ANSYS Mechanical Enterprise Capabilities

非線形アプリケーション

非線形解析技法を備えた機械工学ソフトウェアに、接触、形状、および材料の非線形性を組み込むことができます。Mechanical Enterpriseにより、このようなすべての現象の作用を組み合わせて、または分離して調べることができます。

接触で解析するパーツ間の界面では、摩擦、加熱、圧力、凝集を考慮することによって、ボトル結合、ガスケット、またはその他のタイプの接合など、パーツ間の接合部の実際の挙動に関する正確性を高めることができます。

地力学、金属、超弾性、複合材料に対応する先端材料モデルがユーザー定義の材料と組み合わされて、非線形解析の完全なソリューションになります。テストデータを利用するか、または材料モデルライブラリに組み込むことによって、金属、ゴム、土壌、コンクリート、形状記憶合金、その他多くの材料を解析に組み込むことが簡単にできます。

変形が非常に大きいモデルの場合は、非線形順応メッシュを利用すると、従来のアプローチでは困難だったソリューションを自動的に継続できます。

Mechanical Enterprise Capabilities: Nonlinear applications

Dynamics

Mechanical Enterpriseには、動的FEA解析に対応する全範囲の機能が組み込まれています。非定常(陰解法および陽解法)、線形、およびローター機能が組み合わされて、時間と周波数の領域における解析用の完全なソリューションになります。これは1つのインターフェースで行われるため、習得と設定の時間を短縮できます。

陽解法ソリューションでは、落下、衝突、発泡解析など、高速衝撃や超大変形を解析できます。

線形力学ソルバーは、かつてない速度で、モーダル、調波、スペクトル反応、またはランダム振動の解析を実行できます。回転機構のローター力学解析も可能です。

非定常解析(陰解法と陽解法の両方)を利用すると、時間に依存する事象を検証し、システム慣性およびその他の現象を考慮に入れることができます。

Mechanical Enterprise Capabilities: Dynamics

ANSYS SpaceClaim

ANSYS SpaceClaimは、さまざまなCADシステムのパーツを組み合わせる、または不要な機能を整理して削除するなど、形状準備のあらゆる側面を引き受けます。ミッドサーフェスモデルを作成する、またはビーム抽出を実行することは、集中的なシミュレーションをより管理可能なシミュレーションに転換できる単純な操作です。

SpaceClaimは、ゼロから形状を作成することも、シミュレーション準備で汚れた形状を整理、修復することもできる、直接モデル化ツールです。従来のCADツールより、はるかに高速です。

さまざまなシステムから直接、CADファイルを読み込み、ECADツールのファイルを使用して、電子モデルを作成することができます。そのまま解析できる、ファセットSTLデータも容易に作成できます。これは、リバースエンジニアリングまたはスキャンデータのインポートで特に便利です。

Mechanical Enterprise Capabilities: ANSYS SpaceClaim

Multiphysics

構造解析単独でも、工学の多くの問いに答えることはできますが、シミュレーションが真の仮想プロトタイプになるような形で結合して、他の解析のデータを使用することもよくあります。ANSYS Mechanical製品により、プロジェクト概念図から他のシミュレーション結果に直接結合できます。たとえば、CFDと電磁場間の結合シミュレーションを利用すると、ファイルの保管場所を指定したり、メッシュをマッチングさせたりしなくても、他のソルバーの結果を構造解析にマッピングできます。2Dデータを3D構造にマッピングすることもできます。

外部のサードパーティシステムからデータを読み込むこともできます。Mechanical Enterpriseにより、双方向流体-構造連成(FSI)と呼ばれることの多い、完全結合された双方向非定常解析に対応するCFD解析と結合できます。これにより、流体と構造が相互作用する、工学上の課題について、洞察力が向上します。

Mechanical Enterprise Capabilities: Multiphysics

Composites

複合構造は材料強度を与えることができる一方、構成要素または製品の重量を減らすことによって、エネルギー効率が大いに向上します。 エンジニアは基本的に、使用材料(ポリマー、炭素繊維など)と複合物の層の物理構造と順序に基づいて、材料と形状を設計できます。

Mechanical Enterpriseには材料とモデル化の両方の機能があり、安心して複合物をモデル化できます。製造する場合と同様に、層状複合物の構造をモデル化できます。モデルに層が追加され、ファブリックで検出されたドレーピング、方向、せん断力がキャプチャーされ、必要に応じて、3D立体モデルに変換されます。

ポスト処理では、モデル全体の破壊基準を1ステップで解析でき、破壊の仕組みとともに、破壊が生じたモデルの要素と層が特定されます。

コア材料がある場合もない場合も、シェルまたは立体での層状複合物のモデル化を安心して実行できます。エンジニアは1回のシミュレーションで複合パーツを他の非複合パーツと組み合わせて、実際の工学的洞察力が得られる、アセンブリ全体のモデルを構築できます。

Mechanical Enterprise Capabilities: Composites

Optimization

ANSYS DesignXplorerは、構造解析の最適化を効率的に行います。

シミュレーションまたは形状システムで定義されたパラメータを利用して、最適化の目的を果たすために最適な組み合わせの入力パラメータを明らかにする調査を作成できます。

DesignXplorerは形状、材料、荷重、メッシュ、ユーザー定義の値など、さまざまなパラメータで最適化調査を進めることができます。全範囲のアルゴリズムが利用できるため、必ず、最適なソリューションを最適化に適用できます。必要に応じて、サードパーティのツールやアルゴリズムを使用することも選択できます。

DesignXplorerはさまざまな解析タイプに対応するため、システム全体を1つのプロジェクトで検討できます。

Mechanical Enterprise Capabilities: Optimization

Customization

組織固有の解析手順に合わせ、ANSYS Customization Toolkit(ACT)を使用して、カスタマイズされた高速ワークフローと解析タイプを作成します。 ACTにより、ウィザードやカスタムシミュレーションツールを作成できるだけではなく、サードパーティのソルバーをプラグインして、ベストプラクティスの遵守に有効なシミュレーションツールを提供できます。 ACTの拡張機能で経験豊富なユーザーが獲得した知識や技法を他のチームメンバーに引き渡すことも、カスタマイズツールによって簡単になります。 作成されたACT拡張機能は、同僚や他社に提供することができます。ANSYS App Storeに送って、だれでも利用可能にすることもできます。

Mechanical Enterprise Capabilities: Customization

Hydrodynamics

洋上の構造は、波、潮流、風の作用による環境荷重を受けます。このような構造の設計要件は、従来の陸上構造とは大きく異なる可能性があります。荷重と構造反応にその作用を解析することは、設計プロセスに欠かせない構成要素であり、ANSYSは広範囲のアプリケーションにわたって荷重条件と構造反応を解析できる機能を幅広く提供しています。ソリューションの選択は、所定のアプリケーションに求められる詳細レベルによって異なり、トラスタイプに適した簡素なモデルから、流体荷重環境のあらゆる側面が含まれる、高品質シミュレーションまでさまざまです。

ANSYS Mechnical Enterprise Application: Hydrodynamics