自律走行車と先進運転支援システム

自律走行車(AV)および先進運転支援システム(ADAS)の開発競争が始まっています。主要な自動車のOEMとティア1サプライヤーは、新たな参入者とともに、競争を勝ち取るためにAVおよびADASの開発努力を加速させています。

レーダー、LIDAR、V2X通信、センサーフュージョン、ディープラーニング等が関連する自律運転技術は、従来の自動車技術とは全く異なっています。さらに、安全性が最も重要で、エラーが起こると一瞬にして致命的な結果を招いてしまいます。

安全基準を満たすためには自律走行車で何十億マイルもの走行試験を行うことが望ましいのですが、それでは開発に何世紀もかかってしまいます。AVとADASの開発は、コストがかからず早く正確な結果が得られるコンピュータシミュレーションを用いてのみ可能となります。したがって、自律走行車の開発では、シミュレーションが最も重要となります。

シミュレーションを用いると、何千もの運転シナリオを迅速に検証することができます。センサーの性能とそのアルゴリズムが迅速に最適化され、市場投入までの時間が短縮されます。

ANSYSの包括的なシミュレーションプラットフォームは、忠実度の高い、物理ベースのセンサーモデリングからISO26262およびAUTOSARに適合した組込みソフトウェアとHMI開発ツールに至るまでの、自律走行車と先進運転支援システムのシミュレーションを行うための幅広く奥深いすべての機能を提供します。

ADAS

トレーラーが道路を横切った際に、障害物を感知しブレーキを掛ける、自律走行車のシステムレベルのシミュレーション。