Skip to Main Content

  

PRESS RELEASE
DATE: 1/3/2022

3M社とAnsys、接着接合部の設計を改善し持続可能性を高めるためのエンジニア向けトレーニングを開設

3M社のリサーチ・サイエンティストが講師を務めるAnsys Learning Hubの コースを通じて、エンジニアはテープと接着剤を使用して材料の無駄を省きながら革新的な設計を開発することが可能に


主なハイライト

  • Ansysと3M社は先進のシミュレーショントレーニングプログラムを開発し、エンジニアは設計の一部にテープと接着剤を用いる際の製品設計および持続可能性を向上させることが可能となりました。
  • 接着に関するモデリングとシミュレーションの3つの産業レベルのトレーニングコースが、拡張された一つのまとまった認定プログラムとして利用できるようになりました。

ペンシルベニア州ピッツバーグ、2022年1月3日 ― 3M社(NASDAQ:MMM)とAnsys(NASDAQ:ANSS)は、エンジニアが製品開発プロセスを改善し、設計ステージを迅速化、材料の無駄を無くすことを支援する材料モデリングトレーニングプログラムを開設しました。このトレーニングプログラムを受けたエンジニアはより良いシミュレーションの設定と解析を行い、設計を改善して、設計の一部にテープと接着剤を用いた次世代製品の市場投入を早めることが可能になります。

3M社は工業用機器、ヘルスケア、セーフティ、個人用製品などの幅広い分野で広く使用されている接着剤の開発と供給を行う市場のリーダーです。接着剤の開発サイクルを通じ、3M社の科学者とエンジニアはAnsysのソリューションを用いて接着が構造健全性を維持できるかを検証しています。

3M社のリサーチ・サイエンティストが講師を務めるAnsys Learning Hubの コースは、テープと接着剤を使用したエンジニアの革新的な設計を支援します。

3M社のリサーチ・サイエンティストが講師を務めるAnsys Learning Hubの コースは、テープと接着剤を使用したエンジニアの革新的な設計を支援します。

シミュレーションを用いることで、エンジニアは持続可能性を大きく向上させ、先進の高分子材料の解析を行う際の設計判断を検証することができます。エンジニアは効率的なシミュレーションを行うためのテープと接着剤に関する正確なエンジニアリングデータを得ることが難しく、これにより大量の材料廃棄や試作サイクルが増え、持続可能性に向けた努力の障壁となっています。この問題を解決するために、3M社とAnsysは協業してテープと構造用接着剤のモデル化、接着剤と接合部の設計の最適化、材料廃棄の削減、生産効率の向上に関してエンジニアをトレーニングする産業材料モデル化トレーニングプログラムを開発しました。さらに、3M社はAnsysユーザーにテープと接着剤製品の検証されたFE材料モデルを提供しています。

「Ansysと3M社は共同で、生産性を高め市場競争に勝利し環境の持続可能性を大きく向上させるために、現在および将来のエンジニアが有用な材料科学やデジタルエンジニアリングソリューションの活用方法を学ぶことができる最先端の学習環境を創り出しています。このプログラムを通じて、エンジニアは核となる原理とプロセスを学び、非常に複雑なエンジニアリングの課題を克服することができます。」(3M社工業用接着剤およびテープ部門構造用接着剤担当、バイスプレジデント、Rebecca Miller氏)

このプログラムの第一弾として、接着剤モデリングおよびシミュレーションに関する産業レベルの3つの学習コースがAnsys Learning Hub(ALH)で提供されています。ALHは、Ansysによる学習・自己開発プログラムで、デジタルエンジニアリングソリューションのトレーニングに加え、さまざまな産業分野のリソースを提供します。本コースは3M社の科学者とエンジニアが行うオンデマンド方式とインストラクター主導方式のトレーニングを組み合わせたものです。このプログラムはすべてのALHのお客様が参加できます。今後このシリーズは材料モデリングエンジニアの主要な技能分野を網羅したガイド付き学習プログラムに拡大し、材料産業の資格認定プロセスに組み込まれる認定プログラムとなる予定です。

Ansys Learning Hubは、450のAnsysトレーニングコース、1,200以上の実践実習用の自習ワークショップ、400時間の題材に応じたレクチャービデオとAnsysの専門家による年間200以上のバーチャルあるいはライブのトレーニングイベントなど一連の学習カリキュラムをAnsysのお客様に提供しているオンデマンドのポータルサイトです。このプログラムはまた、教育目標を管理するツールやインストラクターが主導するブレイクアウトルームも提供しています。

「エンジニアが接着を行う際に最適な接着剤と接合部の設計を決めることを支援する迅速でロバストなソリューションを習得することにより、コストのかかる材料廃棄を大きく削減しチーム全体にわたる環境の持続可能性を高めることができます。3M社と共同で行うこのトレーニングプログラムを通じて、エンジニアは自らのスキルを向上させ、生産性を高め、材料廃棄を削減し、迅速に製品を市場に投入することができるようになります。」(Ansys、シニアバイスプレジデント、Shane Emswiler)

Designing with 3M™ Tapes and Adhesives

Introduction to modeling 3M™ Structural Adhesives using Ansys

Introduction to modeling 3M™ Pressure-Sensitive Adhesives using Ansys

 

3M社について



3M社は、人びとの日々の暮らしをより豊かにするために、世界中のお客様と連携しながら、サ イエンス(科学)を活用しています。グローバルにおける課題の解決に向けて、3M が取り組んでいる創造的なソリューシ ョンの詳細は、https://www.3m.com または Twitter の@3M、@3MNews をご覧ください。また、3M ジャパングループについ ては www.3mcompany.jp (https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/ )をご覧ください。

 

Ansysについて

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、Ansysのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。Ansysは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、Ansysは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたAnsysは、本社を米国のペンシルベニア州ピッツバーグ南部に置いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

Ansys、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS–C

Ansysができること

お問い合わせ

* = 必須項目

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

We’re here to answer your questions and look forward to speaking with you. A member of our Ansys sales team will contact you shortly.

フッター画像