依頼はこちら

SpaceClaim GE Bbracket Lattice Structure Cross Section