形状最適化

形状として最適化されていなければ、アセンブリのすべての部品はおそらく必要以上の重量を抱えています。過剰な重量は過剰な材料が使われていることを意味し、可動部の負荷は必要以上に高くなり、エネルギー効率が低下し、部品の輸送費が高くなります。ANSYS Mechanicalは、形状最適化技術を用いて、どんな用途に対しても耐久性のある軽量なコンポーネントを設計するのに必要となるツールを提供します。目標を容易に定め、製造要件が満たされるようにコントロールし、材料の最小厚さを設定し、削除する部分を決めることができます。

従来の設計アプローチでは、設計の制約を取り除き新しい可能性を開く付加製造のような新しい製造方法の多くには対応できません。最適な形状は、有機的で反直感的なことが多く、その設計には従来とは異なったアプローチが必要です。形状の最適化では、材料のどの部分を支持し負荷をかけるかを決め、ソフトウェアで最適な形状を見つけ出します。今では、構造の軽量化が簡単に行え、CADの形状を引き出し、最適な形状を迅速に検証することができます。また、複合材料部品のような場所に依存する材料、3Dプリンティングで作成されるコンポーネント、骨や生体組織をシミュレートしより正確な結果が得られます。

Topology Optimization

ANSYS Mechanicalの形状最適化により、容易に削除する部分を決め、コンポーネントの効果的な軽量化を実現。