Skip to Main Content

Ansys 2022 R2:Ansys Maxwell の新機能

Watch Presentation


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Ansys Maxwellの2022 R2アップデートには、磁気ラッチング解析の改善、誘導機のコアロス依存型Reduced Order Modeling、Skewモデリングの多数の強化など、複数のアップデートが含まれています。これらの新機能の詳細と、電気機械部品または完全な電気機械のさらなる設計プロジェクトへの適用可能性についてご紹介します。当社は、これらのアップデートを通じて、電気機械システムの低周波電磁界シミュレーションにおいて、EDA市場をリードし続けています。

 

学習内容 :

Ansys Motionによる磁気ラッチング解析ワークフロー - Ansys MotionとAnsys Maxwellを使用したコ・シミュレーションにより、ポータブル電子機器における磁気ラッチングの共依存性と複雑な相互作用を把握することができます。

誘導機のコアロス依存ROM - 周波数依存のコアロス・パラメータを取得し、時間領域回路を定義して、電動パワートレイン設計のシステムレベルのモデリングとシミュレーションをサポートします。

スキュー・モデリングの新しいパラダイム - 2Dスキュー設計のROMと、トルク・プロファイル最適化のためのHPCスキュー・モデリング